科学

建設現で四足歩行ロボット「スポットミニ」を利用する実証実験…竹中とフジタが発表!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 竹中工務店と大和ハウス工業グループのフジタは25日、四足歩行ロボットをそれぞれの建設現場で利用する実証実験をしたと発表した。

 ロボットが自動で現場を巡回し、カメラを活用して工事の進捗状況を管理したり、安全点検したりした。このロボットは、ソフトバンク傘下の米ロボット開発会社、ボストン・ダイナミクスの「スポットミニ」。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1039516370340c868263578301f59e5f
https://www.sankei.com/economy/news/180625/ecn1806250023-n1.html
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1529933424/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

「火星の土」でミミズが繁殖、NASAの模擬土を使って実験!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 私たちの地球に生命が存在しているのは、様々な条件がそろっているからにほかならない。そのうちのひとつが土である。そこでは、豊富な養分や細菌、菌類が複雑に混じり合っており、植物の成長を助ける。対して、火星の土では生命が見つか…

米特殊作戦軍が敵陣に音声メッセージを送れる「しゃべる紙」を開発…グラフェンなどの新しい素材や技術!

1: しじみ ★
 《 米特殊作戦軍が民間人と敵軍人用に短い音声メッセージを送ることができる紙の試作品を開発した。  試作品は通常より4倍の厚さを持つ紙のような見た目で、マイクロ回路を搭載している。紙には応答機も搭載されると見られる。サイト「Defense One」が…

南極地下で観測されたニュートリノが39億光年先のブラックホールから飛来したものと判明!

1: しじみ ★
 《 ニュートリノとは、太陽などで起きる核融合反応や超新星爆発などから発生する素粒子です。そのニュートリノを観測するための観測所が南極のアムンゼン・スコット基地の地下には存在しているのですが、同観測所で2017年9月に観測されたニュートリノが、「…

三菱重工が世界最大の洋上風力発電機を実用化へ…出力1万キロワット超!

1: アーモンドクッキー ★
 《 三菱重工業や独シーメンスなどは世界最大となる出力1万キロワット超の洋上風力発電機を実用化する。  世界で洋上風力の電力買い取り価格がここ数年で3分の1に下落する中、超大型化で建設コストを引き下げる。  》 ここまで一部引用、…

犬型四脚ロボ「SpotMini」を2019年に発売、セキュリティ・パトロール(番犬)などの用途を提案!

1: アルカリ性寝屋川市民 ★
 《 元Googleの、現ソフトバンク傘下のBoston Dynamicsが、四脚ロボット「SpotMini」を2019年にも発売すると発表しました。SportMiniは現在のところプロトタイプが10体存在していますが、年内には100体の量産型SporMiniを製造するとしています…




まつ毛育毛剤通販