ニュース

世界最強の囲碁AIを開発したDeepMind、FPSで人間を超えた勝率をたたき出すAIを開発

投稿日:

世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発した。

ただ敵を倒すだけではなく、人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

今回、GoogleのDeepMindが開発した「FTW」は、1999年に発売された「Quake III Arena」をプレイ。「Quake III Arena」はマルチプレイヤー向けのFPSで、今でも大会が開かれるほど人気があるタイトルです。この「Quake III Arena」での対戦ルール「Capture the Frag(CTF)」という旗取りゲームを行い、人間と一緒にチームで遊べることを目指して学習を行ったとのこと。

CTFは2つのチームに分かれて対戦するゲームで、相手チームの陣地にある旗を奪って自陣に戻るとポイントが加算されるというもの。単純なルールに見えますが、相手チームに旗を取られた場合は旗を持っているプレイヤーを倒さなければならないなど、状況に応じて狙う相手や動きを変更しなくてはならず、CTFで要求される動きは複雑だと研究チームは評価しています。

戦いの舞台となるマップは同じものを使い続けるのではなく、マッチごとにマップを変更していたとのこと。これによって、FTWはマップのレイアウトを記憶するのではなく、汎用的な戦略を学習していかなければなりません。さらに、AIを人間と同じように成長させるため、従来のゲーム用AIのようにゲーム内でのパラメータを直接読み取ってプレイするのではなく、人間と同じように画面上のピクセルを認識させてエミュレートしたコントローラーで操作をさせています。

DeepMindの研究チームは、40人の人間プレイヤーと30のFTWのエージェントをランダムにマッチさせ、45万回以上CTFをプレイさせました。各エージェント間ではリカレント(回帰型)ニューラルネットワークが形成され、さらにゲームポイントから内発的動機付けを行うように学びます。これによってCTFを高いレベルでプレイするようになります。
続きはソース元で
http://gigazine.net/news/20180706-deepmind-capture-the-flag/



続きを読む

続きを読む

-ニュース

執筆者:


関連記事

スマホバッテリーに革命か。サムスンが5倍以上の充電速度を実現する「グラフェンボール」を開発

サムスンは、従来のリチウムイオン電池より充電容量は45%大きく充電速度は5倍以上速いバッテリー素材「グラフェンボール」を開発したと発表した。
このグラフェンボール素材を使ったバッテリーは約12分で完全充電が可能だ。従来のバッテリーは高速充電技術を使っても…

「自動車で生活する」ことを選ぶ若者がアメリカで急増

アメリカでは近年、自動車や狭小アパートに住むという人が若者を中心に増えているという。
アメリカでは、若い世代を中心に「家を所有しない」という価値観が広まっています。これは、「住宅を購入せずに賃貸住宅を選ぶ」というものだけでなく、「自動車で生活する」という…

あのセブンイレブン、跡形もなく無くなるwwwwwww (※画像あり)

1:名無しさん@涙目です。:2018/09/24(月) 20:57:36.83 ID:5KhHJs400.net BE:422186189-PLT(12015)

客にひわいな言動、オーナーの契約解約 セブンイレブン https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000097-asahi-soci 関連 コンビニ大手「ローソン」の闇…

【女子高生重体事故】85歳の老害が物損事故を繰り返しても車を運転し続けた理由が遂に判明

続きを読む

コインチェックさん返金やる気ゼロ…返金されると思ってる頭CC民をスルーして373億円をどこかへ不正送金

続きを読む





まつ毛育毛剤通販