知る

アフガニスタンの最後の仏教遺跡

投稿日:

0_e0

 戦争と過激な宗教思想によって国が分断されているアフガニスタンが、かつては平和な仏教徒の国だったとはにわかには信じがたい。

 アフガニスタンにおける仏教は、数千年もの長い歴史を持ち、大乗仏教の起源にまで遡ぼる。そしてイスラム教徒に征服された後も、仏教の信仰は100年ほど続いた。

 当時は、中央、南アジアじゅうから巡礼者たちがこの隔絶した山岳地域にやってきて、僧院や巨大な像を建て、砂岩に洞窟を掘って瞑想にふけったのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

もしかして同じような経験ある?海外ネットユーザーが体験したほんのり怖い予知夢・心霊現象に関する13の体験談

 お化けなんていなーい!脳がちょっと誤作動しただけさ。
 錯覚さっかくぅ~!

 と思ってはいるものの、首筋に悪寒を感じたり、誰もいないのに人の気配、うすぼんやりとした光が飛んだり跳ねたり、突然物がガタゴトと音をたてたりと、不可解な現象はいたるところに存在…

「人間さんお願い、うちの子を助けてください!」母猫の要請ではじまった子猫救出大作戦 (アメリカ)

 今年11月初旬のこと。駐車場を歩いていたリザさんは、後にレインと名付けられる一匹の猫と出会った。その猫は鳴きながらこちらへ駆け寄ってきたのだ。

 猫はリザさんに何かを訴えていた。それが何かは分からないまま、リザさんは猫に導かれ、建物の脇へと辿り着いた。

やつらじゃなかった…おとめ座の赤色矮星「ロス128」から発せられた謎の電波シグナルの正体が明らかに!?

 先週、プエルトリコ、アレシボ天文台の研究者は、5月12日におとめ座の赤色矮星ロス128から放たれる不思議な電波シグナルを検出したことを明かした。

 え?もしかして異星人とかが地球とコンタクトを図っている?と世界中から多大なる期待がよせられていたのだが、その正…

バルーンアートの集大成。身にまとい、異世界のクリーチャーに昇華される

 アメリカ・ニューヨークのブルックフィールドプレイスで行われていたイベント『アニマルソウル』に、異世界のクリーチャーが現れた。

 色とりどりの風船を大量に身にまとうと、小林幸子も裸足で逃げ出すレベルくらいにはいけるのかもしれないし、そうでもないのかもしれ…

スタッフは全員55歳以上。シニア世代のみを雇用するスターバックスが誕生(メキシコ)

 老後は働かずにのんびりと暮らすのが理想のライフスタイルかもしれないが、まだ働かねばならない理由のあるシニア世代も多いのが現実だ。

 また、年齢に関係なく働きたいという人だっているだろう。

 そういうシニア世代にとってはうれしいスターバックスが、メキシコ…





まつ毛育毛剤通販