知る

「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言

投稿日:

sky-690293_640_e

 イランの市民防衛組織のゴラム・レザ・ジャラリ准将が記者会見を開いた。

 そこで「イスラエルはイランの雲を盗み、イラン領空内の雲に働きかけ雨が降らないようにしている」と発言した。

 雨が降らなければ土地は干上がってしまう。イスラエルは水不足による干ばつを狙っていると指摘したのだ。

 確かにイランとイスラエルは緊張関係にある。いろいろ言いたいことはあるだろう。だが「雲を盗んだ」まで行くと、想像を超えるレベルの緊張感だ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ゾウの気持ちに寄り添える。人間の言葉をゾウの鳴き声に変換してくれる翻訳サイトが登場

 ゾウは我々人間と同じように仲間と会話したり意思の疎通をはかっている。人間の耳には聞こえない低周波音を使って10km以上も離れた仲間と会話するのだ。ゾウは挨拶や自分の行動など、実に100種類以上の言葉を持っているという。

 新たに開設されたサイト 「ハロー・イ…

テキサスの海岸に打ち上げられたギザギザの牙を持つ謎生物。そのの正体は?(アメリカ)※閲覧注意

  先週、台風「ハーヴェイ」が通り過ぎたばかりのテキサス州ガルフコーストで鋭い牙を生やした謎のクリーチャーが発見された。

 その腐敗した死体を発見したのは、鳥保全NPOナショナル・オーデュボン・ソサエティのプリーティ・デサイさんだ。すぐさまツイッターで専門…

やっぱ月だろ。人類が火星よりも月に注目すべき5つの理由

pixabay
 火星への有人飛行、さらには火星の植民化。夢のようなヴィジョンが人類の目の前に掲げられた。

 だがそれは、まずテラフォーミングして、呼吸ができる大気や温暖な気温を維持できるようになるという前提に立っている。しかし、現在のテクノロジーでテラフォーミ…

ほんじゃオイラが店守ったるわ。傷だらけの野良猫を保護したところ店の用心棒となってくれた(アメリカ)

 アメリカ・デラウェア州に住むテレサさんは今から一年以上前、傷だらけの野良猫に出会った。近所で見かけるその猫は縄張り争いの果てボロボロになり、脚まで折れていた。

 これは放っておけないと、テレサさんは保護しようと試みた。だが野良生まれの野良育ち。警戒心の…

複数の言語を理解し話すことができる。子供を「マルチリンガル」に育てる方法

 親が子供をいろいろな国の言葉を話せるように育てたいと願う理由はさまざまだろう。キャリアのチャンスを広げるためかもしれない。認知や知性にいい影響があるからかもしれない。

 単純に親が、自分がそうなりたかったからと願っていた思いを子に託したいのかもしれない…





まつ毛育毛剤通販