日本

外国人の医療費不正を調査するなとNPOがヘイトを口実に中止要求 調査を行うこと自体が問題だ

投稿日:

1:ばーど ★:2018/09/12(水) 13:57:40.59 ID:CAP_USER9

外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長すると中止を求める声も出ている。

 「調査すること自体、外国人の不正が多発しているような印象を与える」。外国人を支援するNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(東京)の鳥井一平代表理事は批判。「在留外国人が受診を控えることになれば、住民誰もが安心して医療を受けられる国保の趣旨にも反する」

 調査制度は、外国人による公的医療保険の不正利用で保険制度が損害を受ける恐れがあるとの医療関係者の指摘を受け始まった。対象となる在留資格偽装は問題と指摘された利用形態の一つ。調査では国保加入間もない外国人が高額医療を申し込む時、国保を運営する市区町村は、その外国人が在留資格通りの活動をしているか実態を確認する。疑わしければ入管が調査、不正と分かれば在留資格を取り消す。

 厚労省は、在留資格が「留学」なのに通学していないなどを不正の例に挙げる。法務省のまとめでは7月10日時点で5人が入管調査の対象となり、2人は不正と認められず、残る3人は調査中。

 この制度に先立ち厚労省は昨年3月、高額治療を受けた外国人のレセプト(診療報酬明細書)を調査。2015年11月~16年10月の1年間、国保加入から半年以内にC型肝炎治療薬の処方など一定の高額医療を受けた外国人は19人で「不正の可能性が残る」とされたのは2人だった。外国人の国保加入者の総数は約95万人(16年4月)。

 厚労省担当者は調査の理由について「感情的な外国人非難でなく冷静な議論のため、実態把握は必要」と説明している。

9月12日10:48
佐賀新聞
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/273853

関連スレ
外国人の不正医療調査 公的保険で負担逃れ(2018年7月16日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071602000114.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/images/PK2018071602100046_size0.jpg



続きを読む

続きを読む

-日本

執筆者:


関連記事

池上彰の盗用問題に有名人が続々と実情を暴露し始める ネット上でも運動が広がりを見せた

1:おでん ★:2018/09/16(日) 12:52:27.63 ID:CAP_USER9
ジャーナリストの池上彰氏に浮上した「意見パクリ疑惑」が「いけがmetoo」運動として、広がりを見せている。 発端となったのは、フジテレビ系で放送された『池上彰スペシャル』で、政権批判をした「一般人の小中学生…

野党敗北に絶叫した田原総一郎に『スタジオが静まり返る』悲惨な光景が爆誕。ゲストは完全にドン引き

1:(^ェ^) ★:2017/10/23(月) 17:12:52.43 ID:CAP_USER9.net
http://netgeek.biz/archives/105127 自民党が圧勝した現実を受け入れることができない田原総一郎が番組進行中に発狂してしまうハプニングがあった。よりによって進行役の司会なのに、自分の感情を優先し…

山尾志桜里が『謎の嫌がらせ攻撃を喰らって』激怒している模様。警察沙汰になる寸前の情勢に

1:名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:NG NG BE:844761558-PLT(13051).net
不倫疑惑が報じられ、民進党を離党して無所属で愛知7区から立候補した山尾志桜里氏(43)の選挙区内の一般家庭に20日深夜から21日未明にかけ、「山尾事務所」を名乗る不審電話…

寝耳に水の掲載禁止要求に日本体操協会が激しく狼狽えている 塚原夫妻が無断で週刊文春を訴える

1:名無しさん@涙目です。(庭) [NL]:2018/09/05(水) 21:07:42.45 ID:EyRKCJVV0 BE:887141976-PLT(16001)
体操のパワハラ問題を巡り日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と同協会副会長の塚原光男が、宮川紗江選手にパワハラな言動があったとして週刊文春が取材を行った…

韓国の吐いた嘘の数々が『ギャグにしか見えないレベル』で酷いと話題に。騙され続けた日本に呆れの声が

1:荒波φ ★ :2018/04/04(水) 10:11:14.42 ID:CAP_USER
日本と韓国の戦後補償問題は、解決したと思うと蒸し返される、の繰り返しだ。どのような経緯をたどってきたのか、振り返ってみよう。 【解決】1965年6月 日韓請求権協定 椎名悦三郎外相と李東元外相によって調印…





まつ毛育毛剤通販