TBS

【自民総裁選】青木理氏「異論反論少数者の考えを、ある種の強権で封じて聞こうとしない政権の体質」@TBSサンモニ(動画)

投稿日:

1: (^ェ^) ★ 2018/09/16(日) 21:12:40.23 ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/68128

スクリーンショット 2018-09-16 23.11.31

ちぢれ麺さんのツイート

青木理
「異論反論少数者の考えを強権で封じてしまって聞こうとしない政権の体質」

少数派が多数派に訴え議論をし、自分達側の数を増やす努力をする。その中で修正できたりすることもあり、最後は多数決。少数派が自分達の考えを丸々通してくれないから審議拒否とか、それこそ民主主義の否定でわがまま
人気ブログランキング

続きを読む

続きを読む

-TBS

執筆者:


関連記事

深夜に都落ちの“低視聴率女優”本田翼 1%台連発で本領発揮も、エロさ全開でファン歓喜!

深夜に都落ちの低視聴率女優本田翼 1%台連発で本領発揮も、エロさ全開でファン歓喜!の画像1
『わにとかげぎす』TBS

 本田翼といえば、ヒロインとして出演したフジの月9ドラマ『恋仲』(2015年7月期)が当時の同枠ワースト視聴率を記録するなど、その大根ぶりとともに、“低視聴率女優”のイメージがつきつつある。

 その本田が『恋仲』以来、2年ぶりに連ドラのヒロインとして返り咲いたのが、TBS系「テッペン!水ドラ!!」枠の『わにとかげぎす』(水曜午後11時56分~)だ。同ドラマは古谷実の同名漫画が原作で、くりぃむしちゅー・有田哲平が連ドラ初主演を務めている。

 これまでゴールデン・プライム帯の連ドラで活躍してきた本田が深夜帯の連ドラに出演している姿は、正直“都落ち”感が拭えず、一抹の寂しさを禁じ得ない。同ドラマの視聴率は初回こそ2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、第2話は1.7%、2日放送の第3話も1.8%と低迷。皮肉なことに、本田は深夜帯でも“低視聴率女優”としての本領を発揮してしまっている状況だ。

 ただ、この枠のドラマは、深夜帯ならではの独自の視点や企画で制作されており、必ずしも視聴率にこだわっていない。現に、1月期に放送された剛力彩芽主演『レンタルの恋』も、1%台を連発していた。つまり、同枠自体が数字を“持っていない”のだ。

 同ドラマで本田は、常にショートパンツ姿で登場し、ナマ脚を披露。たびたびハミパンも見せてくれ、シャワーシーンにもチャレンジするなど、エロさ全開。これには、本田のファンのみならず、男性視聴者をクギづけにしている。

 思えば、同枠で昨年4月期に放送された前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』では、前田が濃厚なラブシーンやランジェリー姿を披露するなどして話題を振りまいた。それに比べればかなり控え目ではあるが、本田の体当たり演技は出色だ。深夜だからこその気楽さが本田をそうさせているのなら、今後も期待は大。視聴率はともかく、この作品をきっかけに、女優として一皮むけてくれるといいのだが……。
(文=田中七男)

【TBS】膳場アナ「トランプが北の拘束米国人を出迎えたのは凄いパフォーマンス!」⇒ 金平茂紀「いかにもトランプ的!よほど報道して欲しかったんだろう…」

膳場氏「拘束されていた米国人を出迎えたのは深夜でしたよね(笑)。凄いパフォーマンスに見えた」金平氏「よほど報道して欲しかったんだろう。いかにもトランプ的」この人たちは、もし日本人拉致被害者が帰国して安倍総理が出迎えても「パフォーマンス」「アベ的」と笑…

【TBSサンモニ】姜尚中「拉致が見つかって30年間解決されなかった。安倍政権はそれを政治的資源として利用してきた」(動画)

1: 動物園φ ★ 2018/04/29(日) 09:10:37.83 ID:CAP_USERDAPPI@take_off_dress 15分前 姜尚中「安倍政権は政治的資源として拉致を利用してきた!」 こいつは何を言ってるのでしょうか? 拉致問題解決に全力で取り組んでるから米朝会談でトランプ大統領が拉致問題を取り…

【TBS】東大教授「民主主義は多数決と考えがちだが、少数意見をどう大切にするか?それが無くなると自由が無くなる…民主主義が脅かされる!」

【動画】

西崎文子「民主主義は多数決と考えがちだが、少数意見をどう大切にするか。それが無くなると自由が無くなる。民主主義が脅かされる」少数が多数から自分達へ引き込む努力をし、双方の意見を集約した上での多数決が民主主義のメリット。だから少数を優先しすぎ…

【TBS】金平茂紀「安田さんの強靭な精神力に敬服!自己責任論を掲げてバッシングする人々に呆れる…」

【動画】
「安田さんの強靭な精神力に敬服。自己責任論を掲げてバッシングする人々に呆れる」自己責任論を掲げ、政府をバッシングしながら無防備に現地に向かった安田さん。結果、テロリストは手に入れたお金を爆弾や銃器に変え、新たに多くの命を奪う。このことの重さ…





まつ毛育毛剤通販