知る

伝説の一角獣。額に1本の巨大な角を持つシベリアユニコーン「エラスモテリウム」の謎に迫る

投稿日:

0_e3

 ジャイアントサイやジャイアント・シベリアユニコーンとも呼ばれるエラスモテリウム(E. sibiricum)は、鮮新世後期や更新世にユーラシア地域に生息した絶滅したサイの仲間である。

 260万年前の記録もあるが、最近発見されたほとんどの化石は2万9000年前頃のもので、マンモス並みの体の大きさを持ち、毛に覆われ、額から大きなツノが生えていたと考えられている。

 シベリアユニコーンの名はこれに由来する。最近の記述によると、体高2メートル、体長4.5メートル、体重はじつに4トンにも達したという。

 ここではエラスモテリウムの歴史とその巨大な角や絶滅の謎、更には世界各地に伝わる一角獣伝説に関して見ていこう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

500歳の吸血鬼を名乗り、ヴァンパイア・カルトを率いた当時16歳の殺人犯「ロッド・フェレル」に関する8つの事実

 アメリカ・ケンタッキー州マレーで生まれたロッド・フェレル(1980年3月28日生~)が10代の少年時代に起こした事件は、1990年代のホラーノスタルジアがそっくりそのまま現実になったような話だ。

 オカルティスト、カルト集団のリーダー、殺人犯、ゴス系、そして自らを5…

未来感がある14の食べ物やパッケージ

 未来の食べ物について考えるとワクワクする一方、まったく未知すぎてちょっと不気味でもある。

 人口が増えて食糧難になり、昆虫食とか人工肉とか培養肉とかいろいろ言われているけれど、本当の未来になるまではからない。

 だが現在、未来を感じる食べ物は存在するの…

新しい言葉を学習するのに適した年齢は?年齢の上限はあるのだろうか?(米研究)

 新しい研究によると、何か新しいことを習得できる年齢の上限はこれまで考えられていたよりも上なのだそうだ。少なくとも新しい言葉を学習することに関してはそうだ。

 子供は大人よりもはるかに容易に言葉を憶えることができる。これはバイリンガルの家庭で育った子供を…

アメリカ人は生まれた時からピザ遺伝子が組み込まれている?初めてピザを食べた時の赤ちゃんの表情

 この恍惚とした表情は!?

 彼女はアメリカ、ニューヨークに住むジョディ・アヴィルガンさんの娘であり、生まれて初めてピザを食べた時の様子をとらえたものだそうである。

 まさに天にも昇るレベルのうまさだったようだ。

まもなく国際宇宙ステーションに大量の人間の精子が到着。無重力空間での能力が試される(NASA研究)

image credit:
 NASAはついに宇宙へ向けて人間の精子を放つ。

 「ミクロ-11(Micro-11)」ミッションでは、スペースX社のファルコン9に搭載される補給カプセル「ドラゴン」に、人間と牛の冷凍した精子を大量に積み込むことを予定する。

 それらは国際宇宙ステーション(…




まつ毛育毛剤通販