中国

米国は絶対に中国には勝てず代償を支払う、と中国最高の知性が断言 米国が必要な分野は殆ど無い

投稿日:

1:名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT]:2018/08/09(木) 00:22:05.20 ID:Bk4NzYnX0 BE:479913954-2BP(1931)

中国がトランプ貿易戦争に勝利する理由

[6日 ロイター] - トランプ米大統領が中国との貿易戦争に勝つことを期待できない理由を知りたければ、ネット通販大手アマゾンの中国版とも言えるアリババ・グループ・ホールディングを見れば事足りる。

筆者は先月、アリババの最高戦略責任者で、中国のビジネス・金融界最高の知性の1人とされる曽鳴氏と2度突っ込んだ話をする機会を得た。曽氏が明確に指摘したのは、中国にはもはや、米国を本当に必要としている分野はほとんどないということだった。米国製品は必要ないし、米国のアイデアはさらに必要ない。挫折をしても、中国は自分の力で立ち直れることを証明している。

一方で、トランプ政権は、最初から負けるよう計算された競争を、あるいは戦争を、実行するために最善を尽くしているようにみえる。

米大統領の最新の動きは、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する関税率を、当初予定の10%から25%に引き上げると脅すというものだった。それから24時間以内に、中国は、トランプ氏が脅しを実行した場合に5─25%の報復関税をかける600億ドル相当の米製品5207品目のリストを公表した。それらが実現すれば全面的な貿易戦争だろう。

幸いなことに、トランプ政権は、関税発効前のパブリックコメント(意見公募)の締め切りを9月に延長した。一方、太平洋の両端の市場は、時にパニック寸前でバランスを取りながら、落ち着かない商いを続けている。

中国株式市場の方が米国株式市場よりも打撃を受けているが、トランプ氏は、米国の方がより長く痛みに耐えることができ、締め付けを強めれば中国政府が交渉に応じると考えているようにみえる。

続く
https://jp.reuters.com/article/andelman-china-idJPKBN1KS0NX



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

中国公安がさらなる監視強化、車への無線IDチップ取り付けが義務化へ!

1: しじみ ★
 《 国民が所有する自動車に無線で通信できるIDチップ(RFID)を取り付けることを義務化して、運行のモニタリングを可能にする制度が2019年から中国で本格的に導入されようとしています。  この方針は中国の公安部と交通運転部が進めるもので、無線でデータ…

中国の経済制裁で『半島が想像以上に悲惨な状況』だと確定した模様。破滅的な数値が続々と出現

1:たんぽぽ ★:2018/05/08(火) 06:28:35.12 ID:CAP_USER
4月23日に中国税関当局が発表した3月の対北朝鮮貿易統計によると、北朝鮮から中国への輸出は1237万8千ドルで、前年同月比89.19%減だった。 北朝鮮の貿易の約9割を中国が占めており、統計を見ると、昨年実施された…

中国の歴史教科書から政治運動「文化大革命」を削除へ…ネットに流出し騒動に!

1: (^ェ^) ★
 《 3月から中国の中学校で使われる歴史教科書から、中国が混乱に陥った政治運動「文化大革命」の項目が削除される見通しだ。 文革を発動した毛沢東の過ちを認める表現が削られるとみられる。中国では政治的な問題を巡る発言への締め付けが強まってい…

没落する日韓家電メーカー、中国が世界のリーダーに…中国メディア!

1: たんぽぽ ★
 《 中国誌・中外管理雑誌によると、家電でかつて世界に君臨した日本や韓国は没落し、中国が新たなリーダーになると、中国の業界ウォッチャーが予想している。  「世界の家電産業は、1980年より前は欧米が、2000年以前は日本が、2015年以前は韓国がリ…

韓国に騙された中国人が『日本に尻拭いを求めて泣きつく』嫌な事例が急増中。危険すぎる実態に日本側ドン引き

1:たんぽぽ ★:2018/01/27(土) 19:59:47.10 ID:CAP_USER
2018年1月25日、日本新華僑報によると、近場で気軽に訪れることができ、仲介業者が多く、費用も安いことから、韓国で美容整形をする中国人は多いが、問題も少なからず起きている。 中国人が韓国で美容整形を受け…





まつ毛育毛剤通販