アフリカ

紛争地域コンゴで少年より重宝される少女兵!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 (略) 子供たちは大人よりも操るのが容易で、養う費用が少なくて済み、善悪の感覚が未熟なため、民兵組織にとっては好都合だ。子供は言われたことを信じる傾向がある。戦うことで誰かを守れる、死ぬことは決してない、と言われれば妄信してしまう。

 戦闘員として勧誘されるだけではない。スパイや料理人、荷物持ちにされることもある。紛争地域では少女たちが性奴隷として使われることも多いが、カサイの場合は戦闘員として少年よりも重宝されるという。少女のほうが「規則」や儀式に忠実に従うと考えられているからだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

islamic-state-child-soldiers
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/post-10570.php
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1531277753/
続きを読む

続きを読む

-アフリカ

執筆者:


関連記事

カメルーン英語圏の武装集団と治安部隊の衝突が激化、民間人約400人を殺害!

1: 樽悶 ★
 《 アフリカ西部のカメルーンで分離独立を求める英語圏の武装集団と治安部隊の衝突が激化し、今年に入って約400人の民間人が殺害されている。国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルが18日に明らかにした。  民間人が拉致される事件や、軍と…

ジンバブエの次期大統領ムナンガグワ氏、弾圧や汚職の前歴…「第2のムガベ」になると危惧!

1: みつを ★
 《 ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(93)の辞任を受け、次期大統領に就任するエマーソン・ムナンガグワ前副大統領(75)が22日帰国し、演説で「完全な民主主義」を実現すると誓った。だが、同氏もまたムガベ氏と同じく残忍さと汚職で悪名高く、国民の…

密猟者を追っていたレンジャー、マサイ族から弓矢を射られ顔面を貫通…ケニア!

1: しじみ ★
 《 ケニアで密猟者を追っていたレンジャーが顔に弓矢を射られ、危うく命を落としかけた。デイリーメールが報じた。  レンジャーのウイリアム・ホフマー氏(51)はパトロール中、木の下に地元民が眠っているのに気づき、ライオンの群れの接近を警戒して…

サイの「密猟者」たちが、ライオンに襲われ食べられる、高性能ライフル銃などが見つかる…南アフリカ動物保護区!

1: ばーど ★
 《 南アフリカの動物保護区で、ライオンに襲われ食べられた少なくとも2人の遺体が発見されたことが5日、明らかになった。被害に遭ったのは、サイの密猟者たちとみられる。  当局によると、同国南東部ケントン・オン・シー近くのシブヤ保護区で保護官たち…

内戦が続く南スーダン、停戦発効の直後に戦闘発生…政府軍・反政府軍「「相手が仕掛けてきた」!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 4年以上にわたって内戦が続く南スーダンで、政府と反政府勢力による停戦が24日朝、発効した。だが、直後に北部で両者による戦闘が発生し、停戦合意が順守されるのか懸念される。  ロイター通信によると、戦闘が起きたのは石油資源…





まつ毛育毛剤通販