知る

伝説の一角獣。額に1本の巨大な角を持つシベリアユニコーン「エラスモテリウム」の謎に迫る

投稿日:

0_e3

 ジャイアントサイやジャイアント・シベリアユニコーンとも呼ばれるエラスモテリウム(E. sibiricum)は、鮮新世後期や更新世にユーラシア地域に生息した絶滅したサイの仲間である。

 260万年前の記録もあるが、最近発見されたほとんどの化石は2万9000年前頃のもので、マンモス並みの体の大きさを持ち、毛に覆われ、額から大きなツノが生えていたと考えられている。

 シベリアユニコーンの名はこれに由来する。最近の記述によると、体高2メートル、体長4.5メートル、体重はじつに4トンにも達したという。

 ここではエラスモテリウムの歴史とその巨大な角や絶滅の謎、更には世界各地に伝わる一角獣伝説に関して見ていこう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

今あなたに足りないものは? 6つの宝石から一番心が惹かれるものを選んでみよう。石が問題解決の糸口に【占い】

 6つの中から一番心が惹かれる宝石を選ぶと、あなたに欠けているオーラがわかるという。

 東洋医学の考え方によると、私たちは自分に”欠けている”色を好んで身につけたいと思うのだそうだ。たとえば黒が好きなら、自分の”気”に欠けている水の要素を補いたいと望んで…

1年間スマホを使わなかったら10万ドル(1100万円)の賞金をゲット! コカ・コーラのキャンペーンが開始(アメリカ)

istock
 スマホなしで1年365日を過ごすことはできるだろうか?

 コカ・コーラの商品ブランド、ビタミンウォーターのサイトでは、1年間まるっとスマホなしで過ごしてもらうという「スクロール・フリー・フォー・ア・イヤー・コンテンスト(scroll free for a year contest…

犬みたいだし猫みたいでもある。小さい子どもたちと仲良く暮らす保護キツネ (イギリス)

 西洋において、キツネの印象はあまり良いものではない。昔話に出てくるキツネは大体悪役だ。キツネの生態が人間の生活と相容れなかった結果だろう。

 しかし、カラパイアの読者なら、キツネという生き物の持つ魅力を十分に理解しているはずだ。野生のキツネに接触するの…

ロボットを恋愛対象と考えている人が急増。特に若い世代で増えている(国際調査)

 日本において、二次元との恋愛があたりまえになったりならなかったりしている時代、世界的に見ると、ロボットを恋愛対象として見ている人の数は増えているそうだ。

 近い将来人間は、AI(人工知能)を搭載されたロボットと恋に落ちることだろう。またその逆もあるのか…

アインシュタインの相対性理論は、星間宇宙旅行が不可能であることを示唆しているわけではない。

 「あらゆるものは、光より早く動くことはできない」とは、アルバート・アインシュタインは相対性理論でそう説明している。

 では星間宇宙旅行が不可能ということなのか?

 実は逆である。相対性理論は星間旅行の実現を手助けしてくれるのだ。少なくとも人間の寿命の…





まつ毛育毛剤通販