知る

世界最初のツイートってどんなつぶやき?世界の歴史に大きな変化をもたらすきっかけを生んだ文書

投稿日:

no title

 過去の歴史を知る上で、重要な役割を果たすのが文書(ドキュメント)である。人類は文字を生み出したことで、当時を読み解く手がかりを与えてくれた。

 膨大な文書が現存する中、世界史に大きな変化をもたらすきっかけを生んだ文書もある。現代へと通じるこれらの文書は我々が今ここにある存在理由を語り掛けてくれているのかもしれない。

 図説 世界を変えた100の文書(ドキュメント)では、知的好奇心を満たしてくれる100の文書が紹介されている。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

新種のうつ病が特定される(日本研究)

 推定によると、世界のうつ病患者3億2200万人のうち半分は治療効果が現れないとされるが、これも間もなく変わるかもしれない。

 新しい研究では、治療効果が得られない理由は、抗うつ剤の9割がうつ病の原因はセロトニンおよびノルアドレナリン(ノルエピネフリン)不足とい…

教会から呪いをかけられた、スペインの神秘的な魔女の村「トラスモス」

 スペイン、アラゴン州サラゴサのモンカヨ山麓にいだかれるように、その小さな村トラスモスはある。ここには、君主としての起源をもつ12世紀にさかのぼる長い歴史がある。

 アラゴン王ハイメ一世の治世には、華やかで波乱に満ちた歴史があり、隣のヴェルエラ修道院との内…

宇宙人と米軍が共同で人体実験をしていた地下7階建ての極秘地下施設「ダルシー」に関する3つの証言(アメリカ)

 アメリカには多くのUFO陰謀論者をざわつかせている場所がある。

 ニューメキシコ州のアーチュレッタ山の近くにあるダルシーという町には、地下7階建ての宇宙人による極秘の地下施設が存在するというのだ。ダルシーは、約3000人の小さな町で、アパッチ族の多くが暮らして…

悪霊が取り憑いて超常現象を引き起こす。呪いの車と噂される悪名高き10台の車両

 悪霊が取り憑くようなものと聞けば、人形や家などが思い浮かぶだろう。だが文明の利器である車や電車に取り憑くこともあるようだ。飛行機もしかりだ。

 不遇の事故を起こしたり、超常現象を起こすそれらの車両は「呪われた車」などと言われ、取り憑いた悪霊は搭乗者を殺…

コンピューターで設計するツール「CAD」ができる前、製図台で図面を描いていたエンジニアたち

 コンピュータを用いて設計するツールCADができてから、建築・土木・機械分野の設計は各段に効率が上がっていった。

 特に有名な、CADソフトウェアAutoCADは、1982年に登場し、今日にいたるまで汎用CADとして多く利用されている。

 だがその前の時代、エンジニアたちは…





まつ毛育毛剤通販