知る

もしかして同じような経験ある?海外ネットユーザーが体験したほんのり怖い予知夢・心霊現象に関する13の体験談

投稿日:

no title

 お化けなんていなーい!脳がちょっと誤作動しただけさ。
 錯覚さっかくぅ~!

 と思ってはいるものの、首筋に悪寒を感じたり、誰もいないのに人の気配、うすぼんやりとした光が飛んだり跳ねたり、突然物がガタゴトと音をたてたりと、不可解な現象はいたるところに存在する。

 そういった現象は印象に残りがちなので、いつまでも記憶にへばりつく。そのままじゃ気味が悪いので、なんとか納得できるものにしようと、脳は、これまでの経験や知識を関連付けて考えるようになる。故人の霊なのかも...予知夢かも...

 本日13日の金曜日にちなんで、13人のネットユーザーが語った不思議な心霊体験や超常現象を見ていこう。「モルダー、あなた疲れているのよ」的なものもあるが、似たような体験をしたことがある人はきっといるはずだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

科学の名の元にとは言うものの…後にマッドサイエンティストと呼ばれた10人の科学者とその研究内容

 ボサボサ頭に白衣をまとい、狂気の発明で混乱を引き起こす……ステレオタイプなマッドサイエンティスト像だ。

 マッドサイエンティストとは、フィクション作品に登場する、常軌を逸した科学者のことを示すが、現実でも、常人には及びもつかない発想で物議を醸した科学者…

数十億単位のものも!すごい値段で売買された抽象画

 見る人が見れば素晴らしいものなのだろうけど、理解できない人にはその価値がわからないところもある抽象画。

 ただ線が引いてあるだけだったり、一色で塗りつぶされていたりと、作者のことを良く知らなければ自分にも描けるようなやつと思ってしまいがちなものもある。…

遺伝子の突然変異により、痛みを感じないイタリアの家族「マルシリ症候群」

 フィクションの世界に登場する「痛みを感じない体質」を持つとされる登場人物。作品の中では、痛みを感じないために無茶しまくるといったストーリー展開となるわけだが、リアルでもそういった体質を持つ人間は実在する。

 イタリアに住むマルシリさん一家は、痛みの感覚…

キレイに別れるのは難しいとは言うものの…元彼に別れ話を切り出した女性、予想外すぎる便器の盗難被害に遭う

image credit:imgur
 一度は愛し合った2人だもの。きれいに別れるのは難しい。きれいな思い出として残したいなら、未練をグッとこらえるのが美徳とされているが、なかなかそうはいかないのが現実だ。

 揉めまくったり修羅場になったりする場合もあるのだが、こういうパタ…

危ない!暑い車内に閉じ込められている犬を救う3つのステップ(アメリカ)

 今年も夏がやってきた。夏が大好きな人にとっては嬉しいニュースだが、ペットにとっては危険な季節でもある。

 ワンちゃんやネコちゃんだって人間と同じく脱水症状になる。特に危ぶまれるのは、夏の暑い日にに飼い主と車で外出する時だ。

 アメリカでは暑い車内に取り…





まつ毛育毛剤通販