知る

飼い主が窮地に陥っているとき、飼い犬は助けてくれるのだろうか?真剣に行われた科学実験(米研究)

投稿日:

1

 「ティミーは井戸の中だ」というタイトル。これは一体に何につけられたタイトルなのだろう?小説か、マンガか、映画か、あるいは誰かの新曲か?

 答えはそのどれでもない。実はこれ、科学論文のタイトルなのだ。

 副題まで含めれば分かりやすい。「ティミーは井戸の中だ:犬の共感と向社会的助力 (Timmy’s in the well: Empathy and prosocial helping in dogs)」だ。「ティミー」とは、ドラマ『名犬ラッシー』のシリーズでラッシーの相棒となる少年である。

 この論文は、「飼い主が(井戸にではないが)閉じ込められて助けを呼んでいる」という状況をつくり出し、犬の反応を見る実験の報告だ。さて、犬はどんな反応を示したのだろう?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

明晰夢を見るための科学的テクニック(オーストラリア研究)

 夢を思い通りにコントロールできれば、最高に楽しいアトラクションになることだろう。明晰夢(めいせきむ)とは、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことで、夢の状況を自分の思い通りに変化させることも可能だという。また、心の健康に良いともいわれている。

 …

生体細胞の組織をあっという間に3Dプリントで作成する新技術が開発される(オランダ研究)

 人間の臓器を3Dプリントできるようになる日がまた一歩近づいたようだ。

 これまでも、3Dプリンターで立体物を「印刷」する研究は進められていたが、オランダ、トゥウェンテ大学の研究チームが、人間の生体細胞を内部に収めた組織をプリントする超精密な技法を開発した。…

遺伝子の突然変異により、痛みを感じないイタリアの家族「マルシリ症候群」

 フィクションの世界に登場する「痛みを感じない体質」を持つとされる登場人物。作品の中では、痛みを感じないために無茶しまくるといったストーリー展開となるわけだが、リアルでもそういった体質を持つ人間は実在する。

 イタリアに住むマルシリさん一家は、痛みの感覚…

本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)

 インド、ウッタラーカンド州で地下鉄の駅を点検していた技師によって恐竜に似た死体が発見された。

 それは化石ではない。ミイラのような状態にあったその死体は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれている。

デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10つの理由

 技術の進歩は目覚ましい。1年前の機種はもはや型遅れ。むろんメーカー側の販売促進戦略に乗せられている感も否めないが、日進月歩で進化し続けているのは確かだ。

 昭和の時代ではSFの中の出来事でしかなかったものが現実となった。そして近い将来、シンギュラリティ(…





まつ毛育毛剤通販