宇宙

中性子星のサイズは半径12~13.5km…重力波の観測データから推定!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 ドイツのフランクフルト大学とFrankfurt Institute for Advanced Studies(FIAS)の研究チームは、中性子星の半径がとり得る値の範囲を12~13.5kmの間に絞り込むことができたと発表した。

 数値の見積もりには連星中性子星の合体に由来する重力波の観測データを利用した。研究論文は「Physical Review Letters」に掲載された。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

39ee56bc-s
https://news.mynavi.jp/article/20180706-660265/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1531195841/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

人工衛星から球を発射…2020年に広島の空で世界初となる人工の流れ星による天体ショーを開催する計画!

1: 孤高の旅人 ★
 《 人工衛星には、直径1センチほどの球が400個詰まっていて、球が発射された後、落下していく途中で燃えて流れ星のように見えます。開発した会社は、来年までに人工衛星2機を上空400キロに打ち上げ、2020年に広島の空で世界初となる人工の流れ星による…

JAXAのSS-520ロケットが「衛星打ち上げ能力がある世界最小のロケット」としいギネス世界記録に認定!

1: ガーディス ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、2月に打ち上げたロケット「SS520」5号機が、「衛星打ち上げ能力がある世界最小のロケット」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。  SS520は、長さ9・5メートル、直径52セン…

気候変動観測衛星「しきさい」と超低高度衛星技術試験機「つばめ」…12月にH2Aロケット37号機で打ち上げ!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA=ジャクサ)は27日、気候変動観測衛星「しきさい」と超低高度衛星技術試験機「つばめ」を搭載するH2Aロケット37号機を12月23日午前に、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上…

トンガ沖に出現した「フンガトンガ・フンガハアパイ島」が、火星での生命探査の手掛かりに…NASA!

1: プティフランスパン ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は13日、3年前に海底火山の噴火により南太平洋の島国トンガの沖合に出現した島が、火星において生命現象がどう展開し得たのかを探る手掛かりを与えるかもしれないとの見方を明らかにした。  フンガトンガ・フンガハ…

「惑星全体を覆い尽くす規模」…火星の砂嵐で探査車「オポチュニティ」は依然通信途絶!

1: みつを ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は21日までに、先週火星を襲った巨大な砂嵐について、「惑星全体を覆い尽くす規模」に達したと発表した。この砂嵐の影響で、NASAの火星探査車「オポチュニティー」は今も通信途絶の状態が続いている。  オポチュニティ…




まつ毛育毛剤通販