宇宙

何光年も離れた遠い星系に人間を送りこむ場合、最低どれくらいの人員が必要となるのか?

投稿日:

1: しじみ ★
 《 地球から何光年も離れた遠い宇宙のかなたには、地球と同じように生命が存在するのに適した環境を持つ惑星が存在します。

 そういった惑星に向けて人間を送りこむ場合、人間の寿命が尽きる前に惑星に到達することは不可能であるため、多世代にわたった星間航行を行う必要性が出てきます。この多世代星間航行で何光年も離れた場所へ移動する場合、最低どれくらいの人員を宇宙船に乗せる必要があるのかを、Universe Todayが論じています。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Passenger16
https://gigazine.net/news/20180625-minimum-number-people-send-generational-ship/ 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1529988900/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

海から蒸発の水が24万キロ以上先まで宇宙に広がる…超小型探査機で撮影!

1: たんぽぽ ★
 《 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。  》 …

有人宇宙船「ドリーム・チェイサー」が自由飛行に成功…宇宙ステーションへの補給目指す!

1: きつねうどん ★
 《 シエラ・ネヴァダ社が開発をすすめる、翼を持ち滑空できる有人宇宙船「ドリーム・チェイサー」。こちらがカリフォルニアのモハベ砂漠にて2017年11月11日(現地時間)、自由飛行によるクリティカルテストに成功しました。    無人機としてヘリコ…

発射4秒後に爆発したホリエモンロケット、心臓部のエンジンに不具合…連続失敗で遠のく宇宙ビジネス!

1: みつを ★
 《 インターステラテクノロジズによる小型ロケットの打ち上げ失敗は民間企業によるロケット開発の難しさを改めて示した。  (略) 初号機は機体の強度不足が原因だったが、今回は心臓部のメーンエンジンで不具合が起きた。発射後1秒で圧力が低下し、い…

製造中の「H-IIBロケット7号機」のコア機体を公開、9月に補給機「こうのとり」7号機を載せ打ち上げ…三菱重工!

1: ニライカナイφ ★
 《 三菱重工業(MHI)は2018年7月23日、同社飛島工場(愛知県飛島村)において、製造中のH-IIBロケット7号機のコア機体を公開した。  機体はこのあと種子島宇宙センターへ送られ、組み立てや試験を実施。宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機を…

月の南極と北極に「氷」の存在をNASAの研究チームが発見…月探査時の水資源に活用期待!

1: 自治郎 ★
 月の南極と北極に氷の結晶が存在することを、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが発見した。インドの人工衛星や京都大学などによる月の隕石の研究で、氷が存在する可能性は指摘されていたが、決定的な証拠が見つかったのは今回が初めて。  今月20日に『…





まつ毛育毛剤通販