知る

荒らされてなかったことが不思議。エジプトで2000年以上開けられた形跡のない巨大な石棺が発見される

投稿日:

1_e3

 盗掘が横行し、荒らされてないものなど何もないと思われていた古代エジプトの遺跡関連だが、なんと、2000年以上開けられた形跡がない巨大な石棺が発見されたという。

 この石棺は黒花崗岩でできており、エジプト、アレクサンドリアのシディ・ガベル地区で発見された。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

夢だけど夢じゃなかった!?「頭の潰れた少年」の幽霊に呪われてしまった男性の恐怖体験談がネットを震撼させる

 今年8月から、ツイッターで自身の恐怖体験を語り続けている男性がいる。アメリカ・ニューヨーク在住のイラストレーター、アダム・エリスさんである。

 彼は「親愛なるデイビッド」こと少年の幽霊らしきものに呪われており、このままだと呪い殺されるかもしれないという…

偶然か必然か?街で偶然出会い、薬物中毒のホームレスを救ったのはかつての同級生だった(ケニア)

 ケニアの首都・ナイロビで、薬物中毒のホームレスだった男性の身になんとも幸せなミラクルが起こったようだ。

 パトリック・ヒンガさんはタバコとマリファナを吸ったとして学校を退学になって以来、何年も何年も薬物中毒に苦しんできた。

 母親のナンシーさんは息子を…

野生の王国となったチェルノブイリ、オオカミたちが繁殖し生息域を広げつつある(ウクライナ)

 今から1986年4月26日、今から約32年前のことだ。チェルノブイリ原子力発電所事故によって辺り一帯は非常に有害な地域となってしまった。

 だが、徐々に自然が戻ってきた。野生動物が増え始め、絶滅を危惧されていた動物たちがまたこの地に戻って来たという話をお伝えし…

2018年はどうなっているのか?半世紀前(1968年)の本が予測した2018年に起きること

 1968年、経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイスから平和活動家アーサー・ワスコウまで、外交政策協会が主催する会議に招かれた大勢の”先見の明ある人々”が2018年に起きているであろう未来を予測した。

 その内容は『2018年へ向けて(Toward the Year 2018)』という本…

2018年、未知との遭遇が始まる・・・のか!?いよいよ異星人にメッセージを送信する試みが実行される可能性

 異星人が地球人と接触したがっているのではないかという噂は前からあった。

 謎の電波エネルギーが検出されたりもしているし、異星人が送ってきたとされる音声が公開されたこともある。

 え?その気なの?あっちがその気ならこっちだって本気をだすしかないじゃない。…



まつ毛育毛剤通販