知る

アメリカ人の65%は自分が平均より賢いと考えている(米研究)

投稿日:

no title

 毎年7月4日はアメリカの独立記念日となる。壮大に花火が打ち上げられ、全米が祝日モードとなり盛大に祝われる。

 アメリカ人は祖国が傑出した国であるのを誇示するのと同様、自分たちまで傑出していると信じている人が多いようだ。

 ある調査によれば、アメリカ人のおよそ3分の2が、自分は平均よりも賢いと考えているそうだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

1930年代のニュージーランドで頻繁に起きた突然ズボンが自然発火し爆発するという奇妙な現象。その謎を探る。

 1930年代のニュージーランドの農業従事者の間で、はいているズボンが突然自然発火する現象が相次いで起きたという。

 一体なぜこのようなことが起きたのだろう?
 当時ズボンに使用されていた繊維に何か問題があったのだろうか?

 その鍵は、ある雑草が握っていたと…

美しいお尻を探せ!中国で開催された「美尻コンテスト」、ナチュラルな美尻で19歳の女性が優勝

 南米とかは胸よりお尻。豊胸ならぬ豊尻インプラントなんかもメジャーで、「美尻コンテスト」というとブラジルの「ミス・ブンブン」をイメージするわけだが、その流れがアジアに上陸しつつあるようだ。

 6月24日、中国北東部の遼寧省瀋陽市のショッピングモールで「美尻…

古代ローマや古代ギリシャが完全なるディストピアになった10の理由

 古代ローマや古代ギリシャは、よく西洋文明誕生の地として引き合いに出され、わたしたちが憧れる偉大な思想家や芸術家発祥の地だと言われる。

 そのせいか、これら古代文明の国や政治のいい面ばかりに目がいってマイナスの資質は忘れられがちになっている。

 芸術や哲…

ゴジラと日常をすごく楽しみたい!ゴジラのフィギュアで壮大なるコラ画像を作りあげてみた

 アメリカ・ロサンゼルス在住の映画監督、キリアン・マレーさんは、コミックショップでお土産に買った870円(8ドル)で買ったゴジラフィギュアと日常を楽しんでいる。

 一緒に買い物に行ったり、海に行ったり、美術館を見に行ったり、旅行に行って観光地巡りをしたりと、…

運命を信じたくなる。十数年前に観光地で撮影した記念写真には、その後恋に落ち結婚した相手の姿が写っていた

image credit:Weibo
 運命の出会いとかって本当にあるの?
 赤い糸とかで結ばれてるとか都市伝説じゃないの?

 運命の出会いを待ち続けること数十年、うっかり見過ごしているのか、それとも現世とか地球上には存在しないのかどうかもわからなくなってきた昨今だが、どう…





まつ毛育毛剤通販