知る

「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言

投稿日:

sky-690293_640_e

 イランの市民防衛組織のゴラム・レザ・ジャラリ准将が記者会見を開いた。

 そこで「イスラエルはイランの雲を盗み、イラン領空内の雲に働きかけ雨が降らないようにしている」と発言した。

 雨が降らなければ土地は干上がってしまう。イスラエルは水不足による干ばつを狙っていると指摘したのだ。

 確かにイランとイスラエルは緊張関係にある。いろいろ言いたいことはあるだろう。だが「雲を盗んだ」まで行くと、想像を超えるレベルの緊張感だ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

夜更けに目が覚めてしまい眠れない。そんな時に効果的なのがベッドを出て読書をすること

 夜中の3時にふと目が覚めて、それから眠れないといった経験はないだろうか? そうしたことでお困りなら、実は簡単な対策があるのでご紹介しよう。

 ラベンダーの香りを嗅いだり、羊を数えたりするのも悪くはないが、専門家によれば、一度ベッドから出て、読書をするとい…

悪魔か故人か、僧侶の霊か!?恐怖のポルターガイストに悩まされ続けている家族の日常風景(イギリス)

 ポルターガイストに悩まされている家族が自宅に監視カメラを設置したところ、ものすごい超常的な映像が撮れてしまったようだ。

 夫・ロバートさん(54歳)、妻・ポーリンさん(52歳)、息子・バリーさん(33歳)の3人は、イギリス・ケント州のグレーブセンドに10年前から住ん…

付箋にエドワード・ゴーリー風のシュールでかわいい世界を描いてみた。

 デンマークのイラストレーターのジョン・ケンモーテンセンさんのシリーズ作品『Sticky Monsters』(付箋モンスター)は、その名の通り、付箋紙(ポストイット)に小さな子供たちと不気味なモンスターをペンで描いたものだ。

 エドワード・ゴーリー作品を彷彿とさせるこ…

AIロボットに最後まで仕事を奪われないのは配管工と電気技師(アメリカ)

 今後数十年で、これまで人間が行っていた仕事は徐々にAIロボットによって取って代わられるようになるだろう。実際にイギリス国内だけでも1,500万人の仕事が失われてしまうと予想されている。

 しかしそのような中でも、配管工、電気技師、看護師はぎりぎりまで仕事を奪…

最も一般的な10の恐怖症とその心理学的原因

 恐怖症に関しては何度か取り上げているが、ただ怖いというだけではなく、特定の対象に遭遇すると、尋常ではない不安と恐怖にさいなまれ、吐き気やめまい、場合によってはパニック発作を起こすほどの症状が出るものだ。

 その恐怖対象は様々だが、自分でも、どうしてこん…





まつ毛育毛剤通販