中国

中国人「伊藤詩織が「危険と言われる国は実際そうでもないが…日本は実は一番危険!」と英語で外国向けの記者会見してる…」

投稿日:

伊藤詩織

twitternew_thumb
伊藤詩織「私60カ国以上行ったことがある、危険と言われる国は実際そうでもない、一番治安が良いと言われる日本国は実は一番危険です」と英語で外国向けの記者会見
中国人女性の反応「やっぱり日本社会は病気である」「あの国は観光はいいでですが、住むなら発狂しそう」「日本人女性は我慢しすぎ」 pic.twitter.com/YC4fQXMIK1
 
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

『現状だと日韓関係破綻は確実だ』と韓国が”文在寅の南京演説”に恐怖。外交準備チームの要請を無視

1:蚯蚓φ ★:2017/12/15(金) 23:22:45.97 ID:CAP_USER.net
http://img.seoul.co.kr/img/upload/2017/12/14/SSI_20171214165901_V.jpg 1937年12月13日は中日戦争戦線が上海から移動し、蒋介石率いる中華民国(国民党)の首都南京が日本軍に陥落した日だ。それから2カ月間、…

『東京喰種』は、中国政府とウイグル人の対立を暗示する反体制的作品?

<p> こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。</p>

<p> 先日、実写映画版『東京喰種トーキョーグール』を見てきました。この作品は中国でも人気がありますが、その理由は、残虐描写がふんだんにあるところです。中国のエンタテインメント業界は、エロや暴力、登場人物による反体制的な発言が禁止されるなど、規制が非常に厳しいのが特徴です。本作のアニメ版も2015年、『寄生獣』や『進撃の巨人』などとともに配信停止となりました。<br />
</p>

韓国代表の劇的勝利を『中国人がボロクソに貶しまくる』凄絶な展開に。ドイツが酷かっただけだ

1:ガラケー記者 ★:2018/06/28(木) 18:01:00.21 ID:CAP_USER
2018年6月28日、新浪体育の微博アカウントは、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ第3戦で、韓国がドイツに2-0で勝利したことを報じ、「東アジアの栄誉」と称賛した。 互いに決勝ト…

現代版シルクロード「一帯一路」に参加する中国人労働者の警備に軍隊1万5千人…パキスタンの配慮に「異常だ」の声も!

1: たんぽぽ ★
 《 パキスタン南部カラチで、中国企業関係者が何者かに殺害された事件が波紋を広げている。パキスタンには、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」参加に伴って中国人労働者の流入が続く一方で、“標的”となる事件が相次ぐためだ。 パキスタンは1…

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像1
麻酔をかけられた犬たち。この直後、違法な声帯除去手術が行われる

 ペットブームが到来して久しい中国では、約2,700万匹の犬が一般家庭で飼育されている。種々の関連ビジネスも成長する中、路上でペットの犬に声帯除去手術を施す業者が現れた。

「光華新聞」(9月18日付)によると、四川省成都市の路上で、ペットとして飼われている犬の声帯の除去手術を格安料金で行う業者がいるという。

 記者が現場を訪れると、愛犬の声帯除去を求める飼い主たちが長蛇の列を作っていた。この業者は、犬に麻酔薬を注射してから30秒後、意識のなくなった犬の上顎と下顎を縄で上下にこじ開け、長細い手術用はさみを口内に挿入。次の瞬間、慣れた手つきで犬の声帯をいとも簡単に除去してしまった。路上は犬の口からあふれ出る血で赤く染まり、その異常な状況を見た付近の住民が地元警察に通報する騒ぎとなった。

路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像2
縄で口を開かされた犬、まさに声帯の除去が行われている
路上で犬の声帯除去手術を行う闇業者が出現「縄で口をこじ開け、はさみでチョキン!」の画像3
現場には大量の出血が

 警察の取り調べによると、なんとこの業者、獣医師免許すら持っていない闇医者であることが判明。以前ペットショップを経営しており、こうした犬の声帯除去手術に知識があったため、今回の路上での手術を思いついたのだという。手術代は1匹当たり50~100元(約800~1600円)ということだが、飼い主は愛犬に、いったいなぜこんな残虐な手術を受けさせるのか?

 行列に並んでいた女性は、「犬を飼ったはいいけど、鳴き声がうるさくて、もう我慢できなかったの。そのうち近所から苦情とか言われるんじゃないかと思ってたわ。格安で声帯除去ができるんだったら、犬を捨てるより全然マシでしょ!」と言い放ったという。

 中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏も、こう話す。

「中国の都市部は、集合住宅の割合が、ほぼ100%。ペットにまつわる近隣トラブルも増えている。特に多いのが、鳴き声に対する苦情。正規の獣医に声帯除去をしてもらうと、数万円かかるので、格安な違法業者が跋扈しているんです」 

ペットブームの裏で、人間の都合で危険な闇手術を施され、声を奪われる犬たちが不憫でならない。
(文=青山大樹)





まつ毛育毛剤通販