NHK

総務相、NHKの常時同時配信を容認 ⇒ NHK「ネットのみ世帯に対して受信料新設で財源拡大を狙いますw」

投稿日:

NHK

twitternew_thumb
 
続きを読む

続きを読む

-NHK

執筆者:


関連記事

【松戸市議選】NHKから国民を守る党から11人目の議員が誕生 → なお、来年4月の統一地方選挙の候補者も大募集している模様www

.mtpro-clearfix:after{content: "";display: block;clear: both;}
.mtpro-wrapper {max-width: 700px;}
.mtpro-wrapper .mtpro-tweet-outer {margin-bottom: 40px;}
.mtpro-wrapper .mtpro-tweet-outer .mtpro-header a {color: #008000 !important;text-decoration: n…

マンション管理会社「NHKが管理会社を名乗って開錠点検してるから開けて…管理会社はそのような点検はしません!気づいたらご連絡を!」

私が住んでる某マンションにて。これがNHKの真実。#NHK pic.twitter.com/iTaA9zjj0O— ポイントの飯塚 (@1fukugakai) 2019年1月15日

 

【加計報道】NHK「首相動静に載っていないから理事長と会っていない、と言うのは根拠が弱い」

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/07/13(金) 10:00:24.31 ID:Qpv8mh5S0 BE:306759112-BRZ(11000)
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif 加計学園の獣医学部新設をめぐり、3年前、安倍総理大臣は加計理事長と面会したのか。 即座に否定した安倍総理大臣が、根拠…

袴田吉彦の不倫相手が改名、不倫司会者は南原清隆? 小野恵令奈がAKB48熱唱、斉藤由貴がNHK出禁……週末芸能ニュース雑話

<p>デスクT みんな聞いてー! 袴田吉彦が離婚したよー!</p>

<p>記者H 袴田は2010年にタレントで元グラドルの河中あいとデキ婚。しかし、グラドルの青山真麻が、今年1月発売の「週刊新潮」(新潮社)で、袴田との不倫関係を暴露。密会場所が決まって「アパホテル」であったことから、“アパ不倫”と呼ばれました。ちなみに、袴田と河中は、14年夏から別居状態だったようです。</p>

<p>デスクT そういえば、和泉節子似の青山って、6月に所属事務所辞めてたよね? 炎上タレントは廃業しちゃったの?</p>

<p>記者H 先月、自ら代表を務める芸能プロダクションを立ち上げたことをブログで報告。さらに、芸名を真麻に改名したそうです。</p>

『時をかける少女』で大爆死した黒島結菜 NHK土曜時代ドラマ『アシガール』でリハビリへ

『時をかける少女』で大爆死した黒島結菜 NHK土曜時代ドラマ『アシガール』でリハビリへの画像1
黒島結菜オフィシャルサイトより

 昨年7月期に日本テレビ系でオンエアされた『時をかける少女』で連ドラ初主演を果たしながらも、平均6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大爆死した黒島結菜が、9月23日スタートのNHK土曜時代ドラマ『アシガール』(土曜午後6時5分~)で主演に起用された。

 同ドラマの原作は、森本梢子氏の同名少女漫画(集英社)。脚力だけが取りえの女子高生・速川唯(黒島)が戦国時代にタイムスリップ。愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆けるラブコメディ。脚本はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』などを手掛けた宮村優子氏が担当。キャストは黒島のほか、健太郎、松下優也、ともさかりえ、川栄李奈、古舘寛治、中島ひろ子、下田翔大、はんにゃ・金田哲、飯田基祐、石黒賢、イッセー尾形らが出演する。

 2013年に女優デビューを果たした黒島は、映画『ストロボ・エッジ』、ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)、『花燃ゆ』、『サムライせんせい』(テレビ朝日系)などに出演し、若手のホープとして期待がかけられていた。ただ、『時をかける少女』での主演抜擢には、“時期尚早”との声も多く、視聴率的には大敗を喫した。

 その後、今年5月から放送されたWOWOWの連続ドラマW枠『東京すみっこごはん』で主演を務めたが、地上波での連ドラ主演は、『時をかける少女』以来となる。

「NHKのこの時代ドラマ枠なら、視聴率が悪くても、さして問題にもなりません。なかなか主演ドラマで数字が取れなかった武井咲が、昨年9月から今年2月にオンエアされた同枠の『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』で主役に起用されました。武井はそれをきっかけに、4月期『貴族探偵』(フジテレビ系)でヒロイン、7月期『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で主演に抜擢されて、復活を果たした例もあります。『時をかける少女』で惨敗した黒島が、いきなり民放のゴールデン帯、プライム帯の連ドラで主役級のオファーを受けるのは難しいでしょう。その意味で、今回の『アシガール』はいいリハビリになるのでは?」(テレビ誌関係者)

 今の黒島に必要なのは、着実に実績を積むことだろう。『時をかける少女』では実力以上のものを求められて、ズッコケただけに、足固めするには、『アシガール』主演は絶好の機会。ここから、一歩一歩階段を上がってほしいものだ。
(文=田中七男)





まつ毛育毛剤通販