自民党

石破茂「世界があこがれる日本を造ろうよ!首相になることは手段であって目的ではない!」

投稿日:

石破茂

twitternew_thumb
 
続きを読む

続きを読む

-自民党

執筆者:


関連記事

【知事選】麻生太郎「間違えて、この前に変な知事を選んだんだろう?間違えたと思った人もいるはずだよ!」www

【教訓】新潟県知事選挙は間違えないように選びましょう 🇯🇵\( •̀o•́ )/🇯🇵#花角英世 pic.twitter.com/vy7eMYepsS— バーグ師匠  (@burgshishou) 2018年6月4日

 

「AV女優になって!」「顔を見ただけで興奮する」稲田朋美氏辞任で、中国人が熱烈ラブコール

「AV女優になって!」「顔を見ただけで興奮する」稲田朋美氏辞任で、中国人が熱烈ラブコールの画像1
稲田氏の辞任を“四面楚歌”と報じた「環球時報」

 7月28日、稲田朋美防衛大臣は記者会見で南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊の日報問題をめぐり、辞任する意向を表明した。中国でもこのニュースは大きく報じられ、辞任報道が出始める数日前から、複数のメディアが取り上げた。政府系「環球時報」(7月28日付)は「日本の女性防衛大臣稲田朋美が辞職 スキャンダルまみれで四面楚歌」という記事を、コスプレ姿の稲田氏の写真とともに掲載した。

「稲田氏は中国でもタカ派の政治家として知られ、安倍首相とともに、中国ではどちらかというと“敵”とみなされています。靖国神社への参拝を欠かさず、南シナ海問題でも(中国にとって)挑発的な発言を繰り返し、中国を『国際秩序の破壊者』と発言したこともあった。また、いわゆる南京大虐殺や慰安婦の強制連行を否定したり、弁護士として『百人斬り名誉毀損訴訟』を手掛けたことも広く中国で報じられてきたので、特に年配の中国人からは嫌われています」(北京在住の日本人大学講師)

 こうした影響なのか、SNSでは、辞任報道を喜ぶ声や皮肉る声が多く寄せられている。

「天罰が下った。政治の世界に戻ってこないで」
「愛国を説いて(日本)の人々から嫌われた。本人は後悔しているだろう」
「中国に来て(反日)映画の女優になればいい。日本鬼子(日本人の蔑称)を演じれば人気爆発だ!」
「軍事に疎い者がトップに立つとは、小日本も人材がいなかったんだな」

 一方で、意外にも“熱烈”な稲田ファンもいるようで、「美人だったのに残念。僕は稲田を支持する」といった書き込みを散見されている。しかし、2ちゃんねる同様、ゲスな書き込みも少なくない。

「この人を見ると、興奮する……」
「下野してAV女優になればいい。といっても、見るヤツはいねーだろうな」
「素人人妻ものか(笑)」
「確かに、熟女モノのAV女優のような面影があるよね」
「AV落ちしてくれたら、俺は見てあげるよ!」
「失業することはないだろう。AV女優の素質がありそうだから」
「『東京熱』(無修正動画レーベル)に行くべきだ」

 日本でも一部の男性の間で稲田氏の人気は高いようで、実話誌などでは「懺悔熟女ヌード」を期待する声が紹介されているが、中国にも同様のマニアがいるようだ。一方で、前日に民進党党首を辞任した蓮舫氏に関しては、こうしたゲスなコメントは皆無だった。その差は一体なんなのか……。
(文=五月花子)

石破茂、死去した樹木希林さんの「万引き家族」を引き合いに「悪いことだが万引しないと暮らせない!消費税を上げてもやっていける経済環境を!」

石破茂氏、死去した樹木希林さんの映画引き合いに「万引しないと暮らせない人も働ける環境を」 銀座で訴えhttps://t.co/zgSYFRTl91— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年9月17日

 

稲田朋美前防衛相にセクシー写真集のオファー!? 出版界に鳴り響く「Iアラート」とは

稲田朋美前防衛相にセクシー写真集のオファー!? 出版界に鳴り響く「Iアラート」とはの画像1
『私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国』

 北朝鮮のミサイル発射を受け、8月29日早朝に避難を呼びかける「Jアラート」が“注意が必要な地域”で鳴り響いたが、出版界では「Iアラート」が発報され、政界、マスコミ関係者を“不安”にさせているという。いったいどういうことか?

「なんでも、稲田朋美前防衛相の写真集の出版計画が水面下で進行しているというのです。仕掛けているのは、小泉純一郎元総理や上西小百合衆議院、小池百合子都知事の写真を手がけた名物出版プロデューサー。奇抜なファッションが話題を呼んできた稲田氏だけに、写真集でもミニスカや網タイツといったセクシーかつフェミニンなカットを盛り込みたい意向のようです。稲田氏は目立ちたがり気質でもあり、このオファーに前向きのようですが、いかんせん時期が悪いということでタイミングを見計らっているところだといいます。稲田氏には“あのライバル”への対抗心もあるのではないですか」(民放プロデューサー)

 稲田氏の“ライバル”といえば、女性防衛相という同じキャリアを持つ小池百合子東京都知事。小池氏は写真集を発売し、オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得。芳根京子、乃木坂46・白石麻衣といった人気女優の写真集を抑えての快挙となっている。出版する側としては“二匹目のどじょう”を狙おうというわけだ。

「稲田氏は7月24、25日に開かれた衆参予算委員会の閉会中審査の場でも、はやりの赤い口紅と丸ぶちメガネ、耳には2つのダイヤのピアスとおしゃれは絶対に忘れない。南スーダンにおける国連平和維持活動(PKO)の日報問題で辞任を表明した際にもおなじみのまつ毛エクステで臨んだほどの“ファッションリーダー”です。年内総選挙の可能性も出てきているだけに、本人はいいプロモーションになると思っているかもしれません。しかし、今や『嫌いな有名人ランキング』で上位に名前が挙がる逆風のさなか。北朝鮮との緊張が高まる中での出版は凶と出る可能性のほうが高そうですが……」(政治部記者)

 北朝鮮のミサイルより先に“暴発”しそうな気配だが、もし本当に出版となれば、はたして国民からの支持は得られるのだろうか。

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! “純愛不倫”の今井絵理子が四面楚歌に

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! 純愛不倫の今井絵理子が四面楚歌にの画像1
今井絵理子オフィシャルサイトより

 不倫疑惑が報じられておきながら、純愛アピールに走るSPEED元メンバーで参院議員の今井絵理子氏と、橋本健・神戸市議。2人は「週刊新潮」(新潮社)で“新幹線手つなぎ写真”などが報じられ、すぐさま大騒ぎとなった。

 それでも2人は互いに好意を持ちながら、橋本氏が妻と離婚調停中であることを理由に「一線は越えていません」と繰り返し釈明。肉体関係がなければ不倫でも略奪でもないという理論のようだ。

 そんな2人に対し、橋本氏の妻が7月30日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)にコメントを寄せ、異議を唱えた。

 橋本氏は同27日の会見で「ここ4~5年、事実上婚姻関係は破綻している。1年前に離婚の申し出をした。別居も始めている」などと主張。これに妻は「4~5年前から破綻している事実はない。(会見で橋本氏が)妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは、極めて不誠実な釈明だ」と猛反論した。

 橋本氏が「婚姻関係が破綻している中、恋愛は認められるものと認識していた」と説明したことに対しても「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたが、そんなことはまったくない」と否定。続けて「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは自分と2人の子どもを残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」とまくし立てた。

「4~5年前から婚姻関係が破綻していると言っておきながら、離婚というアクションを行ったのは、今井さんとの親交が生まれた、ここ1年の間。今井さんの存在が彼に影響を与えたことは明らかです」とはスポーツ紙記者。

 妻との間で離婚調停がスタートしたのは、今年3月。裁判所はそれぞれの話の時系列と、その間に何があったかを総合的に判断しながら、婚姻関係が破綻しているかどうかを判断する

「夫妻には2人の子どもがいて、下の子はまだ幼稚園。『4~5年前から婚姻関係が破綻していた』のに子どもを作っていたわけで、橋本氏の説明には疑念が生じます。婚姻関係の破綻が認められない可能性もあります」(法曹関係者)

 そうなれば、今井氏と橋本氏の再婚など、夢のまた夢。前出法曹関係者は「そればかりか、橋本氏の妻が今井さん相手に、不貞行為に対する慰謝料を請求することも可能です。額は大きくありませんが、それをやられては、彼女の政治家生命は完全に終わりでしょう」と補足する。

 橋本氏の妻は、今井氏が公表した釈明コメントに自身への謝罪の言葉がなかったことに、不快感をあらわにしているという。

 また今井氏の元カレも複数の週刊誌の取材に応じ、同氏の育児放棄ぶりや、橋本氏との二股疑惑について洗いざらいしゃべっているという。

 まさに四面楚歌。不倫を「純愛」にすり替えようとする者には、必ずバチが当たるようだ。




まつ毛育毛剤通販