中国

米中貿易戦争、中国「弾切れ」近づく…トランプ米政権をこれ以上、刺激したくないという本音も!

投稿日:

1: おでん ★
 《 中国政府が3日、600億ドル(約6兆7千億円)分の米国製品に追加関税をかける新たな対抗措置を発表し、米中の貿易戦争は報復の応酬が激しさを増している。

 中国側には新たな対抗策を打ち出す余力がなくなりつつあり、トランプ米政権をこれ以上、刺激したくないという本音ものぞき始めた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

mutsuji180709-thumb-720x480
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33819700U8A800C1EA2000/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533433996/
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

ジンバブエのクーデターに中国が関与?軍司令官が訪中後に政変…暗黙の了解を求める!

1: (^ェ^) ★
 《 ジンバブエ軍を率いるチウェンガ司令官の中国訪問は、平時であれば異常とは見なされない。ジンバブエにとって中国は最大の投資国であり、長年の同盟国でもある。  しかしチウェンガ司令官が中国から帰国した数日後、ジンバブエの首都ハラレで同司…

日本製衣服に嫉妬した中国が『史上最低の起源説』を提唱して日本側絶句。色々な意味で頭が悪すぎる

1:ガラケー記者 ★:2018/05/30(水) 16:39:53.42 ID:CAP_USER
中国メディア・東方網は、「世界で最も早くにミニスカートが定着したのは日本ではなく、中国だ」とする記事を掲載した。  記事は、「炎天の夏には多くの人が短パンに服装を代えるととに、美を愛する女性はミ…

人民解放軍の「新兵器説」も……中国でUFOの目撃情報相次ぐ

<p> 中国で、未確認飛行物体が多数の人々に目撃されるという事件が2日続けて起こり、話題となっている。</p>

<p>「上観新聞」(8月13日付)によると、今月12日、観光地として知られる遼寧省大連市金石灘区の上空に、UFOが現れた。この物体は巨大な黒い輪のような形をしており、出現当時、多くの観光客や付近の住民が目撃。複数の写真がネット上にアップされ、さまざまな臆測を呼んでいる。</p>

<p> 撮影された動画を見てみると、上空に現れた円形の黒い物体が巨大化しながら、徐々に形を四角形に変えたり、高速移動を行ったりと、自然現象とは思えない動きを繰り返し、最後は雲の中に消えていく様子が確認できる。ネット上では、「ついに宇宙人が中国へ偵察にやってきた!」「この動きは自然現象ではない!」など、未知との遭遇に興奮する者がいる一方で、「金石灘区には大きな遊園地施設があって、アトラクションの一環で煙が出るものがある。それに違いない」「人民解放軍が、インドとの海戦に備えて新兵器の開発をしているんじゃないか? 数年前にインドと対峙したときも、UFOの目撃情報が相次いだからね」など、冷静なコメントを寄せる者も少なくなかった。<br />
</p>

世界一流の造船技術を持つ日本が空母を建造できない理由…中国メディア!

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [IT]
 《 平和憲法の解釈に基づき、日本は攻撃型兵器とみなされる空母は保有していない。だが、中国人としては日本が空母を建造できないはずがないという意識があり、不安に感じられることもあるようだ。中国メディアの快資訊は10…

中国の邪悪な正体にやっと気付いたドイツ…「中独合作」は崩壊するのか!

1: しじみ ★
 《 憲法改正で「終身皇帝」への道筋を切り開いた中国の習近平国家主席は「独裁者」と批判されるが、「予言者」と称賛されたとは寡聞にして知らない。2017年、習氏はドイツのアンゲラ・メルケル首相と会談し、投資協定早期締結などを確認し、中独関係を…





まつ毛育毛剤通販