知る

え?どゆこと??影が描いた驚くべき15のイリュージョン

投稿日:

no title

 人や物が、光の進行をさえぎると、壁や地面に暗い領域が出来上がる。これが影だ。

 光の当たる場所なら、影はいつもくっついてくる。光と影は表裏一体なのだが、できあがった影の形はどうだろう?

 光の当たる角度によって影の形は歪んでいくので、時としてとんでもないイリュージョンを描き上げることがある。

 もしかしたらその影こそが真実を暴き出しているとか考えだしたらホラーが止まらなくなるので、面白くできちゃった影のいろいろを見ていこう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

南極で古代文明の遺跡を発見か?氷が解けたことで人工構造物の正体が明らかに

 南極の氷が溶けるにつれて、そこに隠されたミステリアスな真実が明らかになるかもしれない。

 NASAはアイス・ブリッジプロジェクトにより南極で、最新のリモートセンシング・システム「アトラス」を搭載した飛行機で氷床をレーダー撮影しながらその調査を行っている。上…

太陽の光に囲まれた頭蓋骨がモチーフ。メキシコ・テオティワカンのピラミッドから発見された「死のディスク」

image credit:public domain
 太陽の光に囲まれた恐ろし気な頭蓋骨──この奇妙な彫刻「死のディスク」は、メキシコの古代都市、テオティワカンにある太陽のピラミッドのすぐ下から発見された。

 テオティワカンは、メソアメリカで、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄したぶん…

「悪臭を放つつま先」の異名を持つ、臭い足と同じニオイがする果物「クールバリル」

 世の中には珍妙だったり奇妙だったりする果物がいろいろとあるわけだが、クールバリル(Hymenaea courbaril)の果実もそのひとつだ。

 だってニックネームが「悪臭を放つつま先(stinking toe)」なんだぜ、そして実際にそんなニオイがするんだぜ。

 誰が食べるんだよおい…

アダ・ブラックジャック。北極遠征隊に加わり極寒の島に置き去りにされ唯一生き残った奇跡の女性サバイバー物語

 1921年、当時23歳だった女性、アダ・ブラックジャック(エイダ・ブラックジャックとも)は、探検隊のメンバーの1人で、シベリアの北の孤島、ヴランゲリ島へ出帆した。

 小柄なイヌピアト族の女性であるアダは、とても北極圏を探検するタイプには見えない。だが彼女はど…

スマホそっくりの拳銃がアメリカで販売されている件

 まるでスマホみたいな銃が、アメリカで製造され、業者に販売されている。

 このスマホ拳銃「アイディール・コンシール」は、2連式の3.8口径で、使用時には折りたたまれているグリップを引き出して使う。専用のホルスターに入れれば、まさにスマホにしか見えない。





まつ毛育毛剤通販