知る

自分は年齢よりも若いと思い込むことで実際に脳が若返るという研究結果

投稿日:

iStock-915324422_e

 脳は人体の中で最も複雑な器官だ。神経科学者によってその理解はかなり進んでいるが、まだ多くの謎が残されたままである。

 だが脳を若く、健康に保つことが大切であることはわかっている。

 新たなる研究によると、自分は若いと思い込むことで、実際に脳が活性化、実年齢よりも認知能力が高いことが判明したという。また、自分は健康と思っている人は、うつになる傾向が低いらしいこともわかった。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ—15年後、超人類誕生の予感。

 脳にマイクロチップを移植することで人体の潜在能力を一気に解き放つ――まるでSF映画のような話だ。だが、こうした技術を研究しているカーネル社の創業者ブライアン・ジョンソン氏によると、この夢のテクノロジーは15年以内に実現するかもしれないそうだ。

 先日ポルト…

アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】

 第二次世界大戦前の1940年前後、アメリカでは女性図書館員たちが馬に書籍を積み、その本を読みたい人の元へ運んでいたという。

 彼女たちは"ブック・ウーマン"として知られていた。

 馬に鞍をつけ、たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川…

シマ模様のトラだけど、その毛皮の下ってどうなってるの?あらやだびっくり、トラの地肌ってこうなってた!

 美しい模様の毛皮を持つ動物は多い。だが動物にしてみれば、お洒落目的とかじゃなく、風景に溶け込んだり、害虫を寄せ付けない、など、生存に関わる理由がきちんとある。

 しかし、逆にその美しい毛皮ゆえに人間に狙われるようになったのは運命の皮肉というべきか。

 …

これはかわいすぎる。娘から愛犬の世話を頼まれたお父さん、犬になりきってキュートなメッセージを送信しまくる

 ワンコは家族の一員なんだけれども日々の生活の中で旅行などどうしても一緒に連れて行けない場面が出てくるものだ。

 そんなとき誰に世話をお願いするかで悩むわけだが、ツイッターユーザーのメーガン(Meghan Specksgoor)さんもそんな一人だった。

 先日、自宅を離れ…

靴を履いた人間の足が次々に流れ着く未解決ミステリー。カナダ側のセイリッシュ海で13本目の足が発見される

 2007年以来、カナダとアメリカの国境にあたるセイリッシュ海の海岸では、ランニングシューズを履いたままの人間の足が漂着するという謎の事件が発生している。

 カナダ側のブリティッシュコロンビア州ではすでに12本の足が発見されており、2017年12月8日、13本目の足が…



まつ毛育毛剤通販