知る

野生のキツネを犬のような従順なペットにするための交配実験から明らかとなった家畜化遺伝子(ロシア研究)

投稿日:

0_e4

 ロシアでは、旧ソ連時代から、従順な個体を作り出すため、野生のキツネの繁殖実験が行われていたことは前に話した通りだ。(関連記事

 攻撃性の低いキツネ同士を繁殖させていった結果、獰猛な性質から、従順で人懐こい友人タイプに変化していったという。

 今回、この実験を元に行われた研究で、野生動物の攻撃性を抑え、従順に変化させる鍵が明らかとなった。それは特定の遺伝子にあった。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

科学的に認められたハゲを治療するのに効果的な方法

 さてまた毛の話をしようか。
 
 東に特効薬があると聞けば、行ってすぐそれを試し
 西に発毛効果の高い食材があると聞けば、行ってそれを食べ
 南に発毛ツボ押し師がいると聞けば、行ってその施術を受け
 北に再生医療の最先端技術があると聞けば、行って注射を打っ…

なぜ人は心配ばかりしているのか? 脳は意識を向ける問題を探すようにできている(米研究)

 前向きになりたい。くよくよ悩んでばかりでもしかたない。じっくり問題と向き合った後は、それを解決するためにがんばろう。

 そう割り切っているつもりが、しつこくその悩みが付きまとう。
 振り払っても振り払っても心配事が消えない。なんでだろう?

 どうやらそ…

世界最強の特殊部隊ベスト10

 テロリストの攻撃から国民を守るには、高度に訓練され、国に命を捧げる覚悟のある精鋭中の精鋭がいなければならない。

 それは架空の世界の『ジャスティス・リーグ』や『アベンジャーズ』のことではない。脅威に対抗する力を備えた特殊部隊のことだ。

 高まるテロの脅…

猫の催眠術師。第二次世界大戦末期のアメリカで人間に催眠術をかける猫が存在した。

 世はまさに第二次世界大戦の真っただ中にある1940年代、アメリカには猫の催眠術師が存在したという。

 その猫の名はパフィという。全米猫協会の名誉会長の肩書を持ち、公式には"猫キング"と呼ばれていた。

 クリーム色のこのペルシャ猫は、その驚くべき超能力を駆使し…

ネガティブな感情を否定しようとするとさらにネガティブになり悪循環の罠に陥る(米研究)

 無理に明るくなろうとするプレッシャーは、余計に気持ちを暗くする。反対に暗い気持ちをきちんと受け入れることができれば、長い目で見れば気分は明るく晴れるという。

 米カリフォルニア大学バークレー校の心理学者アイリス・モース(Iris Mauss)博士が発見したのは、…





まつ毛育毛剤通販