第二次世界大戦

NHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」見た感想は?

投稿日:

Name 名無し 18/08/14(火)21:16:09

 ノモンハン 責任なき戦い

 79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。

1534248999690
続きを読む

続きを読む

-第二次世界大戦

執筆者:


関連記事

旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」が約70年ぶりに帰国…航空機部品収集家が豪コレクターから!

1: 泥ン ★
 《 第2次世界大戦時の旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕(ひえん)」がこのほど、所有していたオーストラリア人コレクターの元から日本に帰って来た。 取り持ったのは、戦時中の航空機部品などを30年来集めている愛媛県今治市の清水浩介さん(43)。「どう…

「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦「U-3523」が海底で見つかる…デンマーク!

1: スージハルワ ★
 《 第二次世界大戦末期におけるドイツ劣勢のなか、ナチス崩壊とともにベルリンの総統官邸の地下壕で妻と自殺したとされる独裁者アドルフ・ヒトラー。だが一方で、極秘に南米に逃げ延びたという説も長年囁かれ、戦後ミステリーの1つとして知られている…

「軍艦よりも飛行機だ」早期退職したエンジニア(70)が旧陸軍の四式戦闘機「疾風」を復元中!

1: 泥ン ★
 《 群馬県南東部に位置し、北関東随一の工業都市である太田市。このまちは、飛躍的な発展を遂げた自動車大手、SUBARU(スバル)の本拠地だ。同社のルーツは中島飛行機。元海軍機関将校の中島知久平(明治17年~昭和24年)が「飛行機報国」を念じて…

繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗…ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない!

1: 泥ン ★
 《 (略) 戦術的には以下の原因が挙げられる。 (1)日本の産業基盤は総動員体制が未熟であった。 (2)帝国海軍は、兵站・情報・対潜作戦などの分野を軽視していた。 (3)補充要員の訓練計画が不十分だった。 (4)艦隊決戦重視の思考に拘泥してい…

連合軍のノルマンディー上陸作戦から74年…第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つ!

  74年前の6月6日に、連合軍はフランスのノルマンディー海岸に上陸しました。第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つです。https://www.facebook.com/USarmy/引用元:https://www.facebook.com/USarmy/ 





まつ毛育毛剤通販