アメリカ海軍

北朝鮮への密輸船を監視する7ヶ国連合設置へ…米海軍第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」に調整センター!

投稿日:

1: みつを ★
 《 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が米軍の発表を基に報じるところ、神奈川県の横須賀港を母港とする米海軍第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」に、密輸監視の調整センターが設置される。

 センターでは米同盟7カ国からの代表50人が活動する。オーストラリア、英、カナダ、ニュージーランド、フランス、韓国、日本が参加。監視のため軍艦と偵察機を提供する。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1280px-080530-N-6566M-071_USS_Blue_Ridge_with_Mt_Fuji
https://jp.sputniknews.com/politics/201809155341688/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537122967/
続きを読む

続きを読む

-アメリカ海軍

執筆者:


関連記事

タイコンデロガ級から空母まで…米フィラデルフィア退役軍艦メンテナンス基地に多くの米艦艇が保管!

 米国のフィラデルフィア退役軍艦メンテナンス基地には多くの米国海軍退役船が保管されています。ここに保管された船は博物館に転用や、同盟国に売却することもできます。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 

米強襲揚陸艦ワスプにF35BライトニングIIが着艦…初の運用展開が第31海兵遠征部隊(MEU)で開始!

1: きつねうどん ★ 《    F35BライトニングIIが3月5日、揚陸艦ワスプに着艦し、F35Bによる最初の運用展開が第31海兵遠征部隊(MEU)で始まりました。    定期的に太平洋を巡回するMEUの2018年の春のパトロールに先立ち、ワスプ水陸両用即応群を形成する佐世保の第11…

「目を開いて」米朝会談に臨む必要、「鼻血作戦」は存在せず…ハリー・ハリス米太平洋軍司令官!

1: みつを ★
 《 ハリー・ハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)は15日、実現する可能性のあるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との会談について、米国は過度に楽観的になることはできず、「目を大きく見開いて」会談に臨む必要があるとの考えを示し…

アメリカ海軍が兵士の日本駐留期間を4年に延長へ…北朝鮮への警戒活動などで訓練不足!

1: ばーど ★
 《 イージス艦などの重大事故が相次いでいるアメリカ海軍は、北朝鮮への警戒活動などに追われて日本に駐留する兵士の訓練が不足している事態を受けて、兵士の駐留期間を現状の3年から4年に延長し、訓練の充実を図る方針であることが明らかになりました。 …

西太平洋上で自衛隊と共同演習する米原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載機の発着艦訓練などを公開!

1: ◆ciadbU3kq9FF
 《 米軍は3日、日本列島南方の西太平洋上で自衛隊との共同統合演習「キーン・ソード(鋭い剣)」を実施している第7艦隊の原子力空母「ロナルド・レーガン」に報道陣を招き、操艦用艦橋や格納庫、艦載機の発着艦訓練などを公開した。 FA18戦闘攻…





まつ毛育毛剤通販