知る

あの巨大な黒い石棺の蓋がついに開けられる。中に眠っていたものとは?(※開放注意)

投稿日:

0_e
image credit:Courtesy Egypt's Ministry of Antiquities

 先日お伝えした2000年以上前のものと思われるエジプト、アレクサンドリアで発見された巨大な黒の石棺だが(関連記事)ついにその蓋が開かれた。

 石棺の発見が発表された当時、蓋を開けると呪いが解き放たれるのでは?という噂が流れた。中にはアレクサンドロスの遺体が眠っているのでは?という噂もあった。

 そんな噂をよそに、着々と開放作業が行われ、ついにその中身が暴かれた。

 それが呪いなのかどうかはわからないが、作業員たちに一種の苦しみがもたらされたことは確かだ。
 
 中に入っていた赤黒く濁った汚水が、とてつもない悪臭を放ったからだ。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

冥王星がまた惑星に返り咲けるかも!?惑星と認定すべき根拠を発見(米研究)

 子供の頃、太陽系の惑星の並び順で「水金地火木土天冥海」(水金地火木土天海冥)と覚えていた人も多いだろう。

 だが2006年、冥王星は惑星の地位を失い準惑星に分類されることになった。

 あれから12年過ぎたが、はたしてその判断が本当に正しかったのかどうか、その…

きっちり貯めてしっかり整理。リスは集めた木の実を覚えやすいように整理することが判明(米研究)

 どこに何をしまったかわからなくなって毎日30分は何かを探している私の場合には、ちょっとリスに弟子入りしてくるわ。

 リスは餌の乏しい冬に備えて食べ物を集めつつ、ほかのリスや鳥などによって横取りされないようしっかりと隠しておく習性がある。未来に備えて食べ物…

「光を物質に変える」理論上の可能性に挑む研究者たち(英研究)

 理論上は光を物質に変えられるはずだ。だがそれを実現するのは控えめに言っても「言うは易し、行うは難し」である。

 このことが理論化されて84年が経った今、一部の研究者はそれが可能かもしれないと考えた。そして、そのための実験がまさに始まろうとしている。

 こ…

宇宙人の遺物?宇宙人本体?様々な説が浮上した南極の深海で発見された「エルタニン・アンテナ」とは?

 1964年、海底の写真を撮影するためにトローリングを行なっていた海洋調査船USNSエルタニン号の調査隊は、南極付近の海で驚きの発見をした。

 水深3904メートルの場所でそれが観察さメートルの広大な地形を捉えた無数の写真の1枚に、海底に突き刺さった大きなアンテナら…

日本はワンツーフィニッシュ。最も時間に正確な航空会社と空港の世界ランキング

 日本の鉄道が時間に正確なのは世界で知られているところだが、飛行機はどうだろう?

 OAGパンクチュアリティリーグで、航空会社や空港がスケジュール通りに運行しているかどうかを評価した世界ランキングが発表された。

 栄えある首位に輝いたのはやはり日本だ。超大…





まつ毛育毛剤通販