知る

天才的なIQを悪事に利用した10人の殺人犯

投稿日:

0_e5

 ここで紹介する人物は天才的な頭脳に恵まれながらも、それを血も凍る犯罪のために使った殺人者たちだ。

 スタンフォード・ビネー法(スタンフォード改訂増補版ビネー‐シモン知能測定尺度)を用いた知能検査によれば、IQ130~144は天才であり、全体の2.3パーセントしかいないという。

 さらに1パーセント未満のIQ145~160ならば、スティーブン・ホーキングやアルベルト・アインシュタインにも匹敵する大天才だ。

 以下の殺人者はいずれも狡猾かつ人心操作が巧みで、犠牲者を心身ともにおとしいれた。結局は捕まってしまうのだが、その高い知能ゆえに暗い衝動が趣味になってしまったのだろうか? それとも自分が捕まるはずはないと驕った結果だったのだろうか?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

死亡されたとされているが、実際に遺体が確認されていない12のケース

 現代人は何もかもを知り尽くしたかのように錯覚している。記録もある。法医学的証拠もある。考古学によって過去に遡ることもできる。だが、答えることができない謎が残されているというのが真実なのだ。その謎の1つが、人々の死に関することだ。

 ここで紹介する人物た…

カナダ国内で最も詳細な記録が残っているUFO遭遇事件「ファルコン湖事件」の詳細

 50年経った現在でもカナダ国内のUFO関連事件として最も詳細な記録が残っているものがある。ファルコン湖事件と呼ばれるものだ。

 1967年5月、スタン・マイカラックは、カナダのマニトバ州ファルコン湖に行った父親、ステファン・マイカラックが何らかの事件に巻き込まれ…

ネス湖の怪獣「ネッシー」にロマンを求めて。科学者らがネス湖に存在するDNA調査を開始予定(ニュージーランド研究)

 イギリス、スコットランドのネス湖に存在するとされる伝説のUMA、ネッシー。古くから目撃例があり、1934年、外科医のロバート・ケネス・ウィルソンがネス湖で撮影に成功したというネッシーの写真は大々的に報じられ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。

 だ…

ひどい感染症で誰も触ろうとしなかった子猫。保護されて1年後、今ではこんな立派な猫に(アメリカ)

 猫のヴァレンティノは、ロサンゼルスに住むタニア・メンジバーさんのもとで幸せに暮らしている。保護施設から初めてタニアさんの家に行ったのが去年の3月のことだ。その5週間後には、ヴァレンティノは正式にタニアさんの猫となった。

 現在の自信に満ちた健康な姿しか知…

命を救ってくれただけじゃなく、一番の心配事まで取り除いてくれた。救急隊たちの愛に溢れた行動とは?(アメリカ)

 メリッサ・アン・ワークさんと夫のジーンさんはフロリダ半島の西側、パスコ郡で暮らしている。だが、ある日、ジーンさんが心臓発作を起こして倒れてしまった。

 救急要請に応えて駆けつけてきたのはパスコ郡の消防・救急隊である。病院へ緊急搬送されたジーンさんは一命…



まつ毛育毛剤通販