知る

触るな危険!毒が塗られた中世の「死の書物」が大学の図書館で発見される(デンマーク)

投稿日:

0_e2
image credit:

 本に殺されるなんてことがあるのか? 
 どうやらあるかもしれない。

 研究者らが南デンマーク大学の図書館で致死量のヒ素が塗られた書物を3冊発見したという。これらは16~17世紀の写本で、研究者らが中世の写本の断片を調べようとしたところ、偶然に発見されたものだ。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

エロトマニア、カプグラ症候群、コタール症候群など、10の稀な心理学的妄想

  恐怖や不安に影響を受け、被害妄想や誇大妄想を抱くものはパラノイア(偏執症)と呼ばれている。

「誰かに顔を盗まれた」だの「自分の行動が全員にばれている」など、異常な妄想を抱いてはいるものの、人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴だ。

 妄想は…

植物だって攻撃する。生きるために植物が身に着けた巧妙な殺しのテクニック10

 植物は穏やかで実に平和的に見える。植物性だから人体にやさしいなどという逸話すらあったぐらいだ。だがカラパイアを見ている人ならご存じだろう。

 その場からほとんど移動できない植物だが、移動出ない故に驚異的な殺傷能力を秘めている。人を殺すことすら可能なほど…

1950年代のイギリス・ヴィンテージジェット機が農場に並ぶ風景

 人里離れたイギリスの田舎町の農場に古びたイギリスのジェット機が放置されている。この小さな農場にある機体の多くは1950年代のものだ。
 
 これらの機体の持ち主である男性は20年来の航空機マニアであり、こういった機体がスクラップに回されてしまわないように守っ…

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…

養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)

 カスピ海と黒海にはさまれた国・ジョージア(グルジア)のマルネウリ市郊外で、生命の力強さを感じさせるハプニングが起こったようだ。

 舞台となったのは、太陽がさんさんと照りつけるゴミ処理場。地元の養鶏業者がここに腐った卵を何百個も捨てた。

 ところが、実は…



まつ毛育毛剤通販