中国

米国は絶対に中国には勝てず代償を支払う、と中国最高の知性が断言 米国が必要な分野は殆ど無い

投稿日:

1:名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT]:2018/08/09(木) 00:22:05.20 ID:Bk4NzYnX0 BE:479913954-2BP(1931)

中国がトランプ貿易戦争に勝利する理由

[6日 ロイター] - トランプ米大統領が中国との貿易戦争に勝つことを期待できない理由を知りたければ、ネット通販大手アマゾンの中国版とも言えるアリババ・グループ・ホールディングを見れば事足りる。

筆者は先月、アリババの最高戦略責任者で、中国のビジネス・金融界最高の知性の1人とされる曽鳴氏と2度突っ込んだ話をする機会を得た。曽氏が明確に指摘したのは、中国にはもはや、米国を本当に必要としている分野はほとんどないということだった。米国製品は必要ないし、米国のアイデアはさらに必要ない。挫折をしても、中国は自分の力で立ち直れることを証明している。

一方で、トランプ政権は、最初から負けるよう計算された競争を、あるいは戦争を、実行するために最善を尽くしているようにみえる。

米大統領の最新の動きは、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する関税率を、当初予定の10%から25%に引き上げると脅すというものだった。それから24時間以内に、中国は、トランプ氏が脅しを実行した場合に5─25%の報復関税をかける600億ドル相当の米製品5207品目のリストを公表した。それらが実現すれば全面的な貿易戦争だろう。

幸いなことに、トランプ政権は、関税発効前のパブリックコメント(意見公募)の締め切りを9月に延長した。一方、太平洋の両端の市場は、時にパニック寸前でバランスを取りながら、落ち着かない商いを続けている。

中国株式市場の方が米国株式市場よりも打撃を受けているが、トランプ氏は、米国の方がより長く痛みに耐えることができ、締め付けを強めれば中国政府が交渉に応じると考えているようにみえる。

続く
https://jp.reuters.com/article/andelman-china-idJPKBN1KS0NX



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

習近平を挑発した中国女性が『悲惨すぎる末路を迎えて』中国人も騒然。中共の非人道性が明白に

1:名無しさん@涙目です。(庭) [US]:2018/07/13(金) 11:25:31.84 ID:V7i0bOOd0 BE:887141976-PLT(16001)
中国共産党の独裁政権に反対する女性が自撮りしながらとんでもない行為をしたところ、警察に連行されてしまいその後の消息が途絶えて閉まったという。7月4日、その女…

中国共産党機関紙、安倍総理が読書すると紹介した書籍を「右翼の本だ」と噛み付くwwwwwwwwwwww

安倍晋三首相が年末年始の休暇中に読書すると紹介した書籍について、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)が「右翼の本だ」とかみついている。https://t.co/xU7RIzSgZk— 産経ニュース (@Sankei_news) 2019年1月4日

 

中国の食文化を嫌悪する日本人に『中国人が衝撃を受けて』困惑している模様。死んでも食べないのか?

1:たんぽぽ ★:2018/04/26(木) 19:12:45.53 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1658206?page=1  旅行の楽しみの1つと言えば、現地の食文化を体験することが挙げられるだろう。だが、旅行客にとっては現地での衛生管理の状況はなかなか把握できないため、食の…

酒井法子さんが中国で乞食をして炎上か!?

中国で酒井法子が乞食になってしまったと話題に!

酒井法子さん、中国人にネットで課金を募り乞食だと言われる・・・

中国人「まさか彼女が乞食にまで落ちてしまうなんて・・・本当に悲しいよ。」

トランプ米政権が中国の22兆円制裁に報復、関税10%から25%へ引き上げ…貿易戦争に拍車!

1: ニライカナイφ ★
 《 米ブルームバーグ通信は31日、トランプ政権が検討する中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する貿易制裁について、上乗せする関税を当初案の10%から25%へ引き上げる可能性があると報じた。  税率が大幅に上がれば中国…





まつ毛育毛剤通販