知る

なななんと!鏡に映った姿が自分のものだとわかる「鏡像認知」ができる魚がいた!?(国際研究)

投稿日:

iStock-472041584_e

 鏡に映った自分の姿が鏡に映った姿が自分のものだと認識することを鏡像認知と呼ぶ。ヒトの幼児から霊長類を対象に行われていたが、現在は様々な種を対象にした研究がなされている。

 鏡像認知ができるかどうかを確かめる為にミラーテスト(鏡像自己認知テスト)が行われるが、2016年の時点で、ミラーテストで成功した動物は極一部の種のみだ。

 2016年の時点でミラーテストに合格したのは、人間を含めた大型類人猿、アジアゾウ、イルカ、シャチ、カササギ、ハト(訓練した場合)だ。

 ところが、最新の研究によると、ホンソメワケベラという小さな熱帯魚がこのテストに合格したというのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

もし地球の自転が止まったら?逆回転したらどうなっちゃうの?【夏休み科学電話相談めいたトリビア】

 折角の夏休みだし、夏休み科学電話相談めいた話題を取り扱ってみよう。

 どんなに意識してもわからないかもしれないが、とりあえず地球は回転している。回転方向は東向きで、地軸の北方向を正とすると右手回りとなる。

 実は時速1600キロメートルと、とんでもない速さ…

今年のテーマは「I, Robot.」バーニングマン2018の見どころシーン

 毎年アメリカで開催される大規模イベント、バーニングマン。2018年は、ネバダのブラックロック砂漠で2018年8月26日~9月3日に開催された。

 バーニングマンはよくあるフェスとは一線を画している。参加者は、テーマに基づいた大都市を共同で作り上げ、「ブラックロック…

ヒトとチンパンジーのハイブリッド「ヒューマンジー」を作る技術はすでにある(米研究者)

 ワシントン大学の心理学の著名な名誉教授が、チンパンジーと人間の混血である”ヒューマンジー”を作る技術がすでにあると主張している。

 彼によると、将来、半人半チンパンジーの子供が生まれてきてもおかしくないそうだ。

障碍を乗り越えて。ブリーダーに持てあまされた3つ子の子犬たち、お互いに支えあい弱点をフォロー(アメリカ)

 ボウ、デイジー、ルークはチウィーニー(チワワとダックスフントのミックス)の三つ子である。この三つ子はまっすぐに歩くことができず、ブリーダーに持てあまされ、生後6週間でノースカロライナ州の公立シェルターに引き取られることになった。

 シェルターで受けた検査…

ネズミのかわいさを分かってほしくて。ペットのネズミを超絶メルヘンかわいく撮影してみた。

 カナダ、モントリオール在住のフランス人フォトグラファー、ダイアン・オツダマーは、自然風景や人物、静物など様々な美しい写真を撮影しているが、ネガティブなイメージをもった昆虫や動物などのイメージを覆すような写真の撮影にも取り組んでいる。

 野生のネズミは疫…





まつ毛育毛剤通販