スマホ

iPhone日本上陸10周年。高性能だった日本製が負けた理由とは

投稿日:

iPhoneが日本で発売されて10年。絶大な人気でスマホ普及を先導した一方、敗れた国内メーカーは次々に撤退することとなった。一体なぜこのような状況になってしまったのだろうか。

友情
音楽を持ち運び、パソコンのようにインターネットに接続できる画期的な端末は大ヒット。「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯に代わり、スマホが広がるきっかけになった。ソフトバンクはアイフォーンを原動力に新規顧客の獲得に成功。KDDI(au)は11年、NTTドコモも13年に販売を開始した。アイフォーンの日本でのシェアは現在約5割で、世界でも有数の高さだ。

追い込まれたのは国内メーカー。NECやパナソニックはスマホの波に乗れず、市場から退出した。「日本製品は高性能だったが、デザイン性や使いやすさで水をあけられた」(通信大手関係者)。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180915/bsj1809150500002-n1.htm


続きを読む

続きを読む

-スマホ

執筆者:


関連記事

ベンツ、車の外からスマホで遠隔駐車する技術を公開

「メルセデス・ベンツ」は最高級セダンの新型を発表し、ドライバーが車の外からスマートフォンを操作して駐車する技術を公開した。
最高級のセダン「Sクラス」の新型発表の場に選ばれたのは、開通前の外環道です。 9日はメルセデスの全ての車種が集結しました。 「現在、…

米スマホ市場からの締め出しにファーウェイCEO、「セキュリティリスクの懸念は、根拠のない疑惑だ」

HuaweiのCEOであるリチャード・ユー氏は、アメリカでのキャリアや量販店の取り扱い停止について、「根拠のない疑惑だ」と述べている。
AT&T、Verizonという米キャリアに続いて、大手家電量販店Best BuyもHuawei製スマートフォンの取り扱いを見合わせることとなったのは、決…

サムスン、折りたたみ可能なスマホ「Galaxy X」をいよいよ投入か

Samsungは、折りたたみ可能なスマートフォン「Galaxy X」をいよいよ投入予定だという。
折りたたみ可能なスマートフォンこと「Galaxy X」については、2015年頃からSamsungが開発していることが噂され続けてきました。2017年4月には「プロトタイプがすでに存在し、2017年半ば…

20万円の新型iPhoneは売れるか?Appleの高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明

携帯大手3社が21日、米アップルのiPhoneの新型モデル「iPhone XS/XS Max」を売り出したが、最上位モデルは20万円近い。格安スマホがじわりとシェアを伸ばす日本市場で、アップルの高機能・高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明だ。
XS(記憶容量64ギガバイト)は、昨…

Galaxy Note8、前作の倍以上の予約数に。ミッドナイトブラックが人気

サムスン電子のスマートフォン新製品「ギャラクシーノート8」の予約注文が85万台にのぼったという。
同社は7-14日の韓国国内予約販売実績を集計し、15日に発表した。前作「ノート7」の予約販売(13日間で38万台)の倍を超える。「ノート8」は事前予約初日の…





まつ毛育毛剤通販