TBS

【TBS】金平茂紀「日本が先進国だと思っていた人はこの際、考え直した方が良い!」東京医科大学の女子一律減点に絡めて苦言…

投稿日:

金平茂紀

twitternew_thumb 【動画】
 
続きを読む

続きを読む

-TBS

執筆者:


関連記事

【TBS報道特集】金平キャスター「W杯の戦いぶりを巡って論議。それを言うなら国会の質疑の在り方はフェアプレイとは程遠い」(動画)

1: (^ェ^) ★ 2018/06/30(土) 21:58:55.42 ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/57272 フェアプレイとは程遠い 金平茂紀 「ワールドカップの戦いぶりを巡って論議が起きている。それを言うなら国会の質疑の在り方はフェアプレイとは程遠い」 (略) 人…

【ド正論】八代英輝、TBS番組内で毎日新聞の記事をまさかの痛烈批判 ⇒ 八「中立性なさ過ぎ!そんな記事書いて良いの?」wwwwwwwwwwwwww

【動画】

財務省の調査報告書について、八代英輝「あの報告書に動機が書かれていないって思う方は、書かれてる動機じゃ気に入らないって方々に見える。それなりの動機が書かれてますから」恵俊彰「あれなんて書かれてたんですか?」読んでないんかい。その程度のレベル…

報ステに続いてサンモニでもトランプ大統領の「フェイクニュースは国民の敵」発言を「メディアは国民の敵」と報道www

はいこれフェイクニュースメディアは国民の敵なんて一言も言ってないだからお前らオールドメディアは嫌われるんやTBSは謝罪すべきやな#サンデーモーニング pic.twitter.com/UXuDz1KAVF— カノン (@Fijamb) 2018年8月18日

 

江川紹子、オウム問題で騒ぐ想田監督、森監督に徹底反論 ⇒ 江「松本智津夫の裁判以外にも様々な裁判が開かれ事実関係はほぼ解明された!」

【動画】
オウム問題で騒ぐ想田監督、森監督に反論する江川紹子氏「真相究明と仰るが裁判をずっとウォッチしてきた方はいない。松本智津夫の裁判以外にも様々な裁判が開かれ事実関係はほぼ解明された。『麻原に喋らせよう』などと軽く言うが、共犯者たちが血が迸るよう…

イイ女ぶるカンナにイラッ! イケメン2人との三角関係が非現実的!『カンナさーん!』第6話

イイ女ぶるカンナにイラッ! イケメン2人との三角関係が非現実的!『カンナさーん!』第6話の画像1
TBS系『カンナさーん!』番組公式サイトより

 お笑い芸人の渡辺直美が主演を務めるドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の第6話が22日に放送され、平均視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2度目の2ケタ割れとなってしまいました。

 まずはこれまでのあらすじを少し。ファッションデザイナーとして働く河東カンナ(渡辺直美)は、元夫・鈴木礼(要潤)の不倫が原因で離婚。息子・麗音(川原瑛都)をひとりで育てることを決意するのですが、その直後、ファッション業界の世界的権威・ニック難波(加藤雅也)にデザイナーとしてだけでなく女性としても見初められ、公私ともにパートナー関係を結ぶことになります。

 その一方、ニックの存在など知らない礼は、カンナと復縁するためにマンションを購入することを計画。当人たちが知らぬ間に三角関係が進行したところで前回は終了となりました。

 さて、ここからが今回の話。なんとかローンを組んでマンションを購入した礼は、早速カンナの元へ向かいます。しかし、そこにはニックの姿が。カンナと麗音の3人でピクニックへ行く約束をしていたのです。ここで男同士の直接対決が始まるのかと思いきや、ニックが大人の対応。礼と一緒にいたそうな麗音の様子を察して、ピクニックを中止にするのです。

 ニックの存在にショックを受けつつも、礼はカンナと麗音をマンションへ連れて行くことに。このサプライズにカンナは「勝手なことしないで」と怒るのですが、今まではダラしなかった礼の変わりようや、「会った瞬間にオレ負けてる(と思った)」と、男としてニックに完敗したことを認め、寂しそうに去って行く後ろ姿を見て心を動かされます。

 そんなカンナの気持ちに気づいたニックが自ら身を引き、カンナは礼が購入したマンションに引っ越すことに決めます。しかし、間が悪いことにカンナとニックが付き合うものだと思った礼は、母・柳子(斉藤由貴)の勧めで緒川俊子(泉里香)とお見合い。次回からまた新たな三角関係問題が勃発か、というところで今回は終了となりました。

 さて、ここから感想になります。今回、序盤でニックと礼が初めて相対するシーンがあったのですが、改めて思いました。こんなイケメン達がカンナを取り合うか? そんな魅力があるのか? と。どちらか一方といるシーンならまだしも、3人で並ぶ絵面を見るとあまりに非現実的に思えてしまうんですよね。それにもかかわらず、「オレにないスペック全部もってる」と、礼がニックのことを褒めた際、「じゃないと、私も好きにならないから」と、カンナが妙に上から目線な発言をしていたのにはイラっとさせられました。

 また、ニックに会った途端に礼があっさり負けを認めてしまいますが、これでは3週にわたって三角関係を煽っていたのは一体なんだったんだ、ということになってしまいます。しかも結局、カンナは礼が購入したマンションに住むことに決めるのですが、そんなに簡単に復縁を決めるのならば最初から離婚なんてしなければ良かったのではないでしょうか。

 この身勝手な両親の1番の被害者は、ひとり息子の麗音でしょう。カンナとニックが日毎に親密さを増していくものの、自分はいまいちニックに馴染めない。その一方、実の父親である礼と会う時間は次第に削られていってしまう。その寂しさに耐えきれなくなり、保育園に礼を呼び出して泣きじゃくる姿は胸を打つものがありました。

 ただ、ふと冷静にこれまでの放送を振り返ってみると、麗音は礼の不倫相手・草壁真理(シシド・カフカ)にはあっさりなつき、公園で楽しく遊んでいました。女性には目がないというゲス男の遺伝子を脈々と受け継いでいるのですかね。そう考えると、泣き演技で心を動かされたのもバカらしい。同じように感じた視聴者は少なくなかったかもしれません。ちなみにこれはあくまでも子役ではなく、脚本と演出への批判です。

 次回からはまた、礼の浮気癖のせいでカンナとの関係がこじれ、結局は元鞘に収まるという同じパターンが繰り返されることになるのでしょうか。たまにいますよね、周囲を巻き込んで散々騒いでおきながら、いつのまにか仲直りするカップル。結局は、仲の良さをアピールしたかっただけなんじゃないかって疑いたくなる男女。周囲の人間は段々、そのやり取りにウンザリして取り合わなくなるのですが、ドラマの場合はそれが視聴者離れということになってしまいます。マンネリ化を回避するため、次回からの展開が重要になってくるのではないでしょうか。
(文=大羽鴨乃)





まつ毛育毛剤通販