知る

描くことで家計を助ける。驚きの描画力でリアリティのある絵画を描くナイジェリアの11歳の少年

投稿日:

00_e

 若きアーティスト、カリーム・ワリス(Kareem Waris)くんの名が急速に広まろうとしている。ワリスくんは若干11歳にして、驚くほどフォトリアリスティックな絵画を描く。

 ワリスくんは6歳のときに絵を描き始め、8歳になる頃にはすでにプロとしてナイジェリア、ラゴスのアトリエで自分の作品を売っていたそうだ。

 描く絵のジャンルは”ハイパーリアリズム(スーパーリアリズム)”だそうで、作品にはモデルの細々とした細部まで描き込まれている。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

うつ病の特効薬となるか?麻酔薬ケタミンにうつに対する即効効果があることが判明(米研究)

 アリルシクロヘキシルアミン系の解離性麻酔薬であるケタミンは、日本では2007年より麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定されている。

 薬物として位置付けられているケタミンだが、最新の研究によると、ケタミンを鼻腔用スプレーとして使用すると、最初の24時間でうつ症…

養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)

 カスピ海と黒海にはさまれた国・ジョージア(グルジア)のマルネウリ市郊外で、生命の力強さを感じさせるハプニングが起こったようだ。

 舞台となったのは、太陽がさんさんと照りつけるゴミ処理場。地元の養鶏業者がここに腐った卵を何百個も捨てた。

 ところが、実は…

日本はカニだけどオーストラリアはエビだから。建物の上に鎮座する巨大エビのオブジェに関するトリビア

image credit:cn2480.com.au
 日本で甲殻類のオブジェと言えばやっぱカニだろう。かに道楽の看板には巨大なカニがはりついていて「食べにおいでよ」と手招きしている。

 ところ変われば何とやらで、オーストラリア・バリナのランドマークとして親しまれているのは「The Bi…

男性も妊娠できる。子宮の移植技術向上により、なんなら明日にでも可能(アメリカ生殖学会)

 専門家によると、明日にでも男性の妊娠が可能になりそうなほど子宮移植の技術が向上しているそうだ。

 アメリカ生殖学会の会長リチャード・パールソン博士は、その学会中に性転換で女性となった人物に子宮を移植できない解剖学的な理由はないと発表した。

道路が穴ぼこだらけなのに行政が動く気配がまったくない。そこで市民は考えた「陥没穴に花を咲かせましょう」

 道路にボコッと空いた穴。見た目がよくないし、水は溜まるし、なによりタイヤが嵌ったりしたら危険でもある。これは何とかしたい。

 公道ならば、その道路を管理する国または自治体が修理しなければならない。だがなかなか対応してもらえないこともあるようだ。

 海外…





まつ毛育毛剤通販