中国

史上最大の中国映画が『想像を遥かに凌ぐ悲惨な末路』を迎えた模様。色々な意味で救いがなさすぎる

投稿日:

1:名無しさん@涙目です。(東京都) [US]:2018/07/18(水) 13:04:08.94 ID:sO/Xq+yT0 BE:416336462-PLT(12000)

【7月18日 AFP】中国映画史上最大の予算を投じ製作されたファンタジー映画『阿修羅(Asura)』が、歴史的な興行不振を記録し、公開初週の週末に上映が打ち切られる事態となった。アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ、Alibaba Pictures)が製作した同作は、チベット仏教の神話に着想を得た壮大な3部作の第1部として、13日に公開された。

製作の背景には、伝統的な中国文化を題材とした作品を推奨する中国当局の働き掛けもあった。国営メディアは、製作費が7億5000万元(約126億円)だったと報じている。これまで中国で製作された大作映画の大半は、この半分の予算で製作されていた。

映画チケット販売サイト「猫眼電影(Maoyan)」によると、初週の週末興行収入は4900万元(約8億2500万円)余りにとどまった。同作のソーシャルメディア公式アカウントは15日、同日午後10時をもって映画館での上映を打ち切ると発表した。

米ドル換算した推定損失額は1億600万ドル(約116億円)で、興行成績分析サイト「ボックス・オフィス・モジョ(Box Office Mojo)」によると世界映画史上5位に入った。過去最大の赤字作品は1億2500万ドル(約140億円)の損失を出した『シンドバッド 7つの海の伝説(Sinbad: Legend of the Seven Seas)』とされている。

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、本作は製作に6年を費やし、映像面に多額の予算を投入。上映時間141分のうち2400シーンに特殊効果が使われているという。香港のドル箱スター、レオン・カーフェイ(梁家輝、Tony Leung Ka-fai)やカリーナ・ラウ(劉嘉玲、Carina Lau)を起用した他、「ロード・オブ・ザ・リング(Lord of the Rings)」シリーズの衣装を担当しアカデミー賞(Academy Awards)に輝いたデザイナーのナイラ・ディクソン(Ngila Dickson)といった大物外国人スタッフも参加した。

それでも、中国で最も影響力の大きいレビューサイト「豆弁(Douban)」での評価は10点満点中わずか3.1点となっている。あるユーザーは、「おぞましい! 単なる糞便の壮大な山だ!」とコメントした。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3182783
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/e/810x540/img_2e792f7e2bfeca0bf16ff4a4bb9e0ece143475.jpg



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

「記者が暴行にあったのにネットユーザーは歓呼」中国メディア、韓国を嘲弄!

1: 荒波φ ★
 《 中国人民日報傘下の日刊紙、環球時報が15日、中国警護員による青瓦台(チョンワデ、大統領府)写真記者の暴行事件を報じて「(加害者が)中国公安といういかなる証拠もない」とし「該当記者たちが取材規定を破ったために事件が発生した」と主張した。…

326円を惜しんだ中国人がダム放水で高級車を水没させる事件が発生 1600万円の大損害だ

1:ガラケー記者 ★:2018/07/31(火) 15:20:43.31 ID:CAP_USER
中国メディアの澎湃新聞によると、四川省成都市郊外で25日、男性が川で洗車していたところ、上流のダムが放水したために急に増水して車が水に飲みこまれる事故が発生した。男性は中洲に取り残され、消防に救助さ…

人民解放軍の「新兵器説」も……中国でUFOの目撃情報相次ぐ

<p> 中国で、未確認飛行物体が多数の人々に目撃されるという事件が2日続けて起こり、話題となっている。</p>

<p>「上観新聞」(8月13日付)によると、今月12日、観光地として知られる遼寧省大連市金石灘区の上空に、UFOが現れた。この物体は巨大な黒い輪のような形をしており、出現当時、多くの観光客や付近の住民が目撃。複数の写真がネット上にアップされ、さまざまな臆測を呼んでいる。</p>

<p> 撮影された動画を見てみると、上空に現れた円形の黒い物体が巨大化しながら、徐々に形を四角形に変えたり、高速移動を行ったりと、自然現象とは思えない動きを繰り返し、最後は雲の中に消えていく様子が確認できる。ネット上では、「ついに宇宙人が中国へ偵察にやってきた!」「この動きは自然現象ではない!」など、未知との遭遇に興奮する者がいる一方で、「金石灘区には大きな遊園地施設があって、アトラクションの一環で煙が出るものがある。それに違いない」「人民解放軍が、インドとの海戦に備えて新兵器の開発をしているんじゃないか? 数年前にインドと対峙したときも、UFOの目撃情報が相次いだからね」など、冷静なコメントを寄せる者も少なくなかった。<br />
</p>

中国で退役軍人数千人が大規模デモ、警察当局と衝突…中国本土メディアの報道無し!

1: しじみ ★
 《 (略) 報道によると、今月19日、鎮江市政府庁舎前に退役軍人が集まり抗議を始めた。参加者は数千人規模に膨れあがり、地元当局は25日未明に数百人の武装警察を投入したという。中国本土のメディアは報道していない。  》 ここまで一部引用、続き…

中国が死傷者を1人も出さずに台湾攻略する計画案…電力インフラを短距離・中距離弾道ミサイルで攻撃!

1: ガラケー記者 ★
 《 (略) 香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストには、早ければ20年にも武力行使があり得るとの観測記事が載った。  もっと早い可能性もある。先ごろ中国のある研究者が出した本には、「中国が死傷者を1人も出さずに台湾を取り戻す」案とし…





まつ毛育毛剤通販