知る

血の呪い?人間の犯罪者の血液から採取した抗体をマウスに注入すると攻撃性が増すことが判明(スウェーデン研究)

投稿日:

mouse-1733265_640_e

 ひどく暴力的な人間がいる。その理由の1つが解明されたかもしれない。

 殺人犯、強姦魔、ギャングの血液から採取した抗体をマウスに注入したところ、彼らは狂暴になり、仲間にすぐに襲いかかるようになったそうだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

働きアリの約40%はまったく働いていないが、それにはこんな理由があった(米研究)

 働きアリはみんながすべからく働いているわけではない。実際には働かないでさぼっている「怠けアリ」が存在する。

 2015年、米アリゾナ大学の調査によって、アリの巣の働きアリのかなりの数が1日の大部分を何もせずサボって過ごしていることがすでに判明していた。

 …

H・R・ギーガーからインスパイアされたクリーチャー感漂うタトゥ

 フランスの港町、マルセイユに拠点を置くジェーンクワイア(Jeanchoir)は刺青師であり、タトゥースタジオであるSombre Tacheの創始者だ。

 彼はエイリアンのの造形デザインで知られているH・R・ギーガーからインスピレーションを得て、さらに独特のテイストを加えたク…

木は言葉を話し、私たちはそれを学習することができる(生物学者)

 木はおしゃべりだ。ひっそりと静かではあるが、音、匂い、信号、振動を使って会話を交わす。あらゆるものとつながるネットワークを形成する性質があり、その中には人間であるあなたも含まれているのだ。

 生物学、生態学、林業、博物学など、こうした分野に携わる専門家…

ロボットを恋愛対象と考えている人が急増。特に若い世代で増えている(国際調査)

 日本において、二次元との恋愛があたりまえになったりならなかったりしている時代、世界的に見ると、ロボットを恋愛対象として見ている人の数は増えているそうだ。

 近い将来人間は、AI(人工知能)を搭載されたロボットと恋に落ちることだろう。またその逆もあるのか…

訃報。ホーキング博士が死去。享年76歳

 2018年3月14日水曜日未明、スティーブン・ホーキング博士がケンブリッジの自宅で亡くなった。家族が発表したもので、海外メディア各誌が一斉に報じている。

 家族は声明の中で「今日、愛する父が亡くなり、深い悲しみに沈んでいます」と伝えている。



まつ毛育毛剤通販