知る

最も勢いのある精子を5分で捕えることができるデバイスが開発される。体外受精の成功率向上を期待(米研究)

投稿日:

iStock-483954135_e

 億単位の参加者が一斉にスタート。ライバルを蹴落とし、その中から、最もスピードが速く勢いのある精子のみが卵子と受精することができる。

 自然な状態で妊娠できない場合、今や体外受精という選択肢がある。世界では年間1万人以上の赤ちゃんが体外受精を通じて誕生している。

 体外受精の場合、一番効率の良い方法は、最強の精子を使うことだ。

 アメリカ・コーネル大学の研究チームによって、そんな最強の精子を捕まえるトラップが考案された。

 これは繰り返し行わねばならない体外受精プロセスの負担を軽くし、そこにかかる費用も大きく削減する可能性を秘めている。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

神と崇められた10の動物

 宗教では必ずしも神の姿は人間に限定していない。神は木や岩、稲妻、果ては動物の姿を選ぶこともある。つまり、顕現(けんげん)は神が具体的にどのような姿形をとるかということにすぎない。

 神や女神と結びつけられ、神聖視される動物がいる。信者によって崇められ、…

なぜ左利きは少数派なのか?そこには進化的な深い理由があった(米研究)

 利き手と呼ばれるものがる。ごはんを食べる時、文字を書く時、物を拾う時など、反射的に動作する手のことで、右利きと左利きがある。

 その割合は世界的に見ると右利きが圧倒的に多く、左利きは10%と言われている。考古学的研究によると、その割合は50万年間ずっと変わ…

人類史にみるバタフライ効果。歴史を大きく変えた16の小さなこと

 非常に些細な小さなことが、様々な要因を引き起こしながら徐々に大きな現象へと変化する。

 これは「バタフライ効果」と呼ばれているものだが、人類の歴史においても、小さな出来事が、大きな現象の引き金に繋がったケースがあるようだ。

 真偽のほどは定かでないし、…

体も気持ちもリセットされる。2018年、訪れてみるべき世界10の場所とその理由

 世界中を旅しているという海外旅行のプロによる、2018年に訪れるべき10の場所がまとめられていた。新設される施設などもチェックされており、様々な視点からなぜおすすめなのかを教えてくれている。

 日本を離れ、世界の異文化や見たこともない自然の風景を肌で実感する…

土葬・火葬以外の選択肢「水葬」が認められる(米カリフォルニア州)

 日本の場合だと葬送の手段として現在は火葬が一般的だ。アメリカの場合、土葬が一般的だったが都心部を中心に火葬を望む人の割合が増えているという。

 いずれにせよ土葬か火葬だ。だが、カリフォルニア州の住民はそれ以外の選択肢も選べるようになるという。それは「水…





まつ毛育毛剤通販