米空軍

米空軍にC-5M「スーパーギャラクシー」が全機(52機)納入完了…2040年代まで現役続行可能に!

投稿日:

1: きつねうどん ★
 《 ロッキード・マーティンは52機目にして最終号機となるC-5Mスーパーギャラクシーを2018年8月2日付でアメリカ空軍に納入したと発表しました。これにより、C-5のエンジン換装・近代化プログラム(RERP)は一応の終結となり、C-5は2040年代まで現役にとどまれる能力を獲得しました。

 C-5Mは、2001年から始まったC-5のエンジン換装・近代化プログラム(RERP)によって開発されたものです。エンジンを旧来のGE・TF39(民生用CF6の原型機)から、改良版となるGEのF138ターボファンエンジン(民生用の型番はCF6-80C2L1F)に換装して出力向上を図り、最大離陸重量(積載貨物量)の増大と、燃費の向上を実現しました。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

090209-F-4800M-062
http://otakei.otakuma.net/archives/2018080901.html
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1533809500/
続きを読む

続きを読む

-米空軍

執筆者:


関連記事

米空軍の次期練習機選定(T-X)はボーイング・サーブが勝利!

Name 名無し 18/09/28(金)07:27:58米空軍次期練習機選定はボーイング・サーブが勝利http://www.2chan.net/引用元:http://cgi.2chan.net/f/res/1255438.htm

F−35戦闘機が搭載するF135型エンジンの性能向上、さらに開く米中の差…中国メディア!

Name 名無し 18/03/10(土)13:10:11 《 中国メディアの新浪網は8日、米国の航空機用エンジン製造会社であるプラット・アンド・ホイットニー(以下、PW社)が、F−35戦闘機が搭載するF135型エンジンを改良し、推力20.4トンを達成したと紹介。中国の戦闘機が使用しているエン…

B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様!!!

1: 一体何が始まるんですか@ガーディス ★
@Nburrows1990さんのツイート: 何が始まるんです?B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様http://twitter.com/Nburrows1990/status/987108812598497280 引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524206087…

米空軍、核兵器が搭載可能なB-52戦略爆撃機6機を欧州へ派遣…ロシアのクリミア併合を牽制!

1: 名無しさん@おーぷん
 《 米空軍は23日までに、核兵器が搭載可能な戦略爆撃機「B52」の6機を欧州へ派遣したと発表した。 地域の同盟国や北大西洋条約機構(NATO)加盟国との飛行訓練などが目的。ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の軍事的な併合後、…

米空軍がゴルフカートを改造したF-22戦闘機ラプターを制作…パレードやイベントなどで使用!

 米空軍の第305整備大隊がゴルフカートを改造したF-22戦闘機ラプターを制作しました。この機体はパレードやイベントなどで使用を検討しています。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/





まつ毛育毛剤通販