知る

世界の海で野生の状態が保たれているのはわずか13パーセント(オーストラリア研究)

投稿日:

beautiful-1790701_640_e

 世界中の海のありとあらゆる場所に到達するなど途方もないことだ。

 だが最新の研究によると、人類はそこに近づきつつあるという。だがそれはそう嬉しいニュースではない。

 最近の研究論文によれば、地球の海のわずか13パーセントはまだ確かに野生だと考えられている。つまり人間活動から影響を受けていないということだ。

続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

トランクス?ブリーフ?結局どっちが体にいいの?男性の下着問題に関する科学的研究(米研究)

 オムツがとれてしばらくは、母親に与えられた下着を当たり前のように身に着けていたものの、しばらくすると、ボクサー派、ブリーフ派、あるいはビキニ派などへと枝分かれしていく。

 どうやってその最終形態にたどり着いたのだろう?

 自ら選択した場合もあれば、その…

うつ病や不安神経症と高い知能に関連性があることが示唆される(米研究)

 高い知能は心理学的・生理学的な過度激動(overexcitability)のリスク因子であり、過度激動の影響として高い知能指数と不安神経症・うつ病とに相関があることが発見された。

 これはアメリカ、ピッツァー大学の神経科学者、ルース・カルピンスキー率いる研究チームがME…

犬や猫は動物園でしか見られなくなる。西暦4000年からやってきたと主張するタイムトラベラーが語る未来

 西暦4000年の未来からやってきたタイムトラベラーだと主張する、自称132歳の男性の動画がYouTubeに登場した。

 彼によると、未来の世界では家畜の多くは絶滅し、貨幣というものも存在せず、皆、テレパシーでコミュニケートするのだという。

 さらにペットの犬や猫はい…

カタコンブ、エベレスト、納骨堂など、無数の死が存在する世界10の場所

 「メメント・モリ」は”自分がいつか必ず死ぬということを忘れるな” というラテン語の警句である。

 生きる者たちはできるだけ死から目を逸らそうとするが、死はいたるところにある。そしてそれは誰もが決して逃れることのできない宿命なのである。

 ここでは死が記…

どことなくディストピア感が漂う、半分海に沈んだ水中レストラン「Under」(ノルウェー)

 ノルウェーの南端、リンネスネス岬にあるボリーという村で、とあるレストランが開業予定だ。だが、完成予想図を見る限り、とてもレストランの建物には見えないだろう。

 レストランの建物は半ば海に沈み、継ぎ目のない巨大なブロック状の入口部分が、水面から海岸の岩場…




まつ毛育毛剤通販