知る

他人にどう思われようと気にしない人ほどSNSで政治を語りたがる(スウェーデン研究)

投稿日:

iStock-817486370_e

 ネット上での政治的な議論は、ときに喧嘩腰のものとなる。お互いに自分の主義主張を曲げることはなく、反対意見を聞けば聞くほどその溝は深まっていく。

 コメント欄やSNSのスレッドを眺めてみれば、かなり強い物言いが散見されることだろう。どうやら、それは単に議論の性質のせいであるばかりではなく、そうした議論に参加する人たちの性格にも関係しているようだ。

 スウェーデン、ヨーテボリ大学の研究者によると、人にどう思われようが気にしないタイプの人の方が、SNSで政治についての意見を投稿することが多いのだそうだ。

 ネット上の政治に関する意見交換がしばしば辛辣なものになるのは、そうした性格の人が多いからなのかもしれない。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

カラスは情が深かった。争った後、仲直りの為に謝罪もするしスキンシップを行うという研究報告(ドイツ研究)

 カラスの”カ”はかしこいの”カ”であることは、カラパイアを見ている読者にはご存じのことだろう。

 その鳴き声やゴミを荒らすところから忌み嫌われているところがあるカラスだが、高い社会性を持ち、人情味(鳥情味)にあふれ、やさしいところもあるという研究結果が…

女性の脳は男性よりも血流が多く活発であることが判明(米研究)

 脳障害には男女差があることは昔からしられていたことだが、それ以外にもまた別の性差が発見された。

 特定の領域を流れる血液の量の観点から見ると、女性の脳は男性よりも活発であるらしいのだ。これは女性が男性よりも賢いということではない。だが、アルツハイマー病…

アメリカの猟奇的連続殺人犯、アルバート・フィッシュの中に潜むモンスターが爆発するまで

 アメリカ犯罪史の中で、史上最悪レベルと言われているシリアルキラー、アルバート・フィッシュは、1910年から1934年までに400人を殺したと自供している。

 肉を食べる目的で殺害したり、犯行が満月の日に行われたことが多かったことから「ブルックリンの吸血鬼」「満月…

感電した飼い主を必死に助けようとした犬だったが…深い愛情で結ばれていたからこそ悲しい結末に。勇敢な犬の物語(インド)

 動物が人間を助ける話はよくある。飼い主やその家族が襲われた時に敵を追い払う、または事故や病気などで動けなくなった場合に助けを呼んでくるなど、特に犬は命がけで飼い主を助けようとする。

 そういった話は聞くだけで心がほんわかするし、犬が飼い主を救うために奮…

くまのプーさん初の実写映画「プーと大人になった僕」がアメリカでついに公開。ストレスを抱えた現代人に癒し効果

image credit:YouTube
 ディズニーの人気キャラクター・くまのプーさんの初めての実写映画ということで話題を呼んでいる「プーと大人になった僕(原題:Christopher Robin)」。

 日本では9月14日より公開予定となっており(関連記事)、ユアン・マクレガー演じる主人公クリス…





まつ毛育毛剤通販