科学

宇宙誕生の謎に迫る巨大実験施設「国際リニアコライダー」誘致論議始まる…建設費は7000億円の予定!

投稿日:

1: ガーディス ★
 《 「国際リニアコライダー」は、光とほぼ同じ速さに加速した素粒子を衝突させることで、宇宙が誕生した直後の状態を再現する巨大な実験施設です。東北の北上山地が候補地となっている一方、建設費は本体と測定器で少なくとも7000億円を超えると見られ、政府は誘致するかどうかを決めていません。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ilc-2_0904A2034901420592
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180810/k10011572321000.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533974731/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

SF映画で見る、生き物のようなソフトマシン開発の重要な手がかりに…アメーバのように変化する物質の合成に成功!

1: しじみ ★
 《 東京大学大学院工学系研究科の吉田亮教授と小野田実真大学院生らの研究グループは、流動性を大きく振動させながらひとりでに液体(ゾル)になったり擬固体(ゲル)になったりする、アメーバのような液体の創製に世界で初めて成功しました。  将来的には…

米MITが魚ロボット「Sofi」を開発、海洋生物の秘密解明に期待!

1: みつを ★
 《 「Sofi」は他の魚とは似ても似つかないが、魚はそれに気づく様子もない――。米マサチューセッツ工科大のコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)がこのほど、そんな魚ロボットを開発した。  Sofiは青白く大型で、尾を左右に動かす…

アルミと他の金属を接合する新技術「鍛接法」を開発…用途を大きく広げる可能性!

1: ばーど ★
 《 県工業技術センター(高岡市二上町)は、アルミと他の金属を接合する新たな技術を開発した。二つの金属をプレスし、接する面を強力に結合させる「鍛接法」と呼ばれる手法で、従来より短時間で仕上げることができる。 軽量化が求められている自動車の材…

脳に磁気刺激を与えると学習能力が40%もアップすると米国防総省が発表…5年以内に実用化へ!

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [KR]
 《 学習能力が40%もアップする電磁刺激系ヘッドバンド「TMS」爆誕! 米国防総省発表、5年以内に実用化へ(DARPA)  年齢とともに記憶力、理解力が低下するのは、致たし方ないこととはいえ。だが、海外メディア「DailyMail」…

トヨタが第3世代のヒューマノイドロボット「T-HR3」を発表…分身のように遠隔操作が可能!

1: ばーど ★
 《 トヨタ自動車株式会社は、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を公表した。トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR…




まつ毛育毛剤通販