科学

建設現で四足歩行ロボット「スポットミニ」を利用する実証実験…竹中とフジタが発表!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 竹中工務店と大和ハウス工業グループのフジタは25日、四足歩行ロボットをそれぞれの建設現場で利用する実証実験をしたと発表した。

 ロボットが自動で現場を巡回し、カメラを活用して工事の進捗状況を管理したり、安全点検したりした。このロボットは、ソフトバンク傘下の米ロボット開発会社、ボストン・ダイナミクスの「スポットミニ」。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1039516370340c868263578301f59e5f
https://www.sankei.com/economy/news/180625/ecn1806250023-n1.html
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1529933424/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

電力不要のベスト型パワードスーツ「EksoVest」を開発…事故を激減させ労働者の疲労を軽減!

1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 人間の動きをサポートする動力補助ツールを開発するアメリカのEkso Bionicsが、バックパックのように背負うタイプのベスト型パワードスーツ「EksoVest」を開発しました。フォード自動車の製造現場で長期間の実証試験が行われたEksoVestは…

【大論争】錯覚を起こす画像がまたもSNSで大論争に! 石が浮いて見えるvsヘコんで見える

1:風吹けば名無し:2018/02/18(日) 06:50:17.37 ID:R0i/iYxV0.net

海外のコミュニティやSNSで1枚の画像を巡って大論争となっている。 それは灰色の石のような物が不規則に並べられた画像で、この画像を見る人によっては灰色の箇所が浮いて見えたり、 またはヘコんで見…

次世代スーパーコンピューター「ポスト京」の試作機が公開へ…計算性能100倍目指す!

1: 孤高の旅人 ★
 《 文部科学省などが2021年の運用開始を目指す理化学研究所の次世代スーパーコンピューター(通称・ポスト京けい)の試作機が今月、公開される。  世界トップ級の計算速度を目指し、医療や防災などの研究開発での利用が期待されている。試作機…

常温→10万℃(この間75フェム秒)世界最速75フェムト秒で水を10万℃まで昇温、特異な相変化を観察!

1: しじみ ★
 《 ドイツ電子シンクロトロン(DESY)自由電子レーザー科学センター、スウェーデンのウプサラ大学などの研究チームは、X線レーザーを用いて75フェムト秒(1フェムト=10-15、すなわち10億分の1のさらに100万分の1)未満という極めて短い時間で水を常温から10万…

AIが敵を識別して攻撃する新型兵器「キラーロボット」…近づく「AI兵器」、実用化・規制巡り国際会議!

1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
  《    人工知能(AI)が敵を識別して攻撃する新型兵器「キラーロボット」が注目を集めている。      米国、ロシア、中国などが開発を加速する半面、倫理的問題や民間人が犠牲となるリスクを懸念する…





まつ毛育毛剤通販