宇宙

何光年も離れた遠い星系に人間を送りこむ場合、最低どれくらいの人員が必要となるのか?

投稿日:

1: しじみ ★
 《 地球から何光年も離れた遠い宇宙のかなたには、地球と同じように生命が存在するのに適した環境を持つ惑星が存在します。

 そういった惑星に向けて人間を送りこむ場合、人間の寿命が尽きる前に惑星に到達することは不可能であるため、多世代にわたった星間航行を行う必要性が出てきます。この多世代星間航行で何光年も離れた場所へ移動する場合、最低どれくらいの人員を宇宙船に乗せる必要があるのかを、Universe Todayが論じています。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Passenger16
https://gigazine.net/news/20180625-minimum-number-people-send-generational-ship/ 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1529988900/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

小型の星に、理論上存在しないはずの「怪物級」巨大惑星を発見…600光年先!

1: ばーど ★
 《 地球のはるか遠方にある小型の暗い恒星を公転している「怪物級」の巨大惑星を発見したとの研究結果が10月31日、発表された。理論上存在するはずのない惑星の発見は、天文学者らに大きな驚きを与えた。  見つかった惑星は、半径と質量が太陽の半分ほ…

地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」!

1: 自治郎 ★
 《 地球と月の間には約38万kmの距離があり、光の速さでも約1.3秒の時間がかかるほどですが、あまりに遠すぎるために人間にはその距離を実感できることはほとんどないはず。そんな距離をほぼ正確に感じさせてくれる写真を、地球から約500万km離れた宇宙を飛…

地球に迫りくる隕石を核ミサイルで破壊する…ロシアが大真面目に実験!

1: ニライカナイφ ★
 《 核ミサイルで地球を隕石から守ると。地球に迫りくる隕石を核ミサイルで破壊する…そんなストーリーは映画やマンガだけだと思っていませんか?  ところが、それを大真面目に実験している国があります。ロシアです。ロシアでは小型隕石を模し…

全長9.5メートルの世界最小級ロケット「SS-520」が来月3日に打ち上げ決定…昨年不具合で延期!

1: (?∀?(⊃*⊂) ★
 《 年末の打ち上げが不具合で延期された世界最小クラスのロケット「SS-520」が、来月3日に打ち上げられることが決まりました。  全長9・5メートルの世界最小クラスのロケット「SS-520」5号機は、先月28日に肝付町の内之浦宇宙…

「宇宙ごみ観測衛星」自身が行方不明に!エンジン制御に失敗し、大西洋に落下した可能性…露ソユーズロケットで打ち上げ!

1: プティフランスパン ★
 《 ロシアの宇宙機関ロスコスモスは28日、極東のボストーチヌイ宇宙基地からソユーズロケットを打ち上げたものの、気象衛星を計画の軌道に投入できず、最初の通信に失敗したと発表した。エンジンの制御に失敗し、大西洋に落下した可能性があ…



まつ毛育毛剤通販