中国

中国人「伊藤詩織が「危険と言われる国は実際そうでもないが…日本は実は一番危険!」と英語で外国向けの記者会見してる…」

投稿日:

伊藤詩織

twitternew_thumb
伊藤詩織「私60カ国以上行ったことがある、危険と言われる国は実際そうでもない、一番治安が良いと言われる日本国は実は一番危険です」と英語で外国向けの記者会見
中国人女性の反応「やっぱり日本社会は病気である」「あの国は観光はいいでですが、住むなら発狂しそう」「日本人女性は我慢しすぎ」 pic.twitter.com/YC4fQXMIK1
 
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

中国代表の暴行騒動で中韓が深刻な対立状態に陥っている 中国代表を応援するコメントが続出

1:動物園φ ★:2018/08/25(土) 10:58:52.91 ID:CAP_USER
MKスポーツ 2018-08-25 04:01 パレンバン・アジア大会の金メダリストで暴行容疑者に転落したシェン・ドウを中国が擁護しており、眉がしかめられる。被害者である韓国を侮辱することもはばからずにいる。 大韓…

韓国寄港予定の中国船が『一隻たりとも来航しない』異常事態が発生。予約をすべてキャンセルされた模様

1:ザ・ワールド ★:2018/03/08(木) 20:53:20.07 ID:CAP_USER
2018年3月7日、中国メディアの環球網によると、韓国・ファイナンシャルニュースは、韓国・済州では今年まだ中国発のクルーズ船が1隻も寄港しておらず、1〜3月に入港を予約していたクルーズ船84隻はすべてキャン…

中韓スワップ協定に『韓国崩壊の罠が仕掛けられている』と専門家が指摘。無意味な空手形で奈落の底に引き込む

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/25(月) 00:18:16.63 ID:CAP_USER.net
中国と韓国の通貨スワップの期限が、あと3週間ほどに迫ってきた。韓国国内の論調は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配置に対する中国の報復が止まないため「延長…

「巨大隕石飛来」の中国で、怪しいビジネスが流行! 一方、政府は“不吉な迷信”に戦々恐々!?

今回目撃された隕石(新京報)

 10月4日、中秋の名月を迎えたこの日の夜、中国雲南省の上空で、巨大な隕石の飛来が確認された。米航空宇宙局(NASA)によると、雲南省シャングリラ市中心部から北西40kmの地点に、隕石は落下したという。近年まれに見る今回の隕石の映像は、上空の月を撮影しようとしていた多くの人々に撮影され、その迫力ある映像はネットを介し中国全土に広まった。そんな隕石落下から数日、中国ではこの隕石にまつわる新手の詐欺ビジネスが横行しているようなのだ…

中国からの生産拠点移転が実行され始める末期的状態に突入 7月頃からの計画が始動し始めた

1:アルカリ性寝屋川市民 ★:2018/10/02(火) 20:12:56.39 ID:CAP_USER9
米国の中国製品に対する追加関税発動を受けて、メモリーチップから工作機械に至るアジアのメーカーが生産を中国から他国に移し始めている。 ■7月から計画 ロイター通信によると、韓国SKハイニッ…





まつ毛育毛剤通販