知る

アフガニスタンの最後の仏教遺跡

投稿日:

0_e0

 戦争と過激な宗教思想によって国が分断されているアフガニスタンが、かつては平和な仏教徒の国だったとはにわかには信じがたい。

 アフガニスタンにおける仏教は、数千年もの長い歴史を持ち、大乗仏教の起源にまで遡ぼる。そしてイスラム教徒に征服された後も、仏教の信仰は100年ほど続いた。

 当時は、中央、南アジアじゅうから巡礼者たちがこの隔絶した山岳地域にやってきて、僧院や巨大な像を建て、砂岩に洞窟を掘って瞑想にふけったのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

コンビニ食材でかけ算グルメ。プッチンプリン+アイス+ローソンのナッツで作る激ウマカフェ風アイス【ネトメシ】

 最近コンビニでは小袋に入ったナッツ類のラインナップが充実している。ナッツには食物繊維、不飽和脂肪酸、ビタミンEがたっぷり含まれており、健康促進や美容の為に積極的に摂取する人も増えた。

 私は前世がリス?っていうくらいナッツ類が好きなので、出回っている小…

ストーンヘンジの建設者はピタゴラスが生まれる2000年前にピタゴラスの定理を用いていた

 古代ギリシアの数学者、サモスの賢人「ピタゴラス」の代名詞とでも呼べるものを一つ挙げるとしたら、それは直角三角形の3辺の長さを表す定理だろう。

 彼の名を冠す「ピタゴラスの定理」であるが、その定理自体は歴史を通じて世界各地で独自に登場している。

 その仲…

最も勢いのある精子を5分で捕えることができるデバイスが開発される。体外受精の成功率向上を期待(米研究)

 億単位の参加者が一斉にスタート。ライバルを蹴落とし、その中から、最もスピードが速く勢いのある精子のみが卵子と受精することができる。

 自然な状態で妊娠できない場合、今や体外受精という選択肢がある。世界では年間1万人以上の赤ちゃんが体外受精を通じて誕生し…

首刈り族。2500年前の南フランスで、斬首した敵の首を晒す風習。発掘された大量の頭蓋骨の破片から確認。

 フランス南部を流れるローヌ川近くにある集落ル・カイヤールの外壁の内側に2500年前のものと思われる頭蓋骨の破片が散乱していた。

 頭蓋骨の破片には微量の松ヤニと植物性油が付着していたことがわかった。

 これは、敵から斬り落とした首(頭部)を晒し首にする為に…

本物の毛皮の代替として誕生したフェイクファーは本当に地球にやさしいのか?

 動物の毛皮は防寒の為、古くから寒い地域の人々に使用されていた。だがそれがファッションとして流行すると、毛皮をとるだけの目的で多くの動物たちが劣悪な環境で飼育され、殺されていくことに対して反対運動が巻き起こった。

 以来、毛皮の是非にまつわる議論は長きに…





まつ毛育毛剤通販