中国

習近平を挑発した中国女性が『悲惨すぎる末路を迎えて』中国人も騒然。中共の非人道性が明白に

投稿日:

1:名無しさん@涙目です。(庭) [US]:2018/07/13(金) 11:25:31.84 ID:V7i0bOOd0 BE:887141976-PLT(16001)

中国共産党の独裁政権に反対する女性が自撮りしながらとんでもない行為をしたところ、警察に連行されてしまいその後の消息が途絶えて閉まったという。

7月4日、その女性は独裁政権と横暴さに反対するために習近平の顔に黒インクをぶちまけるパフォーマンスを行いその様子を動画撮影しSNSに投稿。上海業務地区た建物の前に立てられた習近平の大きな写真に向かって黒インクをぶっかけながら「習近平の独裁に反対! 中国共産党は人々を洗脳して制御してる」と発言し挑発した。

習近平の写真に黒インクをぶちまける行為と発言の動画を自ら撮影しTwitterに掲載。

中国の最高権力者を堂々と顔と名前を明かして非難した女性の動画はすぐに注目を集め、瞬く間に拡散。この女性の家にすぐに警察がやってきてのぞき穴から警察らを撮影し「ドアの外に人が沢山おるわ。私は間違ったことはしていない」とTwitterに投稿。

ドアの外に警察がいることがわかる写真とTwitterを投稿し、それが最後にアカウント(@feefeefly)そのものが削除されてしまった。中国のネットユーザーは女性の身に何か起きたのではないかと心配しており、Twitterに投稿された写真や映像を元に女性の身元を調べ、現在地を調べようと試みたが結局住んでいる場所や身元まで判明しなかった。 中国では習近平と中国共産党を非難する行為を禁止されており、過去にネットで習近平をからかったという理由で禁固刑になった人もいるほか、毛沢東の肖像画に墨で塗りつぶした男性は懲役14ヶ月の刑を宣告された。

また中国のネットでは習近平の悪口に関連する「プーさん」というキーワードの検索もできなくなっている。

※動画あり
http://gogotsu.com/archives/41417

01-7
003-9

GIFアニメ

dotup.org1582898


続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

Lenovo幹部が致命的な失言を吐いて製品の信頼性が完全崩壊 バックドアの存在を認めてしまう

1:名無しさん@涙目です。(東京都) [US]:2018/09/20(木) 14:50:14.51 ID:pxudNmV50 BE:306759112-BRZ(11000)
PCやスマートフォン、サーバー機器などを製造する「Lenovo」の幹部が、中国向けに生産している製品には現地の「要望」に合わせた仕様を盛り込んでいることを示唆…

なぜ中国は日本のような国土の小さい国による侵略を許してしまったのか…中国メディア!

1: たんぽぽ ★
 《 広大な国土と世界一の人口を持つ中国からすると、日本は極東の島国であると同時に「非常に小さな国」に見える。それゆえ中国人のなかには「日本が大きな国土を持つ中国を侵略したことが今でも信じられない」という思いがあるようだ。中国メディアの百…

中国人富豪「間もなく日本で中小企業を爆買いします!ターゲットは後継者不在の会社!技能と伝統いただきます!」

平成2年、大学を卒業し経団連勤務を始めて以来、私は共産独裁反日中国へのODAや投資に反対し続けてきましたが、一切顧みられませんでした。我が国国民の税金を厖大に注いだ対中ODAの結果がこれ。中国人富豪たちの仰天告白「間もなく日本で中小企業を爆買いします…

中国「南シナ海の軍事拠点化は防衛的措置!米国は大規模な軍事力を南シナ海に展開し中国を含む地域の各国に安全保障上の脅威を与えている!」

「米国は南シナ海の脅威」 中国の王毅外相、軍事拠点化は「防衛的措置」https://t.co/Fsa7RvWi6s— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年8月4日

 

乳児が手足をかじられ、瀕死の状態に! 中国で「人喰いネズミ」による感染症が急増中

乳児が手足をかじられ、瀕死の状態に! 中国で「人喰いネズミ」による感染症が急増中の画像1
中国で急増するネズミによる被害。狙われるのは子どもたちばかりだ

 米ニューヨークでは7月に、市長がネズミの駆除に3,200万ドル(約36億円)を投じる計画を発表した。大都市におけるネズミによる感染症予防は公衆衛生に欠かせないからだ。14世紀にはネズミが媒介したペスト菌が世界中にまん延し、ヨーロッパを中心に8,500万人以上が死亡した歴史があるため、欧米では特にネズミに対して敏感なのかもしれない。

 そんな中、中国でもネズミによる感染症は深刻な社会問題になっている。「東莞時間網」(8月17日付)によると、広東省深セン市の病院に生後13日の乳児が緊急搬送された。乳児の手足は紫色に変色しており、医師は感染症を疑った。両親によると、自宅に現れたネズミが乳児の手足をかじってしまったというのだ。翌日から乳児は高熱を出し、粘膜からの出血、血尿、血便、血液凝固障害など数々の症状が現れたという。

乳児が手足をかじられ、瀕死の状態に! 中国で「人喰いネズミ」による感染症が急増中の画像2
手足をネズミにかまれた乳児の写真。血液凝固障害などで皮膚が黒くなっている

 医師たちは協議の結果、乳児の血液を輸血ですべて入れ替えるという治療法を選択。その後、投薬治療を重ねること1週間、乳児の容体はなんとか回復し、無事退院することができたという。医師によると、治療が少しでも遅れていれば手足の壊死が進み、四肢切断の可能性が高くなっていたという。今回は幸いにも一命を取り留めたが、中国では病原体を持つネズミに子どもがかまれるという事故が、今年だけでも多数報告されている。

 4月には同省茂名市内の病院に、ネズミにかまれ重傷を負った姉弟が搬送された。特に1歳の弟の脚は深くかまれていたため、骨まで露出していたという。すぐに皮膚移植手術などの治療が行われ、一命を取り留めた。さらに7月15日には、浙江省寧波市でも生後14日の乳児がネズミに全身をかまれ、生死をさまよう事例が発生。乳児には狂犬病のワクチンが注射され、容体は快方に向かっているという。

「中国の都市部では今、ネズミの数が急速に増えています。経済成長で餌となる残飯などが街中にあふれるようになり、また再開発や建設ラッシュで地下に配管や空間などが広がっていることもあり、すみかが増えている。体長30センチを超える巨大ネズミも珍しくなく、野良猫もビビッて逃げ出す始末です。知人の食堂店主によれば、中国製の強力な殺鼠剤も、最近はあまり効かなくなっているようです」(広州市在住の日本人ビジネスマン)

 中国で急増するネズミによる感染症被害。これも、急激な経済成長のもたらす負の影響なのかもしれない。
(文=青山大樹)





まつ毛育毛剤通販