通信

ドコモ、2年縛りを見直しへ「利用者の声を真摯に受け止め対応したい」

投稿日:

NTTドコモの吉沢和弘社長が、「2年縛り」について、見直しを検討していることを明らかにした。

吉沢社長は「今秋ごろまでに見直しの具体的な内容をまとめ、公表したい」と話した。

総務省の有識者会議は4月、「2年縛り」について、契約満了前に解約すると違約金が発生するほか、2年経過直後でも25カ月目の料金を払わないと解約や携帯電話会社の変更ができないことから、「利用者の意に沿わない負担を生じさせかねない」と懸念を表明。総務省は6月、違約金や25カ月目の料金のいずれも支払わずに解約できるよう求めていた。吉沢社長は具体的にどのように改善するかは検討中としながらも、「利用者からの声を真摯(しんし)に受け止め、対応したい」と述べた。

有識者会議は…
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000080-mai-bus_all


続きを読む

続きを読む

-通信

執筆者:


関連記事

ドコモ、2020年代の半ばに3G(FOMA)停波へ

NTTドコモは、2020年代の半ばに3Gサービスを終了する方針であることを明らかにした。
10月31日に開催された決算会見で言及した。吉澤社長は2020年の5G商用サービスの開始がほぼ確実になっていることを受けて、3Gサービスについては、「2020年代の半ばに、できれば終了したい…

通信速度10倍の5G、2019年3月末にも周波数割り当てを検討

携帯大手3社は、通信速度が10倍程度になる次世代の通信規格「5G」について、来年にも一部の地域で試験運用を行う方針を示した。これを受け石田総務大臣は、来年3月末にも5G用の周波数の割り当てを検討する考えを示した。
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯…

【悲報】au、来月からテザリングを有料化。有無を言わさず500円徴収へ

auは3月2日、テザリングオプションに関する価格改定を発表し、「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」「データ定額20/30」「U18データ定額20」において、4月から500円徴収することを発表した。
これまで、KDDIを含め国内3キャリアは割引などのキャンペーンを適用す…

MVNOへ乗換えの検討理由、「料金が高いから」が75%

MMD研究所は、「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査」を実施した。格安SIMを検討している理由の1位は「料金が高いから」だったという。
格安SIM購入検討時期、58.8%が「2018年以内」と回答15歳~70歳の大手3キャリアのスマートフォンを所有し、2019年4月まで…

ソフトバンク、50GB使い放題の「ウルトラギガモンスター」を発表。22日より提供開始

ソフトバンクは、料金プラン「スマ放題」「スマ放題ライト」で選べるデータ定額サービスとして「データ定額 50GB」(月額7,000円)の「ウルトラギガモンスター」を9月22日から提供すると発表した。
また、加入した家族の人数に応じて、ウルトラギガモンスターの月額料金を割…





まつ毛育毛剤通販