宇宙

何光年も離れた遠い星系に人間を送りこむ場合、最低どれくらいの人員が必要となるのか?

投稿日:

1: しじみ ★
 《 地球から何光年も離れた遠い宇宙のかなたには、地球と同じように生命が存在するのに適した環境を持つ惑星が存在します。

 そういった惑星に向けて人間を送りこむ場合、人間の寿命が尽きる前に惑星に到達することは不可能であるため、多世代にわたった星間航行を行う必要性が出てきます。この多世代星間航行で何光年も離れた場所へ移動する場合、最低どれくらいの人員を宇宙船に乗せる必要があるのかを、Universe Todayが論じています。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Passenger16
https://gigazine.net/news/20180625-minimum-number-people-send-generational-ship/ 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1529988900/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

巨大な網、銛、誘導システムなどを使って宇宙ゴミを集める機体「Remove DEBRIS」を開発…5月から宇宙で実験を開始!

1: ニライカナイφ ★
 《 地球の周りを飛ぶ人工衛星の残骸の数は、未来の宇宙飛行を深刻に脅かすほどになっている。英国のエンジニアチームは、巨大な網と銛を使って宇宙ゴミを捕まえる100キロほどの機体を開発した。国際宇宙ステーション(ISS)に到着した「Remov…

日本が発見した月の巨大空洞を宇宙飛行士の居住空間として活用…NASA!

1: みつを ★
 《 NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本が先月発見した月の地下にある全長50キロにおよぶ巨大な空洞が宇宙飛行士の居住空間として活用できるとの見方を示し、今後、探査ロボットなどを送り込んで詳しく調べたいという考えを明らかにしました。   (略…

楕円銀河「ケンタウルスA」の観測データ、ダークマター宇宙論と矛盾、回転運動を説明できず!

1: 虫くん ★
 《 天文学者の国際研究チームは、地球から1300万光年先にある大質量の楕円銀河「ケンタウルスA」の観測データから、多数の矮小銀河がケンタウルスAのまわりに随伴し、狭い円盤状の領域内で回転運動していることがわかったと発表した。  この観測結果は、宇…

火星南極の第1号カラー写真を入手…ロシアと欧州探査機「TGO」!

1: しじみ ★
 《 欧州宇宙機関(ESA)とロシア・ロスコスモスによるエクソマーズ(ExoMars)計画の探査機「TGO」は2月末、火星周辺の軌道に乗り、火星表面と空気の研究に着手した。南極にある氷河を写したカラー写真第1号が入手できた。  この鮮やかではっきり…

探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星リュウグウの最新画像…赤道付近角張り、クレーターも!

1: 自治郎 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は19日、探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星リュウグウの最新画像を公開した。赤道付近が角張ってコマのように膨らんでおり、200メートルを超える大きなクレーター状のくぼみも確認されたという。   …





まつ毛育毛剤通販