フジテレビ

【バイキング】司会の坂上忍がお休み → 東国原英夫が立憲民主党をボッコボコに叩いてしまい即CMwwwwwwwwwww

投稿日:

東国原

twitternew_thumb
 
続きを読む

続きを読む

-フジテレビ

執筆者:


関連記事

「またかよ」フジ『とくダネ!』が誤報を謝罪、菊川怜の後任アナ発表も「スタッフ変えろ」の声

「またかよ」フジ『とくダネ!』が誤報を謝罪、菊川怜の後任アナ発表も「スタッフ変えろ」の声の画像1
フジテレビ公式サイトより

「事実確認がとれないまま報道をした」として謝罪したフジテレビ系報道番組『とくダネ!』に対し、「またか」との声が相次いでいる。

 28日の放送では、京都府議の荒巻隆三議員が、5月に駐車場で妻を押し倒し、ケガをさせた疑いで今月23日に書類送検されたと報道。妻側の弁護士の話として「過去に警察に相談をしたときに、暴行の相談をし、最終的にはストーカーの登録をしたという事実も確認取れてます」と伝え、VTRでは「脅迫的な言動が続いたことから、荒巻氏はストーカー登録された」とのテロップも表示された。

 さらに、番組は荒巻議員の自宅エレベーターの監視カメラの映像を独自入手。でん部に穴の空いたパンツを履き、下着姿でエレベーターに乗る荒巻議員の姿を放送した。

 しかし、29日の番組後半で、笠井信輔アナウンサーが「ここでひとつ、お詫びがございます」と切り出し、「昨日、お伝えしました京都府議会議員・荒巻隆三氏に関しまして、書類送検された、また、ストーカー登録されたと放送しましたが、いずれも事実の確認が取れていない報道でした」と訂正、謝罪した。

 同番組は、7月にも一般男性を「容疑者」として放送したことを番組内で謝罪したばかり。相次ぐ誤報に対し、ネット上では「また『とくダネ!』か」「フジの通常営業」「ここまでくると、わざとだろ」「もう独自取材するなよ」といった呆れ声が相次いでいる。

「ここまでくると、制作体制やスタッフの質に問題があるのは明白。視聴者も『謝って済む話じゃねーだろ』と怒りが募るばかりです。なお、6月にも殺人事件の容疑者の近隣住民への取材VTRで、顔のボカシが途中から外れる編集ミスがありました」(芸能記者)

 28日の放送では、MCを卒業する菊川怜の後任が新人の海老原優香アナウンサーであることを発表。これに、夏休み中の小倉智昭が「新しい空気が番組に加わることで、とても楽しみにしています」とコメントを寄せていたが、新しい空気が必要なのはむしろスタッフ側のほうではないだろうか?

【動画】若者「麻生氏、辞任の必要ない」71% ⇒ 安藤優子「若い世代はあまり興味ないのかな」北村晴男「興味あるけど年代別に考え方が違う」@グッディ!

1: (^ェ^) ★ 2018/04/24(火) 21:25:37.93 ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/49295 若い世代はテレビ脳ではない 安藤優子 「若い世代はあんまり興味ないのかなあ」 北村晴男 「興味あるけど年代別に考え方が違うんですよ」 (略) 安藤優子氏「…

【ド正論】ミタパン、米山知事の謝罪会見での「嘘泣き」を見破り地上波でフルボッコに ⇒ 共同記者「支援者も唖然としてる!」www

米山知事の記者会見について三田アナ「米山知事は『県民に申し訳ない』『許してほしい』と言いながらも、涙以外もにやけてるような、笑顔も見えるような表情で話して、しかも具体的な事が出ていないというのはこの会見を見て県民の方はどう思うんだろう」柿崎明二「支援…

“風前のともしび”だったフジテレビ月9ドラマが継続へ!? 宮内社長が示唆

風前のともしびだったフジテレビ月9ドラマが継続へ!? 宮内社長が示唆の画像1

 低視聴率のため、一時は消滅説が飛び交っていたフジテレビの看板ドラマ枠「月9」が、継続することが明らかになった。9月29日、同局の定例会見で、宮内正喜新社長が、7月期の『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』を絶賛し、月9ドラマの復活を期すことを明言したのだ。

 昨年1月期『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以降、今年4月期の『貴族探偵』まで、月9は6クール連続で視聴率は1ケタ台に甘んじた。特に1月期の『突然ですが、明日結婚します』に至っては、平均6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と惨たんたるものだった。

 CMスポンサーが離れ始め、広告代理店の営業マンから「ギブアップ」の声も聞かれるようになっていた。この悪い流れをなかなか断ち切ることができず、「年内にも打ち切り」のウワサもまことしやかに流れていた。6月にはドラマ畑出身の亀山千広前社長が失脚したこともあり、そのウワサの信ぴょう性が増していた。

 そんな中スタートした『コード・ブルー』は、まさにいちるの望みを懸けた作品だった。過去のヒット作とはいえ、1st SEASONは2008年7月期、2nd SEASONは10年1月期の放送。実に7年半ものブランクがあるだけに、不安視されていたのも事実。

 だが、『コード・ブルー』は、そんな不安を一掃。初回は16.3%、最終回は自己最高の16.4%をマーク。平均14.8%の高視聴率を獲得し、来年の映画化も決まった。この視聴率は、“夏枯れ”ともいわれる7月クールにおいて、民放プライム帯の連ドラで堂々のトップ。2位の日本テレビ系『過保護のカホコ』の11.5%に大差をつけた。

 一時は「『コード・ブルー』がコケたら、月9は消滅」とのウワサが流れ、まさに“風前のともしび”だったが、同ドラマのヒットで、継続へかじが切られたようだ。

「とはいえ、継続というより、“延命”が決まっただけと見たほうがいいのでは? すでに来年1月期、4月期の構想、キャスティングにも入ったようですが、10月期がダメなら、また流れは変わって、社内で“打ち切り”の声も出るはずです。その意味で、10月期の月9ドラマの視聴率は重要。2クール連続で高視聴率をマークしないと、CMスポンサーの信頼も得られないでしょう」(スポーツ紙記者)

 来る10月期は、篠原涼子主演の『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。篠原は15年10月期の『オトナ女子』(同)が平均8.7%と爆死する憂き目に遭っており、不安要素も多い。篠原演じる主人公は市会議員を目指す主婦だが、そのライバルとして登場する準主役の高橋一生の“人気”にすがるしかないとの声もチラホラ聞こえてくる。果たして、どうなることやら?
(文=田中七男)

【バイキング】坂上忍、和田政宗議員のデマを流してしまいお詫びする態度があまりに酷すぎるとネットで話題に…⇒ネット民「謝罪には全く感じられない…」

生放送中の謝罪って、こんなに軽いもので良いのか。自民党 和田議員への事柄だから、こんなに軽いのか。私には謝罪には全く感じられない #バイキング pic.twitter.com/EoeGXxXzFH— 波忘れ人 (@namiwasurehito) 2018年3月23日

 

【動画】
生放送中の謝罪って、こん…



まつ毛育毛剤通販