宇宙

中性子星のサイズは半径12~13.5km…重力波の観測データから推定!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 ドイツのフランクフルト大学とFrankfurt Institute for Advanced Studies(FIAS)の研究チームは、中性子星の半径がとり得る値の範囲を12~13.5kmの間に絞り込むことができたと発表した。

 数値の見積もりには連星中性子星の合体に由来する重力波の観測データを利用した。研究論文は「Physical Review Letters」に掲載された。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

39ee56bc-s
https://news.mynavi.jp/article/20180706-660265/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1531195841/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

地上と静止軌道とをつなぐ「宇宙エレベーター」…2018年に地上と宇宙で実証実験を目指す!

1: ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 宇宙エレベーター協会は、地上と静止軌道とを3万6,000km以上のテザー(ケーブル)でつなぐ宇宙輸送機関「宇宙エレベーター」の実現に向け、2018年9月に米ネヴァダ州で技術競技会を行う「GSPEC」計画につ…

超小型人工衛星「STARS-Me(スターズミー)」を公開…愛称は「てんりゅう」に決定!

1: プティフランスパン ★
 《 静岡大工学部は10日、開発した超小型人工衛星「STARS-Me(スターズミー)」を浜松市中区の同大浜松キャンパスで公開した。公募で決めた愛称「てんりゅう」も発表。 3月上旬まで運用した「はごろも」の後継機として、地上と宇宙…

賞金総額は約1億円、火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペをNASAが開催!

1: しじみ ★
 《 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。  このコンペで述べられ…

「第2の地球を探せ!」…NASAが新型宇宙望遠鏡「TESS」を打上げへ

1: みつを ★
 《 観測できる範囲がこれまでより格段に広い、新型の宇宙望遠鏡が日本時間の17日朝、アメリカ南部フロリダ州から打ち上げられます。生命を育む環境が整った、“第2の地球”を発見できるのではないかと期待されています。  打ち上げられるのは、NAS…

イーロン・マスク「第3次世界大戦が起きた場合、月と火星の地球外基地が文明保持の一助に」!

1: 【東電 66.2 %】 s(帝国中央都市) [US]
 《 米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者は11日、第3次世界大戦が起きた場合、月と火星の基地が人類の文明を保持し、地球を再興する一助になり得るとの考えを示した。  マスク氏は「サウス・バイ・サウス…





まつ毛育毛剤通販