知る

なぜ人は心配ばかりしているのか? 脳は意識を向ける問題を探すようにできている(米研究)

投稿日:

love-2055960_640_e

 前向きになりたい。くよくよ悩んでばかりでもしかたない。じっくり問題と向き合った後は、それを解決するためにがんばろう。

 そう割り切っているつもりが、しつこくその悩みが付きまとう。
 振り払っても振り払っても心配事が消えない。なんでだろう?

 どうやらそれは、悩み事を普段以上に目につくように情報を処理してしまう脳の働きにあるようだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

米国初、従業員に無料でマイクチップを提供するハイテク企業。社内の機器にアクセスがフリーに。

 技術の進歩はすごいところまできている。最先端の企業ではそういった技術を利用し、優秀な人材を確保したり、社員の福利厚生へと役立てていることは事実だ。卵子凍結保存などもその一例だろう。

 そんな中、アメリカのあるハイテク企業が、従業員に無料でマイクチップ…

捨てられた赤ん坊を一晩守り通した3匹の野良犬たちがいた(インド)

 今から20年以上前の1996年、5月の23~34日のことである。インドのコルカタ(カルカッタ)で、生まれたての赤ん坊を一晩中守り続けた犬たちがいた。

 赤ん坊の家で飼われていた犬ではない。正真正銘の野良犬だったのだ。

 そう、赤ん坊は捨てられていたのである。

人類は火星で生き残れるのか?最大の難関は宇宙放射線。そのリスクは未知数(世界研究)

 近い将来、確実に有人着陸が実行されるであろう火星。

 2025年までに火星に人類初の永住地を作ることを目的にするオランダの民間非営利団体「マーズワン」はもちろん、NASA も有人火星探査を計画している。

 さて、人類が火星に到達できたとしよう。そして移住を考え…

500歳の吸血鬼を名乗り、ヴァンパイア・カルトを率いた当時16歳の殺人犯「ロッド・フェレル」に関する8つの事実

 アメリカ・ケンタッキー州マレーで生まれたロッド・フェレル(1980年3月28日生~)が10代の少年時代に起こした事件は、1990年代のホラーノスタルジアがそっくりそのまま現実になったような話だ。

 オカルティスト、カルト集団のリーダー、殺人犯、ゴス系、そして自らを5…

人類の不老不死は実現するか?400年をも生きるオンデンサメの遺伝子を絶賛解析中

 不老不死の薬を求めた秦の始皇帝の時代から二千数百年、人類は今も尚、不老不死に取りつかれ、様々な研究を行っている。

 そしてとうとう、もしかしたらついに、寿命に縛られなくなるための手がかりを手に入れたのかもしれない。

 世界一のろい魚として知られるニシオ…





まつ毛育毛剤通販