中国

中国が報復関税発動を宣言して米中対立が破滅的レベルにまで発展 絶対に勝てない勝負に打って出た

投稿日:

1:ばーど ★:2018/09/18(火) 22:45:28.55 ID:CAP_USER9

中国もアメリカへの報復措置発動へ

2018年9月18日 22時40分米中貿易摩擦

アメリカのトランプ政権が、中国からの2000億ドル規模の輸入品に関税を上乗せする、これまでで最大の制裁措置を今月24日から発動すると発表したのに対して、中国政府もさきほど同じ日に、アメリカからの600億ドル規模の輸入品に関税を課す報復措置を実施すると発表しました。

トランプ大統領は、中国が報復措置をとるなら、中国からのすべての輸入品に関税を上乗せする方針を示しており、米中の貿易をめぐる制裁の応酬は一段とエスカレートし、全面的な対立に発展しそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180918/k10011635151000.html?utm_int=all_contents_just-in_001



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

日本帰化した動機は…張景子氏「日本のパスポートはノービザで色んな国に行ける。中国のパスポートは不便。」

1: (^ェ^) ★ 2018/12/11(火) 07:29:28.89 ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/83595 日の丸子&君が代子。新垢@Yuu14Sunplas張景子の日本国籍取得の動機、動画37秒から「日本国籍取得したのは中国のパスポートだと不便。ビザをいちいち取らないといけ…

中国が開発中の超大型加速器、事故れば地球は滅びるレベル!

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU]
 《 「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた「CERN」(セルン:欧州原子核研究機構)が所有する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」。  その後継機として注目されているの…

『日本人と違って韓国人の嘘は最悪だ』と中国人が”韓国の卑劣さ”に苛立ち。中華の影響を認めようとしない

1:らむちゃん ★:2017/11/22(水) 18:20:45.56 ID:CAP_USER.net
サーチナ 2017年11月22日 12時12分 (2017年11月22日 18時15分 更新) https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171122/Searchina_20171122034.html  中国メディア・今日頭条は19日、「どうして漢字文化…

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像1
麻酔をかけられた犬たち。この直後、違法な声帯除去手術が行われる

 ペットブームが到来して久しい中国では、約2,700万匹の犬が一般家庭で飼育されている。種々の関連ビジネスも成長する中、路上でペットの犬に声帯除去手術を施す業者が現れた。

「光華新聞」(9月18日付)によると、四川省成都市の路上で、ペットとして飼われている犬の声帯の除去手術を格安料金で行う業者がいるという。

 記者が現場を訪れると、愛犬の声帯除去を求める飼い主たちが長蛇の列を作っていた。この業者は、犬に麻酔薬を注射してから30秒後、意識のなくなった犬の上顎と下顎を縄で上下にこじ開け、長細い手術用はさみを口内に挿入。次の瞬間、慣れた手つきで犬の声帯をいとも簡単に除去してしまった。路上は犬の口からあふれ出る血で赤く染まり、その異常な状況を見た付近の住民が地元警察に通報する騒ぎとなった。

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像2
縄で口を開かされた犬、まさに声帯の除去が行われている
路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像3
現場には大量の出血が

 警察の取り調べによると、なんとこの業者、獣医師免許すら持っていない闇医者であることが判明。以前ペットショップを経営しており、こうした犬の声帯除去手術に知識があったため、今回の路上での手術を思いついたのだという。手術代は1匹当たり50~100元(約800~1600円)ということだが、飼い主は愛犬に、いったいなぜこんな残虐な手術を受けさせるのか?

 行列に並んでいた女性は、「犬を飼ったはいいけど、鳴き声がうるさくて、もう我慢できなかったの。そのうち近所から苦情とか言われるんじゃないかと思ってたわ。格安で声帯除去ができるんだったら、犬を捨てるより全然マシでしょ!」と言い放ったという。

 中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏も、こう話す。

「中国の都市部は、集合住宅の割合が、ほぼ100%。ペットにまつわる近隣トラブルも増えている。特に多いのが、鳴き声に対する苦情。正規の獣医に声帯除去をしてもらうと、数万円かかるので、格安な違法業者が跋扈しているんです」 

ペットブームの裏で、人間の都合で危険な闇手術を施され、声を奪われる犬たちが不憫でならない。
(文=青山大樹)

中国の路上強盗が『人類初の新概念窃盗をやらかして』専門家も呆然。住民も窃盗とは気づかない珍事に

1:■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2018/02/03(土)06:51:48 ID:???
【2月2日 AFP】中国東部で、「路上強盗」という言葉に新たな意味を与える斬新な泥棒が登場した。地元メディアの報道によると、何と道路そのものが一晩で、800メートル分強奪され…





まつ毛育毛剤通販