宇宙

中性子星のサイズは半径12~13.5km…重力波の観測データから推定!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 ドイツのフランクフルト大学とFrankfurt Institute for Advanced Studies(FIAS)の研究チームは、中性子星の半径がとり得る値の範囲を12~13.5kmの間に絞り込むことができたと発表した。

 数値の見積もりには連星中性子星の合体に由来する重力波の観測データを利用した。研究論文は「Physical Review Letters」に掲載された。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

39ee56bc-s
https://news.mynavi.jp/article/20180706-660265/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1531195841/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

ケプラー宇宙望遠鏡が燃料切れのため9年間に及んだ観測運用を終了…NASA!

1: ◆ciadbU3kq9FF
 《 太陽系の外にある惑星(系外惑星)を探すために2009年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)のケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡が、燃料切れのため9年間に及んだ観測運用を終了する。当局が30日、明らかにした。ケプラー宇宙望遠鏡で発見された系外惑…

宇宙から地表面をスキャンし資源探査、世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」開発大詰め!

1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 今後の鍵を握るのが、経済産業省が主導して平成31年度の打ち上げを目指す世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」だ。 (略) 完成後は米国の物資補給機ドラゴンで宇宙に運ばれ、国際…

太陽の謎を解明へ、NASAが太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を来月打ち上げへ…600万キロまで接近!

1: しじみ ★
 《 太陽にこれまでで最も近い距離まで近づいて観測する探査機が来月打ち上げられるのを前に、NASA=アメリカ航空宇宙局が記者会見し、太陽で起きる現象の解明に期待を示しました。  NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は来月6日…

サッカー場ぐらいの巨大小惑星が地球に最接近…発見されたのは、わすが21時間前!

1: ニライカナイφ ★
 《 今月15日、サッカーフィールドくらい巨大な小惑星が地球に最接近していたことをご存知だろうか?知らなくて当然。この天体が発見されたのは、接近時刻のわずか21時間前だったのだから…。  先週14日、米アリゾナ大学の月惑星研究所(LPL)の…

ロケット発射場が足りない…宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの壁!

1: しじみ ★
 《 日本の宇宙産業の将来を左右する難題が再浮上している。次期基幹ロケット「H3」の開発が佳境を迎え、宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの整備は盛り上がりを欠いたまま。  発射場の基礎体力が脆弱なままでは先行する欧米には追いつけない…





まつ毛育毛剤通販