知る

ち~っす!除草会社から派遣されてきました。100匹近くのヤギ集団、突如住宅街に現れ黙々と草を食す(アメリカ)

投稿日:

goats

 世の中には働き者がいる。休む間もなくフル回転で動き回り、目の前にある仕事を次から次へと片付けていくのだ。

 まして、それが自分の好きな仕事だったりしたら、むしろ作業をやめる方が苦痛となるだろう。ノンストップ止まれないのだ。

 そんなわけで。

 「ち~っす。除草会社の者っす!」と言ったか言わないかはわからないままに、ヤギの集団100匹近くが住宅街にやって来たのである。

 だが問題なのは、その地域では誰もヤギによる除草サービスを頼んでいなかったのである。いったいなぜ?ヤギ的ボランティア?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

何にでもベーコン、何にでもチーズ?外国人が疑問に感じる、アメリカ人の食文化・食習慣に関する13のQ&A

 外国の食べものの話となると、自国にはない変わった食材や調理法、味つけなどの話がメインになる。その国に根付いた食文化を知ることは、国民性をすこしだけ理解できる部分もある。

 同じ食べ物でも呼び方が違ったり、食べ方が違ったりするもんだから、食ってやっぱり奥…

年の差55歳婚だと!? 16歳の少年と71歳の女性が熱烈に愛し合ってゴールイン(インドネシア)

 インドネシアの南スマトラ州西部にあるカランジェンダ(Karangendah)という村に、超絶年の差婚カップルが誕生した。

 二人は熱烈に愛し合ってこのたびめでたく結婚したようなのだが、新郎のスラマ・リアヤディ(Selamat Riayadi)くんは16歳、新婦のロハヤ(Rohaya)さんは71…

そら人魚伝説できるわ。数々の船員たちが人魚と見間違ったシロイルカ。その理由はわき腹の肉にあった。

 定期的にSNSや掲示板で話題となっている一枚の画像がある。

 遠くからみたら人魚と見間違ってしまうほどのマーメイドシェイプ。昔から数々の人魚伝説があったわけだが、そのうちのいくつかはこの生き物によるものかもしれない。

 シロイルカ(ベルーガ)は、その名の…

お菓子の家越え。全部チョコレートでできたチョコレートの家。泊まれるし食べられる!(フランス)

 
 「週末どこに行こうかな。」、「ちょっと甘いひと時を過ごしたい」、そんなことを考えているお友達には最高な素敵なお家が、フランスのセーヴルという町に建てられたそうだ。

 なんとそのバンガローは、屋根も壁も天井も家具もおよそ何もかもがチョコレートで作られて…

デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10つの理由

 技術の進歩は目覚ましい。1年前の機種はもはや型遅れ。むろんメーカー側の販売促進戦略に乗せられている感も否めないが、日進月歩で進化し続けているのは確かだ。

 昭和の時代ではSFの中の出来事でしかなかったものが現実となった。そして近い将来、シンギュラリティ(…





まつ毛育毛剤通販