知る

悪いことをした子どもには木製の板でお尻ペンペン。アメリカの学校がお尻叩きの罰を復活して話題に

投稿日:

america2_e

 日本では体罰やパワハラにまつわる事件が連日世間を騒がせているが、アメリカでは逆に叩いてみるのもいいんじゃない?って動きがあったりもするようだ。

 アメリカある、幼稚園から中学校まで一貫教育を行っている学校で、生徒が悪いことをした場合、長さ約61cmの木製パドル(カヌーなどの櫂、オール)でお尻叩きの刑に処すことを決めたらしい。

 事前に親に連絡して許可書にサインを求めたところ、約100人の親が返信を寄越し、そのうち3分の1がお尻叩きを許可したそうだ。

 学校でお尻を叩かれるとなれば恥ずかしすぎるし悪いことをしないようにしよう・・・と思春期のキッズたちは考えて抑止力になったりするのかな?

続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

我々は今、世界の終焉を生きているのか?専門家に聞いてみた

 地球史上6回目の大量絶滅に入っているとか、第三次世界大戦が勃発するとか、小惑星が衝突するとか、疫病だとか気候変動だとか宇宙人の侵略だとか、とにかく世界は終焉を迎えようとしているというストーリーにはことかかない。

 毎年、毎月のようにいくつもの終末の予言…

この支配からの卒業…13年前に動物園を脱走したフラミンゴ、約1,000キロ離れた場所で生き延びている姿が確認される(アメリカ)

 2005年、アメリカ・カンザス州ウィチタのセジウィック動物園からフラミンゴが脱走した。

 そしてそのうちの1匹が先月、テキサス州ラバカ湾の海岸で発見されたという。フラミンゴナンバー「492番」は13年間、アメリカの野生で生き延びていたのだ。

火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し肉眼で見えるレベルに。

 これから数週間にわたり、地球が火星と太陽の間を通過するために、地球と火星が大接近する。このため7月31日、火星は最大の明るさになる。

 肉眼でも簡単に火星が見えるため、赤い惑星のユニークな姿を観察する絶好のチャンスだ。すでに火星は大きくなっている。見ごろ…

適者生存ではなく怠け者生存?種の絶滅の謎を解くカギは?(米研究)

 現在の所「死」からは誰も逃れられない。この世に生を受けたものが決められた終着点、それが死だ。

 これは個だけでなく、種にとってもそうだ。推定によれば、これまで登場した種の99.99パーセントがすでに絶滅したという。人間も含め、今日生きている種もまたいずれは…

死者との接触、超常体験、都市伝説など。子供が絡んだ7つの怖い話(後編)

 誰もがいくつかの怖い話を知っているだろう。先人から語り継がれた怖い話は、少しずつその姿を変えながら今日まで語り継がれていく。

 その地域や時代に適応しながら生き続ける「怖い話」はまさにある種の生命体のようで、インターネットの時代となり、怖い話の伝搬速度…





まつ毛育毛剤通販