宇宙

「現在の技術では火星をテラフォーミングすることは不可能」…科学者が結論を出す!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 火星の環境を変化させ、気温を上げて人類がより住みやすい環境に変えるテラフォーミングの構想は、現代の技術力では実現性に乏しいことが研究者の調査により明らかにされました。

 人類が移住を目指している火星は、平均気温がマイナス43度と非常に低く、大気圧も地球の1%未満という環境です。そんな火星の環境を変化させるために考えられているのが、火星の土壌に含まれる二酸化炭素を大気に放出させ、温室効果によって火星の大気を温めることで氷を溶かし、生活に必要な水を得るというテラフォーミングの方法です。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Terraforming_of_Mars
https://gigazine.net/news/20180731-mars-cannot-be-terraformed/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1533047536/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

準天頂衛星「みちびき」3号機、異常動作が発生して停波… 内閣府宇宙開発戦略推進事務局!

1: 野良ハムスター ★
 《 準天頂衛星システムについては、現在11月のサービスインに向けて技術的な確認・調整作業を実施しております。  昨年8月に打ち上げられた準天頂衛星みちびき3号機(静止軌道衛星)において、6月2日に、搭載されたL5S信号(測位技術実証サービ…

「液化メタン」を燃料に用いた次世代ロケットエンジンを2020年代後半にも実用化…IHI!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 IHIは、「液化メタン」を燃料に用いた次世代ロケットエンジンを2020年代後半にも実用化する。  従来のエンジンよりも小型で、繰り返し使えるのが特長で、火星の探査などで長期の運用が期待できる。将来、「宇宙旅行」が、より…

次期主力ロケット「H3」のメインエンジンが初公開…従来の1.4倍の推力かつ部品数2割減で低コストに!

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US]
 《 3年後の2020年度の打ち上げを目指す日本の次期主力ロケット「H3」のメインエンジンが14日、鹿児島県の種子島宇宙センターで初めて公開されました。  (略) 新たなエンジンは全長およそ3.7メートル、重さは2…

約90億光年も離れた恒星をハッブル宇宙望遠鏡で観測…「重力レンズ」で最遠記録!

1: 魔戒騎士黄金牙狼 ★
 《 約90億光年も離れた恒星をハッブル宇宙望遠鏡で観測できたと、米カリフォルニア大や東京大、東北大などの国際研究チームが2日発表した。手前にある銀河団の強い重力がレンズの役割を果たし、最大で2000倍超も明るく見えた。  単独の…

世界初の宇宙ホテル「オーロラステーション」が2021~2022年に開業、軌道高度320km…12日間滞在で約10億円!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR]
 《 世界初の宇宙ホテルのオープンは2021年~2022年を予定している。サイト「SpaceNews」が報じた。宇宙ステーション「Aurora」でホテルを開く事業を手がけるのは米企業「Orion Span」だ。  ホテルの面積は42平方メー…




まつ毛育毛剤通販