知る

なぜ人は心配ばかりしているのか? 脳は意識を向ける問題を探すようにできている(米研究)

投稿日:

love-2055960_640_e

 前向きになりたい。くよくよ悩んでばかりでもしかたない。じっくり問題と向き合った後は、それを解決するためにがんばろう。

 そう割り切っているつもりが、しつこくその悩みが付きまとう。
 振り払っても振り払っても心配事が消えない。なんでだろう?

 どうやらそれは、悩み事を普段以上に目につくように情報を処理してしまう脳の働きにあるようだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ファストフードのロゴマークに黄色が入っている理由

 ファストフードというとどこを思い浮かべるだろう?

 外資系だとマクドナルド、ケンタッキー、バーガーキングにサブウェイ、ピザハットなどなど、様々なファストフード店が街のどこかに存在している。

 外資系のファストフード店は、海外を旅していても良く目にする。…

平面だと面積が歪みがちだから…グーグルマップが地図を球面化、ますますリアルに近づいた件

 前回お伝えしたように、一般に普及しているメルカトル図法を使った平面の世界地図は、思った以上に歪んでおり、正しい縮尺サイズではない(関連記事)

 その為実際よりも大きく見える国があったり、小さく見える国があったりして、ちょっとした混乱を招いていた。

 そ…

アメリカ「最古の武器」の歴史を塗り替える発見。15,500年前の槍先が発掘される。

 北アメリカ大陸の武器の歴史を塗り替えたであろう打製石器が発掘された。

 15,500年前の尖頭器(槍先)である。

 これは、アメリカ大陸に人類が移住してきた時期について新たな疑問を投げかける発見だという。

 地中の堆積層から発見された武器や道具はチャート(ケ…

17世紀にスマホ!?タイムトラベラー疑惑。1930年代に描かれたアメリカ植民地時代の絵画にスマホらしきものが

 17世紀のアメリカ植民地時代を描いた1930年代の絵画に、スマートフォンを見つめるアメリカ先住民の姿が描かれており、タイムトラベルの証拠ではないかと物議を醸している。

 17世紀にスマホなど存在するわけがなく、この絵が描かれた1930年代にもまだ登場していない。

海外メディアで描写されるアジア人女性の髪が「カラフルなメッシュ」という風潮

 海外の創作作品において、特にハリウッド映画などが顕著なのだが、キャラクターをわかりやすくするため、人種、性差、年齢、性的アイデンティティを型にはめようとする傾向がある。

 いわゆる「トロープ(お約束)」というやつだが、時にかなり錯綜したアイデアに基づい…





まつ毛育毛剤通販