第二次世界大戦

「日本の身代わり」で東欧2カ国(ブルガリアとルーマニア)がソ連に支配されていた!

投稿日:

1: SQNY ★
 《 第2次世界大戦の終了後、日本はなぜ事実上ほぼアメリカ1国の占領下に置かれたのだろうか。なぜドイツのように、アメリカとソ連をはじめとする連合国の分割占領とならなかったのだろうか。

 (略) あまり知られていないことだが、日本がアメリカによる「単独占領」に置かれた背景には、日本の「身代わり」として、ブルガリアとルーマニアの東欧2カ国がソ連に差し出されたという歴史的事実がある。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Romanian Revolution in pictures, 1989 (1)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00548213-shincho-int&p=1
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1536248527/
続きを読む

続きを読む

-第二次世界大戦

執筆者:


関連記事

およそ10万人が犠牲になった米B-29爆撃機による東京大空襲から73年…都庁で追悼式典!

1: 記憶たどり。 ★
 《 およそ10万人が犠牲となった東京大空襲から73年となる10日、犠牲者を追悼する式典が都庁で開かれました。  太平洋戦争末期の昭和20年3月10日未明、アメリカのB29爆撃機による空襲で東京の下町は壊滅的な被害を受け、およそ10万…

ソロモン海に沈んだ旧日本海軍の戦艦「比叡」を探索へ…「海でなくしたものは必ず見つけ出すべきだ」九工大教授!

1: コモドドラゴン ★
 《 九州工業大社会ロボット具現化センターの浦環(うらたまき)センター長(特別教授)らの調査チームが、先の大戦中に南太平洋ソロモン海に沈んだ旧日本海軍の戦艦「比叡」の探索に乗り出す。比叡は、海外で沈没した戦艦で唯一、位置が特定されて…

旧日本海軍が研究していた謎の兵器「A装置」、空中で砲弾を爆発させ米軍B-29にダメージ…島田市で講演会!

1: 泥ン ★
 《 太平洋戦争末期、旧日本海軍が電磁波兵器を研究するために島田市牛尾に建設した「第二海軍技術廠(しょう)牛尾実験所」。遺構は二〇一五年に姿を消したが、東京工業高専の河村豊教授(科学史)の調査で、空中で砲弾を爆発させる「A装置」と呼ばれる兵器…

繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗…ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない!

1: 泥ン ★
 《 (略) 戦術的には以下の原因が挙げられる。 (1)日本の産業基盤は総動員体制が未熟であった。 (2)帝国海軍は、兵站・情報・対潜作戦などの分野を軽視していた。 (3)補充要員の訓練計画が不十分だった。 (4)艦隊決戦重視の思考に拘泥してい…

山本五十六司令長官の遺髪が、海軍兵学校時代の親友だった堀悌吉中将の遺品から見つかる…肖像写真の裏から!

1: 記憶たどり。 ★
 《 旧日本海軍連合艦隊司令長官だった山本五十六(1884~1943)の遺髪が、海軍兵学校時代の親友だった旧海軍中将堀悌吉(1883~1959)=大分県杵築市出身=の遺品の中から見つかった。  これまでに山本の遺書とされる「述志(じゅっ…





まつ毛育毛剤通販