社会

海外「カッコ良すぎる!」 日本の消防士の規格外の能力に海外の消防士達も衝撃

投稿日:

日本では江戸時代初期に主に大都市で組織化された消防。
江戸時代の消防活動は、延焼を防ぐ破壊消火が主でしたが、
明治になってポンプが導入されるなど徐々に近代的な物へと姿を変え、
大正時代には自動車ポンプが輸入され、設備が充実していきます。

明治以後、消防は警察部門の一部だったのですが、
戦後になってGHQの方針により警察から独立し、
現代のような自治体消防制度になりました。
17年時点で全ての市とほぼ全ての町村に消防本部・署が設置されており、
常備化されていない町村は山間部を中心に約30ほどであるそうです。

さて、今回ご紹介する映像は先日NHK WORLDが投稿したもので、
消防救助技術千葉県大会の様子が紹介されています。
各地域の消防士さんたちの技術を目にすることが出来るのですが、
まるで早送りをしているかのようなスピードで各競技をこなしています。

海外の消防士たちの間でも多くシェアされているようなのですが、
同業者の目から見ても、尋常じゃない技術であるようでした。

海外「米中が日本を恐れるわけだ」 自衛隊員の能力が凄すぎると台湾で話題に

32195739157.png

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「やっぱり日本なのか…」 ユニセフ『日本は赤ちゃんにとって最も安全な国』

ユニセフは20日、世界各国の新生児死亡率を比較する報告書を発表しました。新生児の死亡率が最も低かったのは日本( 1111人に1人)で、ユニセフは「赤ちゃんが最も安全に生まれる国」と表現しています。高所得の国々における新生児の死亡率の平均は、出生1000人あたり3人とのことなので、日本は先進国の中でも格段に低いことが分かります。新生児の死亡する割合が最も低い国々1. 日本 : 1,111人に1人2. アイスランド : 1,000人に

海外「日本よ、すまんな」 日本の『ヌーハラ』問題の高まりに外国人から疑問の声

最近になって突如として生まれた「ヌードルハラスメント」という言葉。ラーメンなどの麺類を音を出して啜って食べる行為が、文化が違う人たちなどからするとハラスメントになる場合もある、ということで、メディアなども度々取り上げています。日清食品はそんな文化や価値観の違いによって生まれる軋轢を解消すべく、麺をすする音をカモフラージュする機能を持つフォーク、「音彦(おとひこ)」を開発しています。カモフラージュ音

海外「その発想はなかった!」 日本人が発明した革新的な点字に海外から絶賛の声

今回は、新しい点字「Braille Neue(ブレイルノイエ)」の話題から。「Braille Neue」は、デザイナーやプランナーとして活躍する、Kosuke Takahashiさんが生み出した新たな点字のフォントで、一言で説明すると、「目でも指でも読める点字」です。視覚障害者と晴眼者が、同じ場所で情報を共有することを目指したもので、文字の上に点字がデザインされていることから、点字のためのスペースを新たに設ける必要がありません(既存の点

海外「像が撤去されて良かった!」 慰安婦像の撤去にフィリピン人から歓迎の声が殺到

華人団体などにより昨年12月にフィリピンのマニラ湾沿いに設置されていた、日本占領下の慰安婦を象徴するという女性像が、27日の深夜にマニラ市などによって撤去されました。撤去に関して前日に現地の日本大使館にフィリピン政府から連絡がありましたが、場所を提供したマニラ市の説明は「排水工事の為の一時的な撤去」というもの。現在までのところフィリピン政府による正式な発表がないため、撤去の理由や、撤去が本当に一時的な

トランプ大統領「異常で並外れた脅威だ」北朝鮮制裁を一年延長

続きを読む





まつ毛育毛剤通販