米空軍

米空軍にC-5M「スーパーギャラクシー」が全機(52機)納入完了…2040年代まで現役続行可能に!

投稿日:

1: きつねうどん ★
 《 ロッキード・マーティンは52機目にして最終号機となるC-5Mスーパーギャラクシーを2018年8月2日付でアメリカ空軍に納入したと発表しました。これにより、C-5のエンジン換装・近代化プログラム(RERP)は一応の終結となり、C-5は2040年代まで現役にとどまれる能力を獲得しました。

 C-5Mは、2001年から始まったC-5のエンジン換装・近代化プログラム(RERP)によって開発されたものです。エンジンを旧来のGE・TF39(民生用CF6の原型機)から、改良版となるGEのF138ターボファンエンジン(民生用の型番はCF6-80C2L1F)に換装して出力向上を図り、最大離陸重量(積載貨物量)の増大と、燃費の向上を実現しました。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

090209-F-4800M-062
http://otakei.otakuma.net/archives/2018080901.html
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1533809500/
続きを読む

続きを読む

-米空軍

執筆者:


関連記事

ベトナム戦争で運用されたAC-119Kガンシップ、ホーチミンルートでは「トラックハンター」として活躍!

 アメリカ空軍と南ベトナム空軍で運用されたAC-119Kガンシップ、ホーチミンルートでは「トラックハンター」として活躍。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 

米空軍基地から発射されたICBM「ミニットマン3」で異常発生、実験を打ち切り太平洋上で自爆!

1: みつを ★
 《 米空軍は7月31日、弾頭非搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3(Minuteman III )」の発射実験で「異常」が生じたため、実験を打ち切って自爆させたと発表した。  ミニットマン3はカリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から発射され…

ハリケーン被害にあったF-22ステルス戦闘機にたまったガレキを掃除…再び空を飛ぶ準備をしています!

 ハリケーンの被害にあった米空軍ティンダル基地で、復旧作業が進んでいます。兵士たちはF-22ステルス戦闘機にたまったガレキを掃除して再び空を飛ぶ準備をしています。https://www.facebook.com/USairforce/引用元:https://www.facebook.com/USairforce/ 

米戦略軍が核戦力演習「グローバル・サンダー」を開始へ…様々な場所で部隊がリアルタイムで参加!

1: 名無しさん@涙目です。
 《 米国は、戦略核戦力の演習「グローバル・サンダー」を開始する。米戦略軍のブライアン・マグワイア報道官が、通信社スプートニクに伝えた。マグワイア氏によると、米国は2国間協定に従い同演習について事前にロシアに知らせたという。  …

F-35戦闘機を砂嵐が襲う…米ルーク空軍基地!

  アリゾナ州にある米国空軍のルーク基地を砂嵐が襲いました。同基地にはF-16戦闘機とF-35戦闘機が配備されていおり、F-35戦闘機を砂から避難するため、地上クルーは大急ぎで作業しています。https://www.facebook.com/USairforce/引用元:https://twitter.com/LukeAFB/sta…





まつ毛育毛剤通販