第二次世界大戦

世界最大の戦艦「大和」元乗組員が見た当時の南京の町…「虐殺は絶対にない」!

投稿日:

1: きつねうどん ★
 《 日本軍が誇った“世界最大の戦艦”大和は戦後、無謀な特攻との批判を受け、無用の長物とまで揶揄された。このままその歴史観が定着することは耐えられない──声を上げたのは、他ならぬ大和の元乗組員、現在104歳である。
 (略) 11月下旬には陸軍は南京を完全攻略し、1週間もしたら南京の町は平和になった。私らが南京に入ったら、中国人の子供たちが日章旗を振って歓迎してくれましたよ。激戦の跡も虐殺の跡もない。南京で虐殺があったと言われていますが、ないない。絶対にない。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

23_japanese_navy
https://www.news-postseven.com/archives/20180809_735145.html
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1533806954/
続きを読む

続きを読む

-第二次世界大戦

執筆者:


関連記事

「アウシュビッツの簿記係」96歳の元ナチス親衛隊員に禁錮4年の収監命令…健康上の問題はない!

1: すらいむ ★
 《 ドイツの裁判所は29日、元ナチス・ドイツの親衛隊隊員で禁錮4年の判決を受けていたオスカー・グレーニング被告(96)に対し、健康上の問題はないとして刑務所への収監命令を下した。 「アウシュビッツの簿記係」の異名で知られるグレーニング被告は、…

旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」が約70年ぶりに帰国…航空機部品収集家が豪コレクターから!

1: 泥ン ★
 《 第2次世界大戦時の旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕(ひえん)」がこのほど、所有していたオーストラリア人コレクターの元から日本に帰って来た。 取り持ったのは、戦時中の航空機部品などを30年来集めている愛媛県今治市の清水浩介さん(43)。「どう…

日米開戦前日の夜、東条英機首相が「すでに勝った」…対面した政府高官のメモ見つかる!

1: ばーど ★
 《 日米開戦前日の1941年12月7日夜、東条英機首相が政府高官に開戦について語った内容が、メモとして残っていることがわかった。 東条はこの日昼、開戦当日の予定を昭和天皇に説明したことにも言及。戦争に反対していた天皇が開戦を決意し、軍が一…

スリガオ海峡で撃沈された旧日本海軍の戦艦山城を発見…ポール・アレン氏率いる沈没船探査チーム!

1: ばーど ★
 《 米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏(64)が率いる沈没船探査チームは26日夜、ミンダナオ地方スリガオ沖で米軍に撃沈された旧日本海軍の戦艦山城を発見したと発表した。  同チームは来月にかけてスリガオ海峡とボホール沖で山城など日本…

終戦の1週間後に旧ソビエト軍が行った「日本最後の空襲」の記録が見つかる!

1: みつを ★
 《 かつての樺太、今のロシア極東のサハリンで、終戦の1週間後に旧ソビエト軍が行った空襲の様子や被害状況などについて、旧日本軍の大本営が記録した文書が初めて見つかりました。  「日本最後の空襲」と言われる空襲の実態解明につながる貴重な史料と…





まつ毛育毛剤通販