知る

描くことで家計を助ける。驚きの描画力でリアリティのある絵画を描くナイジェリアの11歳の少年

投稿日:

00_e

 若きアーティスト、カリーム・ワリス(Kareem Waris)くんの名が急速に広まろうとしている。ワリスくんは若干11歳にして、驚くほどフォトリアリスティックな絵画を描く。

 ワリスくんは6歳のときに絵を描き始め、8歳になる頃にはすでにプロとしてナイジェリア、ラゴスのアトリエで自分の作品を売っていたそうだ。

 描く絵のジャンルは”ハイパーリアリズム(スーパーリアリズム)”だそうで、作品にはモデルの細々とした細部まで描き込まれている。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

胸板セクシーなマルコム博士。最強のインスタ映えスポットがロンドンに登場!映画「ジュラシック・パーク」25周年記念

image credit:Instagram
 今年は映画「ジュラシック・パーク」シリーズが誕生してから25周年というアニバーサリーイヤーだそうだ。

 映画史に名を残すシリーズ1作目が公開されたのが1993年のこと。

 その世界的な大ヒットを受けて、2作目、3作目が制作され、最新作とな…

ニューヨークに住む猫女子に180組以上を撮影した写真「Girls and Their Cats(ガールズ&ゼアキャット)」

 アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンを拠点に活動しているファッションフォトグラファーのブリアンヌ・ウィルズさんは、猫を飼い、猫と暮らす女性たちにスポットを当て、猫と彼女たちを撮影した写真シリーズ『Girls and Their Cats』をインスタグラムに公開している。

ロボットを恋愛対象と考えている人が急増。特に若い世代で増えている(国際調査)

 日本において、二次元との恋愛があたりまえになったりならなかったりしている時代、世界的に見ると、ロボットを恋愛対象として見ている人の数は増えているそうだ。

 近い将来人間は、AI(人工知能)を搭載されたロボットと恋に落ちることだろう。またその逆もあるのか…

なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのか?

 アウチッ!くぅ~薄っぺらい紙のくせになんでこんなに痛いんじゃい!もうプンスカプンスカ!!って経験はないだろうか?

 日常のちょっとした苛立ちの中でも、紙による指の切り傷は最悪の部類に入る。

 それは大騒ぎするほど深刻な怪我ではないのだが、ちょっとした怪…

ヨーグルトに好きなモノを入れて凍らせるだけ。簡単ヘルシーおいしい楽しいアイス「ヨーグルトバーク」の作り方【ネトメシ】

 夏もそろそろ終わりめいているが、まだまだ暑い日も続く。そんな時にはヒンヤリサクサクしたアイスクリームが食べたくなる。

 この夏海外で話題となっていたスイーツは「ヨーグルトバーク」というアイス。すごく簡単に作れておいしくてヘルシー。その上デコレーション次…





まつ毛育毛剤通販